これまでのたくさんのご支援、温かいメッセージありがとうございました!
無事目標金額であった100万円を達成することができました

いただいた支援金は、しっかりとボルネオ島に届け、マレーグマたちの飼料費、施設の運営管理費などに活用させていただきます。

クラウドファンディングの期間も残り2週間程度…
NEXT GOAL【150万円】(+50万円)に挑戦します!

現在BSBCCで保護されているマレーグマAh Lunはすでにリハビリを終えています

しかし、リリースに
・運搬用ケージ(10万円)
・GPS首輪 (25万円)
・センサーカメラ (1台6万円)
など、多額の費用がかかります。そのため、リハビリが
完了しているに関わらず、資金面でリリースが延期と
なり、まだAh Lunは森に帰れていません。

一頭でもの多くのマレーグマが森に帰れるよう私たちは挑戦を続けます。
引き続きご支援よろしくお願いいたします。


Apa Khabar!

こんにちは!東京農業大学 野生動物学研究室に所属する、須崎菜緒と武田茉由子です。

page1image28760992須崎菜緒(左)と武田茉由子(右)

ボルネオ島マレーシア・サバ州には、マレーグマを保護し野生復帰を目指す施設、ボルネオマレーグマ保護センター、Bornean Sun Bear Conservation Centre(BSBCC)があります。私たちはBSBCCを日本の皆さんに知ってもらい、日本からマレーグマの保護活動に貢献したいと思い、BSBCC Japanとしての活動をはじめました。


  

マレーグマは東南アジアの熱帯雨林に生息する、世界最小のクマです。

手足が長く木登りが得意で、約30cmにもなる長い舌を器用に使って蜂蜜や果実、昆虫などを食べます。森林伐採、密猟、違法なペット取引等が原因で、マレーグマの生存は脅かされています。IUCNレッドリストには、2007年から絶滅危惧Ⅱ類として登録されています。

そんなマレーグマの未来を守るべく設立されたのがBSBCCです。

page2image28732384BSBCCセンター長ウォン博士(中央)とスタッフの皆様  (出典:BSBCC)

BSBCCでは現在44頭のマレーグマを保護しています。センターは広大な森林を敷地内にもち、自然に限りなく近い環境をマレーグマに与え、野生復帰を目指したリハビリ活動を行っています。

BSBCCのホームページ: https://www.bsbcc.org.my/index.html

今回のプロジェクトはBSBCCと連携して行い、いただいた支援金はBSBCCの活動に使わせていただきます。



パーム油をご存知ですか?


パーム油とは、アブラヤシから採れる植物油のことをさします。パンやインスタント麺、チョコレートなどの食品から、洗剤、化粧品、歯磨きなどの日用品にまで幅広く含まれており、日本人の生活から切り離せない存在です。


パーム油は森林伐採の大きな原因


パーム油の原材料であるアブラヤシは、熱帯地域で育つ植物です。大規模なアブラヤシ農園(プランテーション)開発のために、熱帯雨林は次々に伐採されています。全世界のパーム油の生産量の8割以上はインドネシアとマレーシアの2ヵ国に集中しています。

ボルネオ島でもパーム油生産が盛んに行われており、1973年から2015年の40年足らずで168,500 ㎢もの熱帯雨林が失われています。

日本に住んでいる我々も、熱帯雨林の消失に関与してしまっているのです。

熱帯雨林(左)とアブラヤシプランテーション(右)の境界(撮影: 松林尚志)
様々な植物が生い茂る森林とモノカルチャーの違いがはっきりと見てとれます

ボルネオ島における森林面積の減少 (出典:BSBCC) 

                   

熱帯雨林とマレーグマ


熱帯雨林の減少により、そこに生息する多くの生き物が行き場を失っています。

マレーグマもその1種です。マレーグマの個体数は過去30年間で30%減少しており、今後も減少が続くことが予想されています。しかし、マレーグマは森林の維持に欠かせない存在であり、マレーグマが姿を消すと、その地域の生態系バランスが崩れてしまいます。


〜種子の運び屋さん〜
ボルネオの熱帯雨林には大型の樹木・種子が多く存在します。そのような種子は、中大型哺乳類が食べ、排出することによってのみ新たな場所へ運ばれます。マレーグマは大きな果実も食べる大型哺乳類として、森を更新させる重要な役割を担っています。

〜森の農家さん〜
マレーグマは昆虫を探すために土壌を掘り返します。この行為は畑を耕すのと同じ効果をもち、森林の土壌中の養分を循環させます。

〜森のお医者さん〜
マレーグマは木を腐敗させるシロアリを捕食し、樹木の健康を維持してくれます。マレーグマがいなくなると、シロアリの数は爆発的に増え、多くの樹木が被害を受けてしまいます。

〜森の大工さん〜
マレーグマは樹木の中の昆虫を食べるために、鋭い爪で幹を裂き、樹洞を形成します。それは、後にサイチョウやムササビの巣として使われます。マレーグマは他の動物の巣を作ってくれる存在です。

そのため、マレーグマを保護することは重要です。


コロナ禍の影響


BSBCCは毎年国内外から多くの観光客が訪れ、入園料が重要な収入源となっていました。しかし、コロナの状況下では施設の臨時休業を余儀なくされ、チケット収入はゼロとなりました。

(出典:BSBCC)  

       

日本でマレーグマ保全のためにできること


私たち2人は大学でマレーグマの研究を行っています。ボルネオ島にも実際に行き、熱帯雨林とマレーグマの保全の大切さを肌で感じました。 



本来でしたら、BSBCCの協力の下、マレーグマの保全に関わる調査を現地で行う予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で渡航が困難になりました。

日本からマレーグマ保全のために何かできることがしたいと考えた結果、BSBCC Japanとして活動し、BSBCCの支援をすべく、今回のプロジェクトをはじめました。



BSBCCでは主に以下の活動を行っています

①保護
生息地破壊や、違法で劣悪な飼育環境により行き場を失ったマレーグマを保護しています。BSBCCは広大な森林を敷地内にもち、マレーグマがのびのびと過ごせるよう、野生に限りなく近い環境を提供しています。

②リハビリテーション
エンリッチメントや、敷地内の森林で自由に木登りや採食をすることにより、野生本来の行動の発現を促し、保護されているマレーグマが野生に戻れるようリハビリをします。リハビリが完了したクマは森に帰って行きます。現在までに、10頭のマレーグマの野生復帰に成功しています。

③教育
マレーグマと熱帯雨林の保全には教育が欠かせません。施設内にはマレーグマについて学べる教育センターがあります。また、地元の学校やプランテーションへの出張授業、ボランティア受け入れ、世界中の人が参加できるバーチャルツアーなどを開催しています。

④研究
マレーグマはクマ科の中で最も研究が遅れている種です。保全に研究は欠かせないので、BSBCCではマレーグマの研究も積極的に行っています。


これらの活動には、飼料費や施設管理費はもちろん、医療費、リリース費、人件費など、多くの資金を必要とします。44頭の飼料費だけでも1ヶ月約40万円、1頭のリリースは約35万円かかります。

現在最低限の活動費は皆様からの支援金で賄っています。BSBCCホームページでは寄付を常に受け付けていますが、日本からの送金はシステムの都合上難しくなっています。

2019年の収入の68.2%はチケット収入であったのに対し、2020年は約6ヶ月間(3ヶ月は国内観光客のみ)のオープンにより、チケット収入は17.8%に激減しました。昨年の収入の半分以上は皆様からの寄付金で成り立っています(出典:BSBCC年間報告書)。2021年上半期のチケット収入は0%です。


今回のプロジェクトを行うことで、まずは日本の皆様にマレーグマの現状とBSBCCの活動を知っていただきたい。そして、頂いた支援金でBSBCCの運営をサポートしたい。


日本からボルネオ島でのマレーグマ保護活動に参加しませんか?



目標金額100万円は以下のように使わせていただきます。

・BSBCCの活動費 86万円

 マレーグマの保護や飼育、治療、野生復帰、設備の管理等

・BSBCC Japan活動費 4万1000円

 広報活動、リターン費

・Good Morning 手数料 9万9000円




ご支援いただいた全ての方にお礼のメッセージをメールでお送りします。

<500円>
・お礼メッセージ (メール)

<1,000円> 
・マレーグマの限定写真1枚
・お礼のメッセージ (メール)

<3,000円>
・マレーグマの限定写真3種
・お礼のメッセージ (メール)

<5,000円>
・ポスター2種(A4)
・手書きのメッセージカード

<10,000円>
・マレーグマの動画限定公開
・お礼のメッセージ (メール)

<10,000円>
・BSBCC JapanオリジナルマレーグマTシャツ (白)
・ポスター2種(A4)
・手書きのメッセージカード

<20,000円>
・バーチャルツアー参加券
・お礼のメッセージ (メール)

<30,000円>
・バーチャルツアー参加券
・マレーグマの動画限定公開
・お礼のメッセージ (メール)

<50,000円>
・バーチャルツアー参加券
・BSBCC JapanオリジナルマレーグマTシャツ (白)
・BSBCC Japanオリジナルキャンバスバッグ
・手書きのメッセージカード


※リターンとしてお送りする写真・動画の著作権はBSBCCにあります。
※Tシャツ、キャンバスバッグは1色(白)のみのご用意となります。ご了承下さい。





私たちはボルネオ島の人と自然が大好きです。

学生にできることは限られていますが、皆様のご支援により、少しでもボルネオ島のマレーグマたちを守れたら幸いです。





■ 特定商取引法に関する記載
 販売事業者名、住所/所在地、事業者の電話番号につきまして、請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。



  • 2021/11/26 17:08

    --------クラウドファンディング終了まであと4日--------今日ご紹介するのはマレーグマの興味深い生態。マレーグマは基本的に単独性と言われていますが、BSBCCで行われたマレーグマの研究で、マレーグマがなんと、顔マネをすることがわかりました (Taylor et al. 2019)!...

  • 2021/11/26 17:00

    またまた直前となりましたが…ギャラリーカフェKirinで明日【11月27日(土) 19:00〜20:00】お話をさせていただくことになりました!私たちなりにボルネオとマレーグマの魅力、そしてクラウファンディングについて少し紹介できたらなと思います。2人の話は45分ぐらい、質疑応答を15分程度で...

  • 2021/11/25 22:13

    ーーーーークラウドファンディングあと5日ーーーーー昨日ご紹介した「FSC認証」の森林。では実際に「責任ある森林管理」がどういうものなのかを簡単にご紹介します。FSC認証を獲得した森林では生態系や森に配慮した様々な工夫を行っていますが、その一例が計画伐採です。その仕組みについてイラストで説明しま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください