鎖国状態の学校教育にオンラインセミナーを@No name school【第8弾】

 本プロジェクトオーナー、教育プラットフォーム「 」 No name school代表、神前洋紀(かみまえひろき)と申します。
 教育プラットフォーム「 」 No name schoolは、生涯続く教育を場所や世代を越えてつなぎ、様々な教育問題の解決をサポートしております。(概要は動画をご覧ください↓)


<オンラインセミナーの紹介> 
 当日参加していただける方は、少人数でじっくり語り合いましょう。
 録画で後日視聴できる限定アーカイブも用意しております。
 詳細は以下をご覧ください。

 7日

 オンラインコミュニティって何してるの?
 なんとなく不安で、1歩を踏み出せないそこのあなた!
 あなたにぴったりのオンラインコミュニティを見つけませんか?
 教員2年目が考える学びの在り方をお話しします。

 うみ:長崎県小学校教諭2年目。「社会につながる人材育成」をテーマに、学級経営を行なっています。

 8日

 【「自分」を見つけたいあなたへ】
 あなたは、自分のことをちゃんと知っていますか?
 自分を知るためのワークを体験し、自分や人生と正しく向き合うことで、あなたの悩みを根本から解決しましょう。2021年から、新しい自分のスタートを切りませんか?
 神前洋紀:「」No name school代表。メンタルトレーナーとして活動中。 また、オンラインサロンにて、教育関係者の学び場を構築。高校生から大人までのキャリアマネジメントも行なっている。

 14日

 なぜ、ストレスを感じなくなったのかを皆さんにお話します。
 人間関係で疲れている人、これからの人間関係が不安だと思っている人、
 積極的に人と接したくなること間違いなし!

 ほーむら:公立小学校教諭新採用2年目。教育に興味がある大学生と先生が一緒に学び合えるオンラインコミュニティ運営。スポーツ少年団の監督もしている。

 21日

 どんな人がいるの?本当に学べるの?オフラインとの違いは?などの不安を抱えている
 あなたと学びたい。
 「わたしも参加してみようかな?」を生み出す90分間!
 オンラインが広まってきた今だからこそ出来た、オンラインセミナーの魅力を語ります!

 ふらっとほわいと:小学校教諭担任。5ヶ月で80回以上のオンラインセミナーを受講。

 オンラインセミナーの紹介は以上です。
 少しでも、オンラインセミナーに興味を持たれた方は、プロジェクトを支援する(リターン)へどうぞ!より詳しい情報が得られます。

 No name schoolでは、半年で約600人の方々が、オンラインセミナーにかかわってくださいました。その中で、先生方と教育にかかわる方がつながり、前に進んでいる現状を目の当たりにしています。
 オンラインセミナーに参加することにより、人とのつながりができたり、不安や迷いが解消されたりします。次の一歩を踏み出すことにつながるのです。
 また、LINEやSlackグループでも、情報共有しているため、困った時にはいつでも相談することができます。「わたしは1人じゃない」と、自分の居場所を見つけることができるかもしれません。 現在40名ほどのメンバーでオンラインコミュニティ(No name schoolオンラインサロン)として活動しています。

実施スケジュール
 20年11月上旬 オンラインイベント開始
 20年11月上旬~ その他リターン開始
 20年11月中旬 リターン終了
 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。

資金の使い道
 本プロジェクトオーナーが運営する「」No name schoolは、不登校支援無料で行うフリースクールでもあります。
 みなさまからいただいたご支援は、「」No name schoolに通う生徒の授業料及び活動維持費(家賃等)に充てます。
 加えて、運営に関わる費用(ネット環境設備、広報等)に使わせていただきます。
 また、本プロジェクトを「ソーシャルグッドカテゴリ」で掲載するにあたり、総支援額から手数料として14%(掲載手数料9%、決済手数料5%)を支払います。(※セミナー講師の先生方には、無償でご協力いただいております。 )  

フリースクール活動の様子最後に
 鎖国状態の学校教育の扉を開くのは、誰でしょうか?
 そう、今これを読んでいるあなた!
 あなたの行動が、学校教育を変えるキッカケになります。
 正直、私一人では、限界があります。
 なので、まずは、情報のシェアや拡散に協力していただけませんか?
 1人1人の小さな行動の積み重ねが、大きな応援につながります。
 あなたを待っている仲間も、いっぱいいます。
 「」No name schoolオンラインセミナーへのご参加、お待ちしております。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください