Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

待機児童数全国ワースト4!の千葉県市川市でずっとつながれる保育園をつくります!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
1,141,000円
パトロン数
142人
募集終了まで残り
終了

現在76%/ 目標金額1,500,000円

このプロジェクトは、2018-02-20に募集を開始し、142人の支援により1,141,000円の資金を集め、2018-03-22に募集を終了しました

コミュニティスペース併設、安心して立ち寄れる保育園「にじいろおうちえん」を2018年4月にオープンします。保育園は子育て家庭が初めて出会うコミュニティ。保育園を気軽に行けて安心して相談できる場所にすることで、子育て家庭が地域から孤立することを防ぎます!

保育園を作ることをさらに後押しさせた若手女子職員の結婚【保育園立ち上げ日記vol.1】

 

 

こんにちは、にじいろおうちえん園長の不破です。

 

これから数回に分けて、保育園立ち上げまでに新しく知ったこと、大変だったことなどを日記的に書きたいと思います。

保育園にかぎらず、こどもや地域の人が集まる場所創りをする人の参考になるかもしれない、と思っています。

 

***

 

保育園を立ち上げようと思った一番大きなキッカケは、自分の息子が保育園に落ちたこと。これは、保育園のWEサイトやクラウドファンディングのページにも書いてある通りです。

児童福祉施設や障害福祉施設を運営している立場として、保育園立ち上げについて思ってみたとき、最初に考えたことは、

保育園は乳幼児を長時間預かる場所で命に直結する仕事だということ。なので、安全管理などがこれまでの事業とは比べ物にならないくらい大変だということは容易に想像できました。

また保育士の給与が低いせいで採用は大変というのはよく聞く話。

なにより物件の改修にかかる費用やそもそも保育園に使える物件を探すのがすごく大変だろうな、ということでした。

 

***

 

だから、自分が本当に保育園を立ち上げるとは思ってもいませんでした。

とはいえ、法人の代表である自分が働けないことは、非常に困る。そして、他の職員も今後こどもができた時に、待機児童になって働けないととても困る。

ちょうど昨年、マネージャーとして組織の中核を担ってくれている20代の女性社員3名が結婚しました。

 

特にうちの様に小さな団体だと優秀な女性職員が働けなくなると事業計画が狂ってしまう。

そう考えると、この先も若手職員にこどもができても安心して働ける環境をつくることが、経営者として資金や時間を投入するに値する事だと強く思えました。

いろいろ大変そう。それでも今後の法人にとって必ず必要になる。だから「保育園を立ち上げよう!」そう決意しました。

 

***

 

次回は、保育園立ち上げに向かう第一歩となった「物件探し」について書きます。

 

▼共感した!応援したい!と思った方はこちらからご支援お願いします!
https://goo.gl/FxDb61