Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

海と共に生きる未来のため、たのしみながら津波防災が学べるカードゲームを届けたい!

現在の支援総額
489,800円
パトロン数
128人
募集終了まで残り
終了

現在272%/ 目標金額180,000円

このプロジェクトは、2018-07-13に募集を開始し、128人の支援により489,800円の資金を集め、2018-07-30に募集を終了しました

「海とともに生きる未来」のために、老若男女問わず、誰もがたのしみながら津波防災のアクションを学べるカードゲーム「FLAGO(ふらご)」を作りました。次くる災害でおなじことを繰り返さない未来をつくる仲間になってください!

先着100名限定★海のゴミを増やさない!竹でできたストローをプレゼントします!

うわああああああああ!!!

すごい!!!!

すでに175%達成、そして81人もの方にご支援いただきました!

(2018.7.19 13:30時点)

すでにパトロンになってくださったみなさんがTwitterやfacebookさらにはブログに書いてくださったりと私たちの知らないところまでFLAGOを連れて行ってくださったおかげです。本当にありがとうございます。

 

パトロン100人まであと少しということで...

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先着100名限定
海のゴミを増やさない!竹でできたストローをプレゼントします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

津波防災のカードゲーム「FLAGO」を開発していくにあたり、日本全国、そして海外の沿岸部も視察(時にはサーフィンなども笑)させていただいたのですが、津波対策だけしても私たちが大切にして生きたい海や地球を守り、そして共に生きて行くことは難しいということを知りました。

そこから、私たちが作る「FLAGO」は海と地球を汚さないように「海のゴミにならない」「環境にいい」素材や印刷方法を選ぶようにしています。

そしてさらに、今月7月は世界的に"Plastic free July"といって、プラスチック製品をできる限り減らしてゴミを増やさないようにしようというムーブメントが発生していて、最近ニュースになったスターバックスのストローを2020年までに世界中の店舗でなくすと決断されたのもその流れ。

■スタバ、プラスチック製ストローを廃止 2020年までに
https://www.bbc.com/japanese/44776177

 

クラウドファンディングを開始からここまでに率先して支援してくださったみなさまに感謝をこめて、先着100名様まで限定で、地球にとっても私たちにとっても素敵な未来になっていくために...ゴミにならない「竹でできたストロー」を追加送付させていただきます!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何度でも生えてくる竹を活用!バリで人気のバンブーストローを
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年7月に米科学誌サイエンス・アドバンシスに掲載された産業環境学者のローランド・ガイアー博士による論文では、プラスチックが登場して以来生産された量は83億トンに上ると推計。このうち63億トンがごみになり、うち79%が埋め立て地や自然環境に蓄積されているといいます。

海に行き着くプラスチックごみは現在、毎年1000万トン以上。特に1度しか使っていないのにごみになってしまう「プラスチックストロー」の使用には世界的にも疑問視されています。

竹でできたバンブーストローは、今エコに力を入れているバリ島でも人気で、いくらでもはえてくる竹でつくるので作るために新しい生命を傷つけることなく、ごみにもならないため注目されています!

そこで、今回このFLAGO制作段階で知り合ったバリに住むインドネシア人の友人にバンブーストローを調達してもらいました!わーい!

 

ぜひみなさんにはFLAGOを通して津波防災と海ごみについて知っていただき、一緒にアクションを起こす側になってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに、やはり竹でできているので郵送している際に割れてしまったらごめんなさい!

3日で目標達成!印刷会社とより環境にいい印刷方法を調べています!

海の日を目前に、目標達成しました!

これはこれは、びっくりしすぎてなんどもクラウドファンディングのページを再読み込みをしました...わあ、本当に皆さんありがとうございます!!!

このFLAGO(ふらご)は、私たちが作りたいものに対してお金を支払ってもらうのでは意味がないと思い、制作してから支払ってもらうのではなく、今はまだ「データしかない」という状況から、本当に欲しい人にだけ届けられるようにクラウドファンディングを活用することを決めました。

(写真にあるカードは試しに印刷したものなので、少しデザインは変わると思います!)

 

まさかこんなに早く達成するとは思ってもいなくて、7月末までをクラウドファンディング期間に設定しているのです。なので届くまではもう少しお待ちください...!

 

印刷会社さんも海と地球にいいものを作れるパートナーを公募しました

実は、「津波防災」のカードゲームとはいえ、防災だけやってればいいというのは嫌だなあとおもい、カードの素材そのものも海にとってもいいものにしたい、そう思い共感してくださる印刷会社を探しました。

そこで出会った印刷会社さんは、髪の素材だけでなく、カードを制作するまでの工程の中でも環境にいいかどうかを細かくチェックしてくださり、いろんなパターンを探した上で紙と印字するためのインク(トナー)を選んでいます。

一度決めた紙と印刷方法も、今一度チェックしているので、最後までどんな紙でどう印刷されるのかわからないのですが、皆さんの手元に届くFLAGOは海を心から愛する人たちの愛が詰まったものであることは間違いありません。

 

 

FLAGOを手にすること自体が地球や私たちにとっていいみらいをつくることにつながりますように。