【最新情報】

News!!!①
支援額が110%になりました!160%目指します!ありがとうございます!!!

News!!!②

コンセプトムービーができました!クラファンページのトップ画像をクリックすると見ることができます。

News!!!③

キャンドルが3800円より購入可能になりました!
※コンセプト2のキャンドル限定

News!!!③

全てのキャンドルが楽しめる「たっぷりキャンドルセット」が売り切れたため、在庫を10セット増やしました!引き続き、通常より3000円お安い18000円で購入できます!

News!!!④

特製ポスターができました!!SNSでシェアしてくださる方はインスタグラムでDMください!

by designer N




こちらより本文になります!↓


「不器用なあの子」は、HSPという繊細な方を表しています。

まず、私たちの世界観について、
簡単にお話しさせてください!



いかがでしたか?

ここからは、より細かな内容を
伝えしていきます。

ぜひ「最後まで」
読んでくださると嬉しいです!!!



Purna Chandraは、
届けたい価値が3つあります。


次に、この3つの価値をどんなもので届けるのか?をお話ししていきます。

それでは、たった一人の方に届けたいと思いながら作った3つのキャンドルをご覧ください。




〈詳細〉
個数:1個
形:円柱
サイズ:高さ 13cm 底面の直径4cm
重さ:130g
燃焼時間:約30時間

材料:ほぼ天然のソイワックス 微量に石油製使用
特徴:側面には心臓の波、底にはブランドのロゴが入っております。
色味:ボディは白、波は赤色になっています。

【バックストーリー】
Aさんにとって、お風呂は自分のお城のような場所でした。お仕事を頑張って帰った夜は、もう一踏ん張りでお風呂を沸かして、9%の缶チューハイを一本、お風呂の蓋の上に用意する。湯船に浸かりながらお酒を飲む時間は、「だらしないよね」と思いながらも、最高のご褒美だったそうです。そんな時間に、キャンドルがあれば、Aさんにとってのお風呂時間はよりよくなるのではと思いながら、このお風呂キャンドルは生まれました。

〈詳細〉
個数:4個
形:立方体
サイズ:縦×横×高さ 約3.3×3.3×3.3cm
重さ: 一個あたり約30g
燃焼時間:1個あたり約8時

材料:石油製

●ピンク×黄色 一日エネルギッシュに頑張りたい朝のイメージ
●ピスタチオグリーン×深緑 深い呼吸をして落ち着きたい朝のイメージ
●白×群青色 静かな風が包み、リラックスする朝のイメージ
●オレンジ×グレー 朝の光と二度寝のまどろむような感じを表すイメージ

〈バックストーリー〉

Aさんは、大勢が得意ではないけれど、金曜日の飲み会は行くんだ、と話してくれました。飲み会後に帰宅すると、即ベッドにダイブ。メイクは落とさずに寝てしまい、朝になって「やらかした…!!」も落ち込むんだそうです。

それでも、土曜日の朝9時までには必ず起きようとしていて、お気に入りの番組を見ながら、ゆるゆる朝ごはんを食べる。その時間が「生きててよかった〜」と思えると教えてくれました。そんな朝ご飯に寄り添うキャンドルを作りたい、そうして朝のキャンドルは生まれました。

〈詳細〉
個数:1個
形:円柱
サイズ:高さ6.4cm 底面の直径4.5cm 重さ:170g
燃焼時間:24時間

材料:石油製
特徴:青、紫、金色の色味がちりばめられ、火を灯すと気泡がキラキラと輝きます。
ガラスケースに入れてお送りします。キャンドルの使用後は、小物入れなどに使用することもできます。
また、ブランドのロゴの帯をつけています。

〈バックストーリー〉
Aさんは、よく夜更かしをする人でした。夜はYouTubeを見て過ごしたり、ぼーっとしたり、寝るのが深夜になることも。そうすると「もっと生産的な時間が過ごせたな」「もっと頑張れたら良いんだけどな」と思ったそうです。しかし、その時間はAさんのバランスを取るために大切な時間だと思いました。夜はいろんな感情が渦巻く時間、その時間に寄り添いながら「焦らず、ぼちぼち行こうね」と告げたいと思い、このキャンドルは生まれました。


そのほか商品にも、様々なリターンを用意しています。

詳しくはリターン項目をご覧ください。

今回、オリジナルキャンドルを作った理由を4つご説明させていただきます。


1,「Aさんなら、どんな癒しを求めているだろう?」という問いの答えだったから

私たちはPurna Chandraを創る時、
たった一人のことを考えて、世界観を作りあげようと思いました。

たった一人とは前述したAさんです。

ここからは、Aさんの生活をさらに深くお話しします。

☝️※諸事情で、画像のみAさんの名前をプーナチャンドラさんとしています。

Aさんの生活は、大忙しです。毎日、仕事も生活も頑張っちゃう性格。
時には、休み上手く取れず、疲れ果ててベットから動けないことも。
ぼーっとする時間も「時間を無駄にしているのでは」と思ってしまうようです。
そんな彼女に届けたいのは、オリジナルキャンドルでした。
キャンドルは、時間が経過するほどに、
溶け方、光、に味わいが生まれる。
無駄と思っていた時間は、もしかしたら大切な時間だったかもしれない。
だから私達はキャンドルを選びました。


2,無理のない、
暮らしの提案をしたいから


 100人いれば、100人の暮らしのスタイルがあります。

朝起きる時間やご飯のタイミング、昼寝の瞬間まで。そのひとつひとつが自分の大切なリズムです。
そんな日常のリズムは大切にしながら、無理なく取り入れられる時間を、キャンドルで目指しています。とり入れることにハードルの高い 食事や運動などと比べて、キャンドルは「置いて、火をともす」という行為で、パッと生活が変わる。

「ただ、そこにある」という事で、こんなに優しい空間と気持ちが生まれる。だから、私達はキャンドルを選びました。


3.”ちょっぴり低い温度の癒し”を、提案したいから

既存の癒しを想像したとき
「明るく、丁寧な暮らし」を連想する癒しはあっても、「暗めの、少しだらっとした癒しの形」はありませんでした。

むしろ、「ただ、だらしない時間」として捉えられていることに気付きました。
癒やしって、オシャレなものだけ?
もっと温度の低い、影の癒やしがあってもいいんじゃないか?

キャンドルは力が入らない時、心を沈めたい時、力まずとも「癒し」を感じるもの。
だらっとした自分にも「大丈夫」といえるように、キャンドルを選びました。


4,癒しに抜群!キャンドルの効果

-キャンドルの明かりはリラックスの効果があると言われています。

引用:ペガサスキャンドル株式会社「キャンドルの不思議なチカラ」 https://www.pegasuscandle.com/chikara/

–F分の1効果

キャンドルの炎にも焚火と同様1/fのゆらぎが含まれています。また、キャンドルには香りの種類も様々あるため、好みの匂いで部屋を満たすことによってリラックス効果を高めることも出来ます。

引用:一般社団法人ハンドメイドキャンドル協会「炎を眺めて『1/fのゆらぎ』効果☆」https://handmade-candle.com/news/1138


自己紹介

普段は看護学を学ぶ大学3年生です。
私は、今までの人生で見てきた社会への違和感を「ブランド」という手段で問題提起をしていきます。


□なぜ今?「いつも笑顔なあの子が、影で泣いている」という現実がすぐそばで起こっているから。

私はこのクラウドファンディングで、「いつも笑顔な人が、 影で泣いている」
という状況を少しでもなくすため、挑戦します。

原点は、私の幼少期にあります。
片親で育ってきたこと、家族に依存症という病を持つ人がいたという経験を振り返りながら、
これらが「社会課題の一端である」と気づいたのは看護学生になってからです。


そして2019年、大学で学ぶ医療や看護の枠組みの「外側にある世界」を見たいと思い、休学しました。
休学中、依存症の回復施設や在宅医療のベンチャー企業で働いた際の学びは、

その後、どうにかこの社会課題を解決できないかと、ソーシャルビジネスをしたい!という選択に至りました。

最初に注目したのは、医療空間でした。
「病院の中にアートを取り入れ、心身ともに患者さんの健やかさを守りたい」と思い、ホスピタルアートという分野でビジネスをすることを目標に掲げていました。
しかし、医療の世界は知れば知るほど課題は大きく、現実を見ては、その途方もない課題に何度も挫折しそうになりました。

追い討ちをかけたのは、2020年春。
新型コロナウイルスによって、病院への事業が白紙に戻り、自分の進むべき方向性を見失いかけていました。


迷った末に、たどり着いた自分の軸は、「既存のセーフティネットから溢れてしまう方へ、明日がご機嫌に過ごせる世界を造る」ということ。
この想いはずっと変わっていないことに気づきました。

コロナ禍で、何か動けないか悩む中で生まれたのは、閉鎖空間に黄色いアートを送る活動「SERVE THE YELLOW ART」でした。医療以外のアプローチでも、人の心を救うことができるという体験をしました。

↓SERVE THE YELLOW ARTのメイン画像



このHSPとは
「highly sensitive person」と呼ばれる”感覚処理感受性の高い気質”の事です。

5人に1人がこの性質を持つと言われ、
90年代に定義づけられました。
HSPの特徴としては
① 考え方が複雑で、深く考えてから行動する
②刺激に敏感で疲れやすい
③人の気持ちに振り回されやすい、または共感しやすい
④ 五感などのあらゆる感覚が鋭い

などがあると言われています。


昨年、自己認識としてHSPの要素を持つ50人にヒアリングを行った結果、様々な課題を知りました。

この課題解決に向けて、カウンセリングをするか、コミュニティを作るか、試行錯誤した結果、
「ブランド」を作るという手段を選びました。
なぜなら、人の気質のような見えにくい課題は、当事者も自覚せずに、自主的に解決する段階まで行きにくいと考えたからです。

大勢が解決して欲しい課題であれば、
社会はとっくに解決に動いている。
しかし、HSPやそのほか
「人の気質に関する課題」は、見えににくく、複雑で、認識も広まっていない。

特にこのHSPに関しては、論文も少なく、正しい情報、誤った情報が飛び交っています。

だから「本当にSOSをいいたい人」が
埋もれているのではないかと思いました。
「医療や福祉では届かない」と。

私はそういった潜在的な層にも届くように、あの子にも届くように、
そして、HSPという選択肢が広まるように、ブランドから潜在層にアプローチをします。


資金の使い道

CAMPFIREの手数料9% 約7万2千円
早期振込手数料 5% 約4万〜5万
リターン商品代 50万
送料 5万
商品開発費用 50万
WEBサイト作成 5万

合計約「125万円」
このうち、ブランド立ち上げに必要不可欠の「80万円」を
クラウドファンディングで集めます。

達成できた先には、ネクストゴールとして125万を目標とします。


■感謝のメール(全てのリターンについています)

■LINE@へのご招待(全てのリターンについています)

■PURNA CHANDRA オリジナル電子雑誌(2000円以上の全てのリターンについています)

■PURNA CHANDRA オリジナルポストカード

■手書き文字みかの、オリジナルフィルター2点セット■PURNA CHANDRA オリジナルTシャツ


■PURNA CHANDRA オリジナル キャンドル各種 

- コンセプト1「お風呂で灯し、心音を感じる 42.0℃のキャンドル」

- コンセプト2「寝坊した朝、どんな朝にする?AM10時はあたしのキャンドル時間」

- コンセプト3「眠れない夜に、光に包まれる 深夜のジェルキャンドル」


【キャンドルセット内容(上記の3種類のキャンドルは、セットの種類が複数あります)】

 ●キャンドル各種 早期販売 10%割引
 ●キャンドル各種 ヒアリング割引5%割引 
 ●「遠くにいる二人の時間を想うキャンドルセット」2種類入り
 ●たっぷりキャンドルセット 3種類入り(在庫追加!)
 ●各種 大切なあの人に、ギフトキャンドルセット
 ●キャンドルお試しセット ※コンセプト2限定

■PURNA CHANDRA オリジナル 電子雑誌

■代表 小林ひかり 90分オンライン貸し出しセット

■大口 とにかく応援セット 感謝の動画を送ります


今後、リターンを増やす予定です。
詳細はリターン欄をご覧ください。


このクラウドファンディングは、多くの人に助けていただきました。ここでは、3人を紹介させてください。

キャンドルアーティスト .alpha あかねちゃんとの出会いは衝撃で、言葉を超えた繋がりと共感を感じました。彼女は、私の世界観をキャンドルという彼女の表現物に丁寧に写し込んでくれました。彼女と出会えたことが、このクラウドファンディングへの勇気に変わりました。

美伽は、人と人の共通言語である「言葉」の表現に温度を宿すことができる人でした。このクラウドファンディングでも、納得いくまで何度も何度も文字を書き直し、公開直前の夜中まで付き合ってくれました。彼女の文字は、可能性を広げてくれます。

そしてこのブランドの雰囲気のありのままを、光と質感で表現してくれた大輔くん。彼の写真が無ければ、彼の感性で撮る写真でなければ、このページは完成しなかったです。どこまでも素直で、どこまでも繕いのない表現を、ありがとう。

心からリスペクトする3人です。本当にありがとうございました。




実施スケジュール

2021年2月10日 クラウドファンディング開始
3月10 クラウドファンディング終了
4~5月 商品準備
6月 リターン発送
7月 商品開発開始

ここまで読んでくだった皆さま、本当にありがとうございました。

私は、このクラウドファンディングに様々な想いを込めています。

その中から一つ、共有させてください。

常々思うのは、人生を生きるということは、本当に大変なことだということです。
普段は平気な顔をしている人が、裏では泣いていたり。強そうに見える人が、実はとっても脆かったり。
私は、誰にでも暗闇に落ちてしまう瞬間があると思っていて、現にそんな現実を沢山見てきました。そんなギリギリで生きている中で、時に人の温かみに触れたり、時に国の制度で支援を受けたりすることで、何とか「明日を生きよう」と思えるのだと思います。

しかし、世の中にはそんなセーフティネットにも引っかからずに、誰にも気づかれないまま暗闇に潜り込んでしまう人もいる。
私は、このような”声なき声”を聞く存在でありたいし、その方が明日も生きてみようと思えるブランドを作ります。
まずは、このブランドにときめいてくださった、たった一人が「明日を生きよう」と思える一歩目を支える。そして、少しずつ、後世にて絶望や諦めの感情が無くなる未来を創造していきます。
今は、22歳の微々たる一歩ですが、必ずこの一歩を正解にします。

どうか、この一歩を支えていただけると嬉しいです。
応援のほど、よろしくお願いいたします。


小林ひかり



本プロジェクトはAll-In方式で実施します。目標金額に満たない場合でも、計画の実行をし、リターンのお届けをします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください