Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

被災した子供たちママたちに息抜きの楽しい時間を!「プレゼント・バス」をつくろう!

573f2508 27f8 49a8 9314 41cd0ab99010.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
189,000円
パトロン数
21人
募集終了まで残り
終了

現在12%/ 目標金額1,500,000円

このプロジェクトは、2016-05-30に募集を開始し、21人の支援により189,000円の資金を集め、2016-07-30に募集を終了しました

震災によりママと子供たちのためのカフェ「サクラキノイエ」は被災しました。 お店がなくなってしまってもやれることがある!被災した熊本のママ・パパ・子供たちのために、楽しい空間・楽しい時間を提供するためにこのプロジェクトを立ち上げました。 みなさんのご支援をお願いします!!

はじめまして、熊本市内で、お子様のお祝い事の欧米風ホームパーティープロデュースや思い出ムービーなどの映像制作、ママとパパが子連れで行けるカフェ風の癒しスペース「SAKURAKI no ie(サクラキノイエ)」の運営などを行うクリエイティブユニット「Sakuraki(サクラキ)」の代表をさせていただいている葛西江美と申します。

Sakurakiのコンセプトは、

「ママやパパの大切なお子様との日々に彩【イロドリ】を添えるお手伝いをする。」

ママやパパが子連れだからと諦めてきたいろんな楽しみを、お子様連れでもできるようにたくさん提供できれば、ママやパパの笑顔が子供達の笑顔へつながると私達は考え、前述したような事業を行っています。

こちらのムービーは、震災前にプロデュースさせていただいた誕生日パーティーの様子です。

 

 

私は、2歳の男の子のいるシングルマザーです。

 

Sakurakiを始める前、私は歌手でした。
しかし、ある日限界を感じ音楽から離れ、歌に変わる目標や夢を探して、2年間ほどただただ生活するために働く日々を送っていました。

そんな時、息子を妊娠しました。しかし結婚を選ばず一人で育てることを選びました。

子供を授かるのは予定外のことでしたので、当時私は東京にいて、仕事もないし、家族もいないし、どうしていこうと悩んだ末、実家のある熊本へ帰ることを決意しました。

熊本に帰り、いざこの子を育てていくにも仕事をしなければいけない。

でも、生後3ヶ月の子を抱えて雇ってくれるところもない、待機児童で保育園など入れるわけもない。

そこで、自分で事業を起こすしかない。と心に決めました。

では、どんな事業をするのか。子供を連れてもできる仕事。

それがこの「Sakuraki」でした。

 

「SAKURAKI no ie -サクラキノイエ-」は、
熊本市内にあるママとパパが子連れで行けるカフェ風の癒しスペースです。

ママやパパがお子様と2人で来ても、お友達と来ても、子供達はキッズスペースで思いっきり楽しみ、ママたちも各々の時間をゆっくり過ごせる、そんな空間を提供出来ればと考え始めました。


SAKURAKI no ieの立ち上げも、Sakurakiと同様に私の体験がキッカケとなっています。

息子を連れてカフェに行こうものなら、息子がずっと泣いていて、周りの迷惑を考え結局外へ出ることに…。

一緒に来ていた友達と、全くゆっくりとした時間を過ごすことができない。

少し歩くようになった息子を連れて出かけようもんなら、あちこち歩き回りゆっくりご飯も食べれない。

店内を走り回る息子を追い掛け回し、結局友達との時間はおろか、自分自身の時間など一切ありません。

家で息子と二人でいても、なかなかゆっくり本を読んだり、ネットをしたり、もちろん自分の時間はありません。

時にはイライラしたり、どこかに息子と二人で行って、コーヒーでも飲める場所があれば息抜き出来るのに...と感じることもしばしば。


そこで、子供が騒いだり泣いたりしても誰の目も気にせずゆっくり過ごせる場所があり、気持ちに余裕が出たり、お友達とたくさんお話をしてストレスを発散したり、ゆっくりご飯をたべたりできるのではないかと思いました。

毎日じゃなくてもいい。たまにでいいから、子育ての中に、簡単に息抜き出来る方法や、場所があれば、もっともっと子育てが楽しくなると思います。


お店を創業する際、私たちはほぼ予算がなく、貯金を切り崩して造ったため、古い一軒家をほぼ手作りで造ったお店でした。

また、子供達が使うことや、ママたちのストレス軽減のため、子供の手の届くところにはものを置かない。使用している食器類は全て割れないもの。床は全面コルク張りで、子供達がこけても安心。一人でどこかへ行ってしまわないように、危険な場所には柵を張るなどしていたため、店を立ち上げるのに半年以上かけ想いを詰め込んでオープンしました。

下記リンクは、私たちが心を込めてSAKURAKI no ie を作っていく過程が記事になったものです。

コロカル マガジンハウス 荒れ放題の空き家が、 ここまで変わる? 子育てママにやさしい一軒家

 

先日の熊本地震を受け、「SAKURAKI no ie(サクラキノイエ)」として営業していた店舗建物の損壊が大きく、営業不可状態となっています。
ここは、約1年かけて想いを込めて手作りした私たちの大切なお城でした。

ママ達の居場所をつくりたい。子供達の楽しみの詰まった場所にしたい。パパだって子育て中に行ける場所があったっていい。

営業開始して半年。やっとお客さんに利用していただけるようになり、これからもっともっとママパパ子供達のためにいろんな楽しいことをやっていこう!と動き出した矢先の地震でした。

それはもう本当にショックで、今でもお店のこと、地震前にお店を利用してくれていたお客さん、お店を支えてくれていた人たちのことを考えると泣けてきます...。

自然の力に翻弄され、だれのせいでもないこの地震・・・

本当に悔しかった。

Sakuraki (サクラキ)という名は、地元熊本市東区桜木(サクラギ)からとりました。ここは、今回の熊本地震震源地に隣接する地域で、市内では被害が大きい地域です。祖母の家は全壊し、友人宅も住めなくなったり・・・生まれ育った場所が変わってしまうこと。

今回の地震は、たくさんの絶望感を残しました・・・

 

けれど、ぼーっとしていてもことは進みません!
乗り越えるために、できることをやりたい!

 

SAKURAKI no ieがなくなったSakurakiは現在、「移動サクラキノイエ」として、キッズスペースやママたちの癒し時間に使っていた道具やおもちゃを持って、地震の酷かった地域を中心に訪問し、被災した子供達やママたちの息抜きの場を提供する活動をしています。

また、Sakuraki no ieで行っていたパーティープロデュースなどは、別の飲食店さんをお借りしたり、イベントへ出店させていただいたりしながら、いままでSAKURAKI no ieを利用くださっていたママや子供達に、引き続きリラックスできる場所を提供していきたいと考えています。

そのような活動の中で、私たちにどうしても必要なものが、荷物がたくさん運べる大きな車です。

私たちが大事にしているキッズスペースのおもちゃ、全国のママたちから寄せられた大事な物資たちを運ぶための車が必要です。

 
拠点がなくなっても、震災前よりさらに、ひとりでも多くのママパパへ、子供達をつれて行けてリラックスできる場所、癒しの場所、楽しい行事を提供したい。子供達に、ママやパパと楽しめる空間や、楽しい思い出を提供したい。

今回購入する車【プレゼント・バス】にたくさんの夢と想いを積んで、私たちのこれからの拠点として一箇所に止まらず、ママやパパ、子供達と触れ合っていきたいです。

そしてまたいつか「SAKURAKI no ie」を再建させます。

 

 支援をよろしく御願いします。 

 

 

#熊本地震 #こども #ママ