▼はじめにご挨拶

はじめまして。子どもたちを虐待の苦しみから救うことをテーマに活動しておりますAiと申します。

2017年から児童養護施設でパステル画教室を開催し、東京都内を中心に、延べ1000人以上の子どもたちにパステル画を伝えてきました。

虐待を受けて心に傷を抱えている子どもたちはたくさんいます。虐待を受けると、自信をなくしてしまったり、友だちとうまく関わることができなくなってしまったり、場合によっては学校にも行けなくなってしまいます。

こうした子どもたちが、少しでも自分らしくいられる場所をつくってあげたいという思いで、毎月様々な施設に訪問しています。

クリスマス時期は、街中がクリスマスモードになっていきますが、虐待を受けてきた子どもたちは家庭での楽しい思い出は少なかったりします。

子どもたちが直接的な望むクリスマスの思い出をつくってあげることは、わたしにはできませんが、その代わりといってはなんなのですが、ペーパーキャンバスで子どもたちが思うクリスマスを描き、楽しい時間を過ごしてもらいたいのです。

12月のパステル画教室は12月8日、14日、22日を予定しています。ご支援、ご協力、何卒お願い致します。

▼活動の経緯と詳細

虐待でつらい思いをしている子どもたちに、ちょっとでも楽しい時間を過ごしてほしいという思いで、2017年から関東圏にある複数の児童養護施設をまわって、パステル画を教えています。

いつもはポストカードに、思い思いのパステルを描いてもらっているのですが、先日、立体のペーパーキャンバスをみせたら、みんな興味を持ってくれて、「わたしもやりたい!」と言ってくれたのですが、子どもたち全員分のペーパーキャンバスを買ってあげられる資金が足りません。

でも、どうしても12月のクリスマスに、ペーパーキャンバスを持っていって、子どもたちを驚かせてあげたいのです。力を貸してもらえませんでしょうか。

※こちらがペーパーキャンバスで描いた作品です。

飾って絵になる水彩紙、平面の状態で描いた紙を組み立てるとキャンバスになります。

サイズはW180×H180×D35mm。軽量で画鋲で飾ることができるので、ペーパーキャンバスで描いた作品を施設の壁や子ども部屋に飾ることができます。

このペーパーキャンバスに子どもたちが思い思いのクリスマスを描きます。

サンタクロース?クリスマスツリー?トナカイ?クリスマスケーキ?プレゼント?家庭で食べるようなあたたかい家族の絵なんていうのを描く子どももでてくるのでしょうか。

今まではみたことのある平面の紙に描き続けてきた子ども達に、立体の世界に自分の想いをのせ、表現できるということも知ってほしいのです。そして、なによりクリスマス近いこの時期にペーパーキャンバスを持っていき、喜んでもらえたらな・・そう思っています。

▼今回開催するパステル画教室について

今回12月に行うパステル画教室は、東京都内の児童養護施設約60名の子ども達と描きます。

▼ご支援の使い道

ペーパーキャンバス購入費用88000円

キャンプファイヤー様手数料17000円

残りのご支援金をリターン製作費の一部としてあてさせていただきます。

▼リターンについて

3000円のリターン→心を込めて送るお礼のメール。

5000円のリターン→心を込めて描いたありがとうのポストカード。

10000円のリターン→子どもたちが描いたパステル画を展示する個展の招待券を提供。

30000円のリターン→①子どもたちが描いたパステル画を展示する個展の招待券を提供。

②子どもたちが描いたパステル画を展示する個展へ来場された方へお渡しする展示会カタログにお名前の掲載。お名前の掲載は任意です。掲載ご希望の方は備考欄よりご連絡ください。

50000円のリターン→①子どもたちが描いたパステル画を展示する個展の招待券を提供。

②子どもたちが描いたパステル画を展示する個展へ来場された方へお渡しする展示会カタログにお名前掲載。お名前の掲載は任意です。掲載ご希望の方は備考欄よりご連絡ください。

③心を込めて描いたありがとうのポストカードを5枚1セットでお送り致します。(ありがとうの想いを様々な5つの角度から表現し5枚のポストカードにしてお送り致します。)

※子どもたちが描いたパステル画を展示する個展について
この世界から虐待をなくしたいという思いから、虐待関連の展示会を開催しております。
2018年は2月と9月に開催してきました。展示作品の主たるものは、児童養護施設で生活している子どもたちが描いてくれたパステル画です。

虐待を受けた子どもたち、虐待を受けて大人になった人と知らず知らずにうちに関わることはあると思います。

そういう子ども達がいると知ると、「かわいそう」と思うかもしれません。辛い思いをしたんだろうなと思いを巡らせることもあると思います。

何かしてあげたい。そう思っても、現実としては虐待は家庭のなかで起こっています。

他人がどうこうすること、防ぐことは難しいかもしれません。

ですが、わたしは、虐待をこの世界からなくしたい。

そう思っています。

なぜならわたし自身が虐待を受けてきたからです。

同じような思いを抱えたまま大人になっていく子どもたちをただみていることはわたしにはできません。

何も力はないけれど、虐待を世界からなくしていくためにひとつとしてできること、それが児童養護施設で暮らしてる子どもたちが描いたパステル画を展示する展示会を開催しつづけていくことだと思っています。

次回は2019年2月9日から11日の3日間原宿で開催致します。

リターンにある子どもたちが描いたパステル画を展示する個展の招待券のプレゼントは2月の展示会となります。

▼最後に

虐待を受けた子どもたちは、つらい境遇で育ってきたからこそ、自分らしく楽しく過ごせる時間や場所が必要です。悲しいこと、辛いことをふと思い出すことがあっても、心から楽しめる時間があれば、きっと幸せを感じることができると思います。

このプロジェクトは、目標金額に達成しなくても必ず実現します。

皆様の温かいご支援、よろしくお願い致します。

  • 2019/01/11 15:10

    こんにちわ。AiAiAiAiAiです。本日より順次リターンを発送させていただきます。発送いたしましたら、メッセージをお送り致しますのでご確認いただければと思います。よろしくお願い致します。

  • 2019/01/06 01:34

    こんばんわ。11月に児童養護施設の子ども達へペーパーキャンバスを届けたく、プロジェクトを立ち上げましたAiです。ご支援、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。本日は、ペーパーキャンバスに描いた子ども達の作品の一部や様子をご報告いたします。今回のペーパーキャンバスは、来年のクリス...

  • 2018/12/27 12:28

    こんにちわ。Aiです。こちらへのご報告、御礼が遅くなってしまい申し訳ありません。先月、CAMPFIRE (キャンプファイヤー)さんで児童養護施設の子どもたちにペーパーキャンバスを送るためのプロジェクトをたちあげました。プロジェクト終了まで1ヶ月も満たない短い期間たくさんの方々のあたたかいご支援...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください