2018/11/21 08:55

おはようございます。ふるさと未来創造堂の中野です。

あっという間に、あと3日で掲載期間が終了を迎えます。

日々、県内の小・中学校への防災教育のサポートを行いながらのチャレンジで

広報もままならぬ呼びかけにも関わらず、16人107,000円ものご支援をいただき、

本当にありがとうございます。

残り3日、より多くの方に私たちのチャレンジ、そして、私たちの活動を

知っていただきたい!

そう思いながら、残り3日間のご報告を掲載していきます。

新潟県での防災教育のサポート状況ですが、ほぼ毎日のように

様々な学校や公民館・児童館等で子どもや大人を対象に活動しています。

今日はここ数日の一コマをご紹介します。

左上は、屋外で地震時の危険予測と身の守り方を考える活動。

子どもが知っている場所の写真を使用するのがポイントです。

右上は、家庭の備えベスト5を考える活動。一人一人必要なものが

異なることに気付かせて、家庭で話し合う必要性を実感させます。

左下は、先生方の研修会。大人も子どもも自分事としてとらえ、

主体性を育むための様々な工夫や意見交換を行っています。

左下は、避難所の写真から潜んでいる課題を洗い出し、

地域の一員として中学生にできることを考えます。

避難所では報道にもあるように、本当に子どもが頑張っています。

実際に私たちが現地で見聞きしたことを伝えると、

自分たちにもできるはず!と子どもの意欲が飛躍的に高まります。






大人の「取組みたいけれど難しい」を「これならやれる・やってみたい」に。

子どもに「もっと学びたい」「大切なものを守りたい」から「防災を自分事に」。

様々な工夫を防災教育に取り組みたい方々と一緒に考え、一緒に創る応援団として、

新潟の防災教育を定着・推進・発展させるサポートを行っています。

あと3日間です!皆さま、どうか、応援よろしくお願いいたします!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

            NPO法人ふるさと未来創造堂 事務局長 中野 雅嗣

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?