Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

私と同じ児童虐待や育児放棄を受けている子供の問題を解決するNPOを設立したい

E7b9b1aa061cf29959f41c8de1cf14ea.jpg?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
3,535,500円
パトロン数
286人
募集終了まで残り
終了

現在415%/ 目標金額850,000円

このプロジェクトは、2018-10-26に募集を開始し、286人の支援により3,535,500円の資金を集め、2018-12-08に募集を終了しました

普段はアイドルとして活動する私(戦慄かなの)は、児童虐待や育児放棄を受けて育ってきました。ミスiD2018サバイバル賞受賞を機に少しずつですが注目していただきつつある今、同じような境遇の子供たちの生活が少しでもよくなるような活動をしたいと思っています。どうか、NPO設立のための支援をお願いします。

▼はじめにご挨拶

こんにちは、アイドル活動やbaeというWEBサイトを運営している戦慄かなのと申します。最近では、サバイバル賞をいただいたミスidの最終審査で少年院出身であることをカミングアウトしたこともあり、少年院出身アイドルという肩書で紹介されることが増えてきました。

私は幼少期から食事がもらえない、暴力をふるわれるといった児童虐待や育児放棄を受けて育ちました。ただ、親の収入自体は安定していたため外からは虐待が行われているとは分かりにくく、結局外部に助けを求めることもできませんでした。

ある程度成長してからも児童虐待や育児放棄は続いていたため、家にはお金があっても私や妹には食事や生きるために最低限必要なお金が足りていない状況が続いていました。

少年院に入る原因となった非行も、最初のきっかけは食料やお金を得る手段の一つでした。ただ、その後は街を徘徊して、同じように非行に走る同年代とすごす内にエスカレートしてしまい、最終的には2年間という長い期間を少年院で過ごすことになってしまいました。

少年院では、勉強と考える時間だけは膨大にあったので、これからのことについて考えるうちにいつかは自分と同じような境遇の人と関わることができる仕事をしたいと思うようになり、その準備として高校認定試験(大検)を取って今は都内の大学で法律について学んでいます。

私としては少年院出身で注目されるのは少々不本意なのですが、きっかけはどうであれせっかく多くの人に伝える機会をいただいているので、この機会を前々からやりたいと思っていた私と同じような境遇の子供のために使いたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

私の目的は児童虐待や育児放棄の問題を解決することです。

自分自身の実体験や虐待を受けた経験のある方へのアンケートなどを通して、そのためには

・児童虐待や育児放棄について正しい知識をみんなが持つこと
・子供が気軽に相談できる場所を増やすこと
・虐待が発生している家庭からの独立
・育った環境でハンデを背負った人への支援

といった活動が必要だと考えています。
ただ、こういった活動は一人では難しく法人でないと難しいものも多いので、そのためNPO法人の設立という選択肢を考えるようになりました。

このプロジェクト自体はNPO法人設立のために行っていますが、NPOの活動を通じて児童虐待や育児放棄の問題解決を実現していきたいと思っています。

▼これまでの活動

 まずは情報を発信することが大事だと思いbae(ベイ)というWEBサイトを立ち上げています。

最初は、私が受けてきた虐待は外部の人間が介入することが難しいので、私自身どのような活動が有効なのかまだ分からない状況の中で、それでも知ってもらうことで変わることがあるはずと思い、このWEBサイトを作りました。

ただ、6月末ごろからアンケートを実施して、児童虐待を受けた人児童虐待に関わった人児童虐待に関心のある人、それぞれの意見や要望を聞くことで今後していきたい活動が見えてきたのでNPO設立を決意しました。

▼baeに込めた思い

baeには「家族」や「親友」という意味があります。

育児放棄は、子供が家族から提供されて当たり前の愛情、食事、衣服がもらえなくなる状態になります。家族はいるのに機能していない、そんな人にとって一時的にでもいいので「家族」や「親友」のように寄り添える存在でいたいという思いがbaeには込められています。

▼資金の使い道

クラウドファンディングで集まった資金は設立と設立後1年間に最低限必要な費用に使用します。おおよその金額ですが設立の申請や登記の作業に15万円、NPO法人の監査などを依頼する税理士や弁護士への報酬に35万円、個人情報やお金の管理をするシステムに25万円、クラウドファンディングの手数料として10万円が必要となりますので目標金額を85万円と設定しています。

もし、想定よりも多くの支援をいただいた場合はWEBサイトの運営や講演活動のための費用など今後の活動の幅を広げるために使用します。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。
せいいっぱい児童虐待の問題に取り組んでいきますので、どうかご支援のほどよろしくおねがいします。

 

 戦慄かなの