スラムの不衛生な環境を変えるきっかけを作りたい。国際協力を学ぶ大学生3人でアートを通じたゴミ問題へのアプローチを行います。

Image from Gyazo


未来を描くアートブック とは、スラムの実際の写真と、ゴミがない未来を描いた絵を一冊にまとめたものです。

素敵なイラストレーターの方々に、それぞれの「理想の未来」を描いていただきました。



「子ども達は、ポイ捨てすることが当たり前 」


「子ども達は、ポイ捨てすることが当たり前になってる。親が教育を受けておらず、そのことを叱らない。」 

この言葉を現地NGOで働く方から伺った時、「それは、仕方がないよな」と納得したと同時に、知る機会がないことで不衛生な環境を悪化させてしまうことを、とても残念に思ったのです。

そこで、子ども達がもっとゴミについて知る機会を通して、不衛生な環境を変えるきっかけを作りたいと思いました。


アートブックの2つの目的

① 子ども達がキレイな街を想像すること

スラムにはゴミがいたるところにあり、子ども達にとってはそれが日常です。キレイな街を想像することは、ゴミ問題に焦点を当てるきっかけとなります。

② ゴミのもたらす悪影響を知ること

ゴミは、スラムの子ども達に、実質的な悪影響を及ぼす可能性があります。
このアートブックでは衛生面・環境問題・災害の3つの観点から、ゴミの悪影響をイラストを交えて伝えています。


これらを通して、子ども達がゴミ問題を意識し、さらには行動を変えるきっかけになることを目指しています。


ポイ捨てはどのくらい深刻なのでしょうか。

フィリピン都市部の固形廃棄物の回収率は40%以下!
自治体がゴミ回収を行っているも、家庭ゴミ全体の半分以上が日常的に川や海へ捨てられています。家庭での野焼きも多く、CO2や有害物質の排出が懸念されます。

一方で、回収された約40%のゴミは、一般ごみの焼却を認めない法律により、 ゴミ山にそのまま蓄積されていました。現在では、 そういったオープンダンプ式と呼ばれる処理場は封鎖が進んでおり、有害物質を出さない焼却炉の建設が急がれています。

ゴミが引き起こす問題

・悪臭
・不衛生な環境による皮膚病、呼吸器系の疾患
・ゴミの腐敗と直射日光による自然発火(→低温燃焼により、有毒ガスが発生)
・排水を妨げるため、浸水被害の悪化
・大雨や台風等、災害時の川の氾濫を助長    etc....



はじめまして。中前ちさきと申します。

現在、関西学院大学 総合政策学部で学んでいます。一年前、はじめてセブ島のスラムを訪れました。子ども達の可愛い笑顔と同時に、彼らの住む環境を目の当たりにして、何か力になりたいと駆り立てられたのを覚えています。

本プロジェクトは、同じ学部で学ぶ友人2人と一緒に企画しています。これまで、私たちはそれぞれがスラムでのボランティアや、元スカベンジャー(ゴミ拾いで生計を立てる貧困層)が作る刺繡商品の販売を通じた自立支援活動に参加してきました。今回、フィリピンの貧困層と切り離すことのできないゴミ問題をテーマに、私たちにできることを模索しました。

フィリピンを訪れたことがある方もない方も、日本人がスラムの貧困に目を向ける機会は少ないと思います。今回、素敵なアート作品を通じて、現状を知るきっかけにしていただけると嬉しいです。ぜひ手に取って、フィリピンの現在と未来を、一緒に想像してください!


イラストレーターの皆様をご紹介します!

@illustration_teruya_        @horiaki2             @_qnlante

@rikakuboaki                                       @runa.nakamura


是非、インスタを覗いてみてくださいね!多くの方の「理想の未来」を詰め込むことができ、嬉しく思っています。
写真やイラストをご提供くださった皆様、ありがとうございました!


作成したアートブックは、企画メンバーが訪問経験のあるNGOや図書館を通じて子ども達に届けます。

・フィリピン現地NGO SLPC 様 
 https://www.go-cebu.com/organization.html

・認定NPO法人 ソルト・パヤタス 様
 http://www.saltpayatas.com/

・NGO go share 様
 https://goshare-island.com/ 


アートブック製作費
フィリピンへのアートブック郵送費
スラムの子ども達の支援 (約20%)
リターンの発注と送料
手数料

アートブックの写真は、SLPC様が支援するスラムで撮影されたものです。ご支援の一部を、SLPC様を通じて、そのスラムの子ども達の支援に使わせていただきます。


2月中旬 アートブックの完成
3月下旬 フィリピンへの郵送
4月    リターンの発送

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


・ アートブック(24ページ・ハードカバー)10,000円
  ポストカード2枚

・アートブック(24ページ・ ソフトカバー) 5,000円
 ポストカード2枚

・アートブック(24ページ・ ソフトカバー) 3,000円 

・アートブック(12ページ・ソフトカバー ) 2,500円

・ポストカードセット 1,000円
 スラムの写真と「理想の未来」のイラストをお届けします。

※アートブックは自費出版となります。




アートブックが、フィリピンの現在と未来
そして、私たちとスラムをつなぐ架け橋となれますように!

ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!


関西学院大学 総合政策学部 国際政策学科
中前ちさき 西口美沙紀 賀川明香里

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください