Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

東京発!“核関連施設立地地域と東京を繋ぐ”核燃料サイクル計画映画制作プロジェクト

現在の支援総額
1,172,000円
パトロン数
107人
募集終了まで残り
終了

現在58%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2019-08-14に募集を開始し、107人の支援により1,172,000円の資金を集め、2019-10-17に募集を終了しました

「核燃料サイクル計画」に直結する3大地域、青森・福井・佐賀———。 同計画に揺れる地域には、どんな人達がいて、どんな闘いをしているのだろう。 「核燃料サイクル計画」の見通しが未だに立っていないからこそ、記録しておきたい「今」がある。

キャンペーン企画開催決定!10/6(日)14時〜@CAMPFIREオフィス内セミナールーム(渋谷)



日 時|10月06日(日)14時〜17時(13時40分開場)
会 場|CAMPFIREオフィス内 セミナールーム
所在地|東京都渋谷区渋谷2丁目22−3 渋谷東口ビル 5F(渋谷駅徒歩2分/渋谷ヒカリエの真横)
最寄駅|東急東横線・田園都市線、JR山手線・埼京線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、京王井の頭線「渋谷駅」
Google Map|https://goo.gl/maps/dEbRB5jf9Yk
資料代|¥500
お申込|http://urx.red/iVZY

FBイベントページ|https://www.facebook.com/events/605713323294184/

3.11.以降、特に耳にするようになった、原発再稼働や「核のゴミ」、「核燃料サイクル」問題のこと。なんとなく気にはなっているけれど、知るきっかけがない…なんて思っている方も多いと思います。そんな方々のために、そもそもの原子力政策のしくみから、私たちが考える問題点、どうしてそれらが問題なのかについて、改めてお話をさせていただく機会を作りました。
私たちが取り組む問題とそのワケを皆さんと共有できたら嬉しいです。

① 「核燃料サイクル計画」をめぐる日本における原子力政策の仕組み
  再処理って? 核のゴミって?? などなど、本当にそもそものところの解説

② 現地の声|佐賀から
  永野浩二さん@玄海原発プルサーマル裁判の会事務局長

③ 永野浩二さん×プロジェクトプロデューサー稲垣美穂子の対談(初の公開インタビュー!?)



---お問い合わせ---

「核燃料サイクル計画」映画制作プロジェクト事務局
国際青年環境NGO A SEED JAPAN 石原 遼平
Tel:03-5826-8737/Mail:info@aseed.org


╲クラウドファンディング実施中! 応援お願いします!/
https://camp-fire.jp/projects/view/177158



2019.09.29. updated