2020/11/20 19:00

大日本弓馬会の流鏑馬では3種類の的を用います。

・神事で用いる「式の的」

・略式の「板的」

・競射で用いる「土器の的」

このうち板的は40cm四方のヒノキの板で、略式ながら、的中して割れたときに「パァーン」という爽快な音がすることから、御観覧の皆様に人気があります。

この「板的」ですが、的中して割れた破片は縁起物として重宝されています。

文字どおり「一発必中」を狙う受験生や、「当たる」にかけて「商売が当たる」ことを願う経営者など、お求めになる方は様々です。

お店の正面や自宅の玄関に飾っている人など、流鏑馬が盛んな街では時折見かける光景です。

2012年7月21日に放映された「出没!アド街ック天国」では「鎌倉 若宮大路」が特集され、21位で「当たり的」が紹介されました。

この「当たり的」、このたびのクラウドファンディングにおいて、200名様限定で返礼品として準備しておりますので、どうぞ御注目いただき、御支援を賜りますようお願いいたします。

なお、2020年はコロナ禍による流鏑馬の中止が相次いでいることから、その分「当たり的」の数も少なくなっております。

11月29日(日)に新馬場のこけら落としの流鏑馬(日本博「世界平和・健康祈願流鏑馬」)が行われますので、「当たり的」を皆様にお届けするためにも、たくさん的中させられるよう頑張ってまいります。

皆様、応援よろしくお願いいたします。

当たり的

-------------------------

クラウドファンディング「鎌倉時代からの伝統、流鏑馬(やぶさめ)馬場の建設・維持にご支援を」へご支援・ご協力・応援をいただきありがとうございます。

2021年1月18日までに1,200万円を目標に挑戦しています。

活動報告を通じて流鏑馬について、また新しく整備される馬場についての情報をお知らせします。FacebookやTwitterでこの報告をお知り合いの方にお伝えいただけるだけでも大きな励みになります。

どうぞよろしくお願いします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?