Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

札幌の街を虹色に!!さっぽろレインボープライド 2019の開催を実現したい!!

現在の支援総額
1,168,500円
パトロン数
120人
募集終了まで残り
終了

現在116%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2019-03-15に募集を開始し、120人の支援により1,168,500円の資金を集め、2019-05-17に募集を終了しました

北海道札幌市にて2019年9月15日(日)にLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの略)パレード『さっぽろレインボープライド2019』の開催が決定いたしました!!開催にあたりましては、皆さまからのご支援が必要です!!よろしくお願いいたします‼

▼さっぽろレインボープライドについて▼

皆さん、こんにちは!
さっぽろレインボープライド実行委員会です。
私たちは、1996年から18年続いたLGBTパレード「レインボーマーチ札幌」の意志を引き継ぎ、2017年新たに立ち上がった団体です。

私たちは、北海道LGBTネットワーク(当事者主体で活動する北海道内4団体で構成)の構成団体の1つでもあり、LGBTパレードの開催に留まらず、企業や教育現場などへの講師派遣や、行政に対する政策提言などの取り組みも行っております。

札幌市では、2017年6月にパートナーシップ宣誓制度が、同年10月には互いの個性や多様性を認め合い、誰もが生きがいと誇りを持つことができるまちの実現を目指し、札幌市LGBTフレンドリー指標制度が開始され登録は37企業にのぼります(平成30年11月26日現在)。 

また東京都では2020年東京五輪・パラリンピックを控え、いかなる差別も禁じた「五輪憲章」の理念を実現する条例として、2019年4月「人権尊重条例」の全面施行を目指すこととなりました。

そして、そのような社会的変化と共に、今年2度目となるさっぽろレインボープライドの開催を目指すべく、現在18名の実行委員で運営を行っております。

▼プロジェクトをやろうと思った理由▼

札幌市におけるLGBTパレードの歴史は1996年に遡ります。当時のLGBTパレードには約200名の当事者、支援者が参加したと聞いています。また、差別偏見が今よりも根強くあった時代の中で、このパレードを開催すべきかどうか、約1年の時間をかけ議論をし開催に至りました。それから、札幌市でのLGBTパレードは革新的な取り組みを続け「政治とお祭りの融合」をテーマに当事者や、支援者、また行政や教育機関など様々な立場における方々を巻き込み、国内では最長の歴史を誇るイベントとなりました。その後2013年、レインボーマーチ札幌は目的の達成と、後継不足を理由にその幕を下ろすこととなりました。

そして5年の時を経て、2018年若者を中心とした世代によって再び札幌市でのLGBTパレード開催が実現しました。新体制でのさっぽろレインボープライドにおける目的は、まず”前身団体が掲げていた3つの目的の達成を継続させること”に加え、行政、教育期間、医療機関、企業等における支援・相互理解の拡大に努め、誰もが助け合い共に生きていける社会の実現を目指すべく、それらの総体的な取り組みの1つとしてさっぽろレインボープライドの開催に至りました。

私たち実行委員18名だけでなく、この思いに共感頂ける沢山の方々と共にさっぽろレインボープライドの開催を目指しています。

▼これまでの活動▼

~ 札幌LGBTパレードの歩み ~
・1996.6.28
 第1回レズ・ビ・ゲイ・プライドマーチ札幌(200名)
 東京以外では日本で初めて地方都市でのLBGTパレードを開催する。
・1997.6.29
 第2回セクシャルマイノリティプライドマーチ札幌(280名)
・1998.8.23
 第3回セクシャルマイノリティプライドマーチ札幌(350名)
・1999.9.19
 第4回レインボーマーチin札幌(500名)
 日本のLGBTパレードにおいて、初めてフロートが登場する。
・2001.9.16
 第5回レインボーマーチin札幌(590名)
 現在では各地のパレードで行われている、バルーンリリースを初めて実施する。
・2002.9.15
 第6回レインボーマーチin札幌(630名)
・2003.9.14
 第7回レインボーマーチin札幌(900名)
 当時札幌市長であった上田文雄氏からパレード直後の集会にてスピーチを頂く。
・2004.9.19
 第8回レインボーマーチin札幌(1000名)
・2005.9.18
 第9回レインボーマーチin札幌(940名)
・2006.9.17
  第10回レインボーマーチin札幌(1200名)
・2007.9.16
 第11回レインボーマーチin札幌(約960名)
・2008.9.14
 第12回レインボーマーチin札幌(950名)
・2009.9.21
 第13回レインボーマーチin札幌(740名)
・2010.9.19
 第14回レインボーマーチin札幌(700名)
・2011.9.18
 第15回レインボーマーチin札幌(700名)
・2013.9.15
 第16回レインボーマーチ札幌ファイナル(1100名)
・2017.10.8
 さっぽろレインボーマーチ+(450名)
・2018.10.7
 さっぽろレインボープライド(680名)

22年間でのべ、10,000人以上のLGBT当事者、支援者にご参加頂きました!

2018年の取り組み
①さっぽろレインボープライド(関連行事も含む)の運営
②LGBTに対する差別的な言動・行動に対する対外的活動
③企業におけるLGBTセミナー

▼このプロジェクトで実現したいこと▼

さっぽろレインボープライドの開催目的は、①地域社会に対し、身近に性的少数者(以下、LGBTs)[1]が存在することを広く知って頂き、②孤立するLGBTsに対して自らの存在を肯定的に捉えられる情報を発信し、③LGBTsが存在することを前提とした社会制度の構築を行政や企業、教育現場への働きかけを通じて広く社会全体へと訴え、多様性を認め合い互いの個性を尊重する豊かな社会の実現を提唱することです。

札幌市におけるLGBTパレードには現在までに多くの当事者・支援者の方々にご参加頂き、またパレードを通して地域社会とも関わりを深め、あらゆる人にとって住みやすい街になりつつあります。しかし、一方で未だに生きにくさを抱えている当事者や、差別偏見の中で生活をしている当事者も多く、さっぽろレインボープライドの開催が継続されることにより,LGBT当事者や,支援者,更には多くのLGBTの問題に留まらない差別偏見などの解消に努め,誰もが住みやすい街の実現を目指しています.

  [1]LGBTsはLesbian/Gay/Bisexual/Transgender(Transsexual)の頭文字と、セクシャリティに迷っている方々を表すQustioningや、性的欲求を持たない方々を表すAsexualといった多様な性を包括する言葉です。


▼資金の使い道▼

クラウドファンディングでご協力頂いた資金は、さっぽろレインボープライド当日の運営費に使わせて頂きます。
・バルーン代:25万円
・会場製作費:61万円
・クラウドファンディング手数料:14万円
・合計:100万円
さっぽろレインボープライドでは、イベント当日にバルーンリリースを行います。
皆様から頂いた資金により、札幌市の中心部上空を虹色にします!

▼リターンについて▼

【3000円コース】
・ラバーバンド

【5000円コース】
・タオル

【10000円コース①】
・公式DVD(非売品)

【10000円コース②】
・Tシャツ(Mサイズ/Lサイズ/XXLサイズ)

【20000円コース】
・ガイドブック広告1/6サイズ(縦66mm×横70mm)、または応援メッセージ(50文字以内)

【30000円コース】
・ガイドブック広告1/4サイズ(縦99mm×横70mm)、または応援メッセージ(100文字以内)

【50000円コース】
公式ホームページバナー広告(300px×250px)

【100000円コース】
公式ホームページバナー広告(300px×250px)及び、ガイドブック1/2広告(縦99mm×横142mm)または応援メッセージ(200文字以内)

【200000円コース】

フロート広告(トラック両脇に縦100cm×横200cmの横断幕2枚掲載)、かつフロートにご搭乗頂けます。

●全てのコースに公式ガイドブック1冊と、お礼のお手紙がつきます。

▼最後に▼

札幌におけるLGBTパレードの第2章が2018年から始まりました。

この活動を札幌市内だけでなく沢山の方に知って頂き、1人でも多くのLGBT当事者や支援者の力となるような運営を行っていきたいと思っています。更にはこの活動を通してよりよい社会の実現を目指しています。是非、私たちと一緒に札幌の街を虹色にしましょう!!

皆さん、宜しくお願いします!!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください