はじめに・ご挨拶

はじめまして!新庄教室の学生代表有我朋恵です。

私たちは、山形県新庄市における美術教育の普及を目的に、アートの楽しさを伝える授業の開催を企画しています。メンバーは、東北芸術工科大学(芸工大)の3年生で構成されています。コミュニティデザイン学科と、美術科総合美術コースの学生有志8名です。


私たちが学んでいること

(上記の写真:東北芸術工科大学本館  Photo by Ariga )

東北芸術工科大学は、山形県山形市にある芸術大学です。大自然の中で地域と関わりながら芸術を学んでいます。

■コミュニティデザイン学科

地域のなかに入り、そこに暮らす人自身が課題を解決し、持続可能な地域づくりをサポートするためのスキルを学びます。1年半の地域活動や、ワークショップ企画の授業など実践的な授業を行なっています。


■美術科総合美術コース

アートの楽しさや学びを、ワークショップやアートプロジェクトとして社会と共有するアートな場づくりを実践しています。この場づくりの力は、学校や美術館などの教育施設、人と関わる場面、地域活性や企業でも注目されています。


プロジェクトをやろうと思った理由

私たちがなぜ新庄でアートの教室にチャレンジしてみたいのか。

それは、新庄でM-FluffyEnglishという英語スタジオをしている山科未央さんとの出会いによって始まっています。山科さんは、こどもたちの”好き”という好奇心の種を育てたい!学びを楽しみながら英語を身につけていける、そしてのびのび好きなことができる、そんな思いから生まれた英語スタジオを運営しています。そんな”ちょっと変わった英語スタジオ”を運営している山科さんから、「美術の技術を学ばないアート教室」を作ってくれないかという相談を受けました。

(上記の写真:M-FluffyEnglishのロゴ(左)山科さんをイメージしたキャラクター(右))

また、新庄市には市が行っている芸術教室や地域の方が主催するアートフェスなどあり、造形やアートといった分野には需要があると考えます。

しかし新庄市には、4つの小学校・3つの中学校・2つの義務教育学校(中高一貫校)がありますが、中学校には美術部がありません。また学校の授業だけだと個人の創造性・表現を認めるという環境は作りにくい面もあると考えます。

そのことから興味があっても色々なアートに触れるという機会が少なくなっていることがわかります。 


このプロジェクトで実現したいこと

普段、地域や芸術と触れている芸工大生が間に入り、アートに触れるきっかけづくりをしようと、新庄教室を立ち上げました。

アートと一言に言っても、高い技術を目指したり職人チックな性質を第一とはしません。それだけがアートではないと感じられるような、気軽に誰でも楽しめることを大切にします。楽しく充実した場を作るために、アートを活かします。


これをきっかけに、新庄に興味を持ち、新庄で何かしようという人が増え、賑わっていくと嬉しいです。そして新庄教室に参加した子どもたちが、アートの楽しさを社会に伝えられる力を身につけ、いずれ私たちのように、次の世代へと楽しいアート体験を発信していく好循環が生まれます。結果的に、新庄市全体の発展にも繋がっていくのです。


このプロジェクトの魅力

ワークショップとしてアートをする体験を通して、私たち芸工大生が子どもたちのアートに対する興味や関心を引き出します。

そっくりに描く、つくるだけがアートの全てではありません。

新庄教室では、子どもがアートを楽しむという視点から、各チームが異なる技法を用いた授業を開講します。


■実施する授業の紹介

当日は4つの授業を開講します。授業は学生8名が2人1組になり内容を考えました。参加者の方には、事前に参加したい授業を1つ選んでいただく形になります。


Aチーム:「キラぽよアクアリウム」(樋渡響輝、山室茉由)

フリーザーバッグの中の水の感触、装飾による光の反射を楽しみます。身近なものから、楽しい気づきが生まれます。


Bチーム:「モノクロ、カラフル」(名村春音・瀬戸あかね)

モノクロ写真にプラ板を重ね、その上から色を塗ることで、モノクロ写真をカラー写真に変身させます。着せ替えおもちゃのように、様々なバリエーションを楽しむことができます。


Cチーム:「ポタポタあじさい」(増木英莉、皆川萌依)

“にじみたらし込み”という技法を使い、新庄市の花であるあじさいをモチーフにした、M-Fluffy Englishの看板を作ります。この授業では、技法そのものを楽しむことや、新庄市のことをより好きになってもらうことを目的としています。


Dチーム:「時をかける魔導書を錬成しよう!」(有我朋恵、永沢ほのか)

「へんてこ生物をつくろう」や「もしも魔法が使えたら・・」そんなワクワクするようなテーマでアイデア発想をしてもらいます。絵が上手い下手は関係なく自分だけのアイデアを楽しむことを目的としています。

当日の感染対策について

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関わり、入場していただく際に検温、消毒へのご協力をお願いいたします。イベント最中にも、道具類のこまめな消毒、換気を行います。当日いらっしゃる方は、ご協力お願いいたします。


イベント会場住所

新庄市エコロジーガーデン 「原蚕の社」〒996-0091 山形県新庄市十日町6000-1

(イベント会場マップ)

(新庄市HP / 「 新庄市エコロジーガーデン第4期利用計画パブリックコメント結果 」利用計画より画像)


資金の使い道

交通費:¥16,380(JR奥羽本線:山形駅〜新庄駅間の=各¥2,340×7名)

人件費:¥8,000

教材費:¥16,000

会場費:¥2,820

授業サンプル製作費:¥5,000

リターン郵送費:¥5,000

プロジェクトページ記載 手数料 9% ¥5,400


リターンについて

・お礼メール+活動報告(500円)

・当日、参加者にジュースを振舞える券 (1,000円)

・あじさい切り絵ポストカード1枚(1,000円)

・コラージュポストカード(1,000円)

・バースデーフラワーカード1枚(1,000円)

・へんてこキャラクターポストカード1枚(1,000円)

・ポストカード4種の中から2枚(2,000円)

・授業のサンプルセット 説明書、材料込み(2,000円)

・虹栞5枚(2,000円)

・フォトフレームセット(3,000円)

・ありのままの詩(3,000円)

・でこぼこブローチ(5,000円)

・ Fentom Sticker(5,000円)

・おいしいクレヨン画(8,000円)

・おにぎりランプシェード*塩おにぎり(8,000円)

・ひびき君の風景画(20,000円)

*著作物の権利について

ポストカード・・支援者

授業サンプルセット・・起案者

個人リターン・・起案者

支援者さまがリターンを購入された際、リターン商品をその後使用していくための権利は商品によって権利者が異なりますのでご確認ください。

実施スケジュール

2021/8/12(木):facebookページ開設

2021/8/26(木):新庄市内にてチラシ配布(市内に掲示)

2021/9/11(日)  :クラウドファンディング終了

2021/9/12(日):イベント開催

2021/10月下旬  :リターン発送

最後に

応援よろしくお願いします!


■特定商取引法に関する記載

●販売事業者名・事業者の住所/所在地・事業者の電話番号

 請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。 

●送料:送料込み

●ソフトウェアに係る取引できる場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

●お問い合わせ先メール:shinjokyoshitu@gmail.com

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 





  • 2021/10/22 18:34

    お久しぶりです!新庄教室です。遂にリターンを発送することができました。新庄から支援してくださった方には明日・明後日にでも届くと思います。遠方の方はもう少々お待ちください・・!またドリンク券に支援いただいた方には購入時に登録したメールに活動報告を送らせていただいたのでぜひご確認ください。万が一不...

  • 2021/10/13 17:35

    2021年の8月27日から9月11日までの16日間におきまして、クラウドファンディングで沢山のご支援を頂き、9/12日のイベントも無事開催することができました。本当にありがとうございます。そこから更に約1ヶ月経ちましたが、やっと昨日作品たちの梱包作業をすることができました。学生個人の作品を見る...

  • 2021/09/24 21:03

    この度は私たちのアートプロジェクト「美大生が山形県新庄市を盛り上げるためのアート教室を開きたい!」(以下「新庄教室」)にクラウドファンディングでご支援くださりありがとうございました!2021年の8月27日から9月11日までの16日間におきまして、60,000円の資金調達を目標にチャレンジさせて...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください