はじめまして。あしなが学生募金事務局 新潟ブロックの原田龍治です。

数ある記事の中から僕の記事を見つけて頂きありがとうございます。

つたない文章ですが、最後までお読みいただけると幸いです。

僕は大学で自転車競技部に所属し日々練習や大会に励んでいます。

県トラックのチームスプリントの1走を走る僕(新潟県)

僕は色々な縁に恵まれ大好きな競技を続けれていますが、僕たち遺児学生のなかには、コロナウイルスの影響で収入が減り、生活が困窮し日々生きるのが精一杯で好きなことを続ける事が出来ない学生が大勢います。

僕はそんな状況を打破しみんなが好きなことを続ける事ができるようにと願い、クラウドファンディングを立ち上げさせていただきました。

「好きなことは続けよう」「好きなことを続けるのは難しい、でも続けてほしい」

この言葉は、僕が一番尊敬している父が生前に日頃からよく僕に言っていた大事な言葉です。

僕の父は長年、日本最高峰のオートバイレースで活動していたアスリートでした。

幼いころから父のレース活動について回っていた僕は、ストイックで色んな人に愛され支えられる父の姿をみて「将来は、父と一緒のチームでレースがしたい」という夢を持ちました。その後小学生の頃にテレビでたまたま見た競輪に憧れ、高校入学と共に自転車競技をはじめました。

自転車という「好きなこと」にのめり込んだ僕は、だんだんと「父のようなアスリートになることから「父のアスリート像を超越したもっとすごいアスリートになる」ことへ目標が変わっていきました。

 鈴鹿8耐にてチームスタッフと喜びを分かち合う父

高校でプロになる段階まで進めなかった僕は、「夢」を諦めきれず自転車の強化指定がある大学へ進学しました。

ですが、大学入学直後に父をサーキットでの事故で亡くし、大きな目標を失い大好な自転車も諦めざるおえない状況に直面しました。

一時は大学を中退し競技人生も諦めるという選択をしましたが、父の「好きなことを続けるのは難しい、でも続けてほしい」という言葉を思い出し、必死になって見つけたチャンスがあしなが育英会の奨学金でした。

あしなが奨学生となり、「夢」を追い続けることができた僕は、同じような境遇の人にも希望をもってもらいたいと思い、人生で初めての募金活動に不安を持ちながらも「働かざる者食うべからず」の精神で事前の会議にも参加しました。

会議では有志で集まった様々な境遇や想いをもった学生がいて、色々な話をして共感し、刺激を受け、僕は改めて「好きなことを続けたいけど諦めかけている人たちに希望を与えたい」と強く思いました。

初めて参加した街頭募金では朝から晩まで様々な方々のご支援をいただき、「がんばってね」「応援してるよ」などの声援も頂き、人の温かさやご寄付の重さを感じこれからも感謝を伝え続けていきたいと思いました。

僕は、あしなが学生募金事務局の局員として、ご支援を頂いている方々への感謝を胸に、少しでもこれからの後輩の希望になると信じて、大好きな自転車競技とあしなが学生募金での活動に励みたいと思います。

ここまで御覧いただきありがとうございます。

もし僕の想いに共感いただけましたら、応援していただけると幸いです。

一人でも多くの「好きなことを続けたいけど諦めかけている遺児」が夢を叶ることができますよう、みなさまの温かいご協力をよろしくお願いいたします。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります

<All-in方式で実施します。>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

本プロジェクトでいただきましたご支援は、病気や災害・自死で親を亡くしたり親に障がいがある家庭の学生たちの奨学金として、全額を一般財団法人あしなが育英会に寄付し、大切に使用させていただきます。

ご支援者情報を一般財団法人あしなが育英会に提供のうえ、あしなが育英会より「年間活動報告書」と「寄付金受領証明書」を発送いたします。

※GoodMorningからの支援金の入金が2021年2月頃となりますため、リターンの発送は2022年2~3月頃となります。

※①2020年中にご支援いただいた方で2020年1~12月分の活動報告書の受け取りをご希望される方、または②本プロジェクトへの寄付金の「領収書」を2021年3月以降早期に受け取りたい方がいらっしゃいましたら、備考欄にその旨をご記入ください。

※本クラウドファンディングへのご支援は税制上の優遇措置の対象とはなりません。あらかじめご注意ください。

50年の歴史を持つ、遺児支援のための募金活動に取り組む学生団体です。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金は、毎回のべ1万人のボランティアスタッフが参加する国内最大規模の募金活動で年間約2億5千万円のご寄付が寄せられます。
いただいた募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・アフリカ遺児支援事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちら

◆あしなが学生募金公式サイトよりご寄付いただいた方には、あしなが学生募金事務局より領収証とお礼状をお送りいたします。

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀におよぶあしなが運動によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら

キャンペーン特設サイトはこちら

  • 2021/02/11 16:41

    この度は僕が立ち上げたクラウドファンディングへご協力いただきましてありがとうございました!!目標額には届かなかったものの、多大なご寄付を頂き、SNSの投稿へのいいねやリツイート・シェアなど本当にありがとうございました!!僕はご寄付を頂戴することもそうなのですが、一番大切なことは多くの人に遺児の...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください