『ふるさとdeやきもの教室』in 気仙沼

集まった支援総額
¥285,000
パトロン数
44人
募集終了まで残り
終了

現在113%/ 目標金額250,000円

このプロジェクトは、2012/03/06に募集を開始し、44人の支援により285,000円の資金を集め、2012/04/04 23:59に募集を終了しました

今回の震災で被災された地域(気仙沼など)で出張のやきもの教室を開きます。
仮設住宅の方々から学校の子供達、多くの人達に少しでも何かの力になればと思います。
わたしはやきものを用いた表現で作家活動をしています。同時にお年寄りの方、障害をもっている方のやきもの教室をしています。
用途がどうこうではなくとても精神的な要素が強いものだと教えられてきました。そんな経験が生かすことが出来ればと思っています。

ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_2 ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_1

(2010ちちホヤジよりホヤ鉱夫)  

昨年2010に父をテーマの展示をしました。必然的に三陸のふるさとがモチーフとなっていきました。そんな三陸うみの幸の作品を届けさせて頂きたいと思います。

ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_3 ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_4

(気仙沼市本吉町、母校津谷小避難所にて)

■このプロジェクトで実現したい事について

『作り出すということは、力が湧く。』
産みの苦しみもあるけれど、だからこそ人と一緒に笑ったり喜ぶことができる。完成した作品は大きいものではないかもしれない、生活の用途になるものではないかもしれない。でもこの時につくった 作品は何年も何年も『その時の想い』と一緒に残すことができる。
土という素材は多くの人が感情を移すのに適している素材の一つだと思います。そのまま形に現れるわけではないかもしれませんが、今までやってきて制作中、皆さんよく笑う。与えられるものではない、自分自身で生み出す笑い、歓びだからなのではないでしょうか。
それを見てニヤニヤすることで私が救われる…..そんな気がするプロジェクト。

ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_5 ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_6

(左:作品届けて)(右:焼き上がった作品)

「第一回:津谷小学校仮設住宅(宮城県本吉町、現気仙沼市)」

わたしは被災した三陸沿岸で育ちました。
当たり前に海や山があってそこで遊び、恩恵を受けながら生かしてもらってきました。
高校を卒業して上京して離れてみて初めて、あれは当たり前ではなかったのだと実感致しました。
また父や母、ふるさとの人達に育ててもらったのだと改めて感じることも出来ました。
2011.9.10に震災後はじめて仮設住宅で教室を開きました。わたしが小さい時に育ててくれた地区の人達ばかりです。
『あぁ..自分のためにこういうことをしているのかなぁ』無力で責めていた自分が少しだけ救われた気がしました。
今回、100人と、このプロジェクトを設定させて頂きましたが可能なかぎり続けていこうと思っています。
運搬費・人件費等は含まれておりません。材料費としての設定としております。関心を持って頂く橋渡しになれたら幸いです。
みなさまのご支援どうか宜しくお願いいたします。
(及川みのる)

――― 目標支援金額 内訳 ―――

1)材料費用「焼成代、土代、釉薬代込み」
2,500円(1名)×100名=250,000円

目標支援金額:250,000円

ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_7

(2010『ちちホヤジ』展、気仙沼市キャラクターホヤぼーや参照)

及川みのる:(ホヤむすこ)
1972年宮城県出身。障害を持った方、お年寄りの施設で『土あそび』として表現活動の手助けをしながら制作に生かしている。
正式名称:気仙沼市観光キャラクター「海の子 ホヤぼーや」

特徴:気仙沼の代表的水産物である「サンマ」の剣を持ち、「ホタテ」のベルトを身につけている。
また、頭にある突起物はホヤを忠実に再現しており、入水孔と出水孔の部分が電池のように「+」と「-」の模様となっている。

ふるさとdeやきもの教室 in気仙沼_8
(2011『海とワカメと魚とヒトと』より)
*額装は写真と異なる場合があります。

________________
minoru oikawa http://www.minoru-oikawa.com