《終了まで残りわずかとなりました!》

これまでたくさんの皆さまのご支援、拡散のご協力本当にありがとうございます。
7月7日(23:59)の最後の最後まで少しでも目標に近づけるよう精一杯がんばりますので、引き続き皆さまのまわりの方々へこのプロジェクトのシェア拡散のご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

《6月14日 リターンを追加しました》

現在ご支援いただいていますみなさまにも好評の オリジナル生理グッズ「生理用品マイスター監修・生理ポケット」を、お話し会にて参加の子どもたち(小中学生〜高校生)にお届けコースです。
※該当の活動報告はこちら↓

◆2021年6月14日 【支援金額:673,833円】新リターン!子ども達に生理ポケットを届けよう‼︎

◆2021年6月20日 《生理用品マイスター監修・生理ポケット》とは。

どうぞよろしくお願いいたします。


応援コメント

応援コメントをいただいています!ありがとうございます。
いただきました応援コメントや日々の活動は「活動報告」へ掲載しております。

◆2021年5月25日 『佐々木絵美さんのバイタリティがすごい!!』函館市議会議員(無所属)荒木 あけみさんより応援メッセージをいただきました!

◆2021年6月11日 函館市女性会議会長・佐々木香さんより応援メッセージをいただきました!


◇◆◇◆


ごあいさつ

みなさんこんにちは。
北海道函館のハンドメイド雑貨屋( MinaMina )店主で【生理用品無料配布プロジェクト】の発起人、生理用品マイスターという肩書きで TikTokTwitter などで生理と生理用品についての情報発信中の佐々木絵美と申します。

私たちは、“生理用品を必要とする人みんなが当たり前に無料で使える社会に” をコンセプトに、2021年3月から、生理用品の寄付を集めて誰でも無料で持って行ってもらえる場所を拡げる【生理用品無料配布プロジェクト】という活動を続けています。

生理用品をお届けする代表・佐々木 / いただいた寄付で生理用品を購入しているところ


【生理用品無料配布プロジェクト】とは
“生理用品を必要とする人みんなが当たり前に無料で使える社会に”

【生理用品無料配布プロジェクト】とは「だれでも」必要な時に「無料で」生理用品にアクセスできることを目標とし、みなさまの寄付で購入した生理用品を全国の【無料スポット】に設置し、継続してお届けして必要な人に気軽に受け取ってもらうプロジェクトです。

もちろん、目標は「生理のあるすべての人」にお届けすることなので、誰でも気軽に持って行ってもらい、余裕のある時には寄付で応援してもらえるような、持続可能な活動を目指しています。

⬇️きっかけや、これまでの経緯など、詳しくは下記のnoteの記事をご覧ください。
note - 【生理用品無料配布プロジェクト】について

Gスクエアさんへお届けの様子

このプロジェクトを始めていただくようになったコメントやDMで、経済的な理由で生理用品が買えない『生理の貧困』だけでなく、様々な理由で生理用品を買ってもらえない小中学〜高校生、買って欲しくても言えない状況の子ども、配偶者の無理解やモラハラに苦しむ人などがたくさんいることを知りました。

コロナ禍で『生理の貧困』だけが注目されるけれど、これは普遍的な問題で、現在も生理用品が手に入らない境遇の人がたくさんいる。そしてそれを私たちに声を上げて教えてくれたのは「過去」に辛い思いを経験していた人たちで、「今」辛い思いをしている当事者は、恥ずかしさや後ろめたさから誰にも言えなかったり、生理や生理用品の知識がなくて解決策が分からなかったり、家庭環境などに原因があって声をあげることもできずにひとりで耐えているのだと思います。


どんな人に届けたいか

「生理のあるすべての人」に届けたいこのプロジェクトですが、現実的な目標として、1人でも多くの「適切で充分な生理用品を買えない人・買ってもらえない人」に届けたいです。

例えば・・・

■経済的理由で充分に買えない

安いもので1パック200円ほどの生理用品が買えない=「生活保護行った方がいいのでは?」「なんでスマホは持ってるの?」というようなコメントがあまりにも多く愕然としています。
生理はだいたい月1回1週間、お金がないからといって止めることはできません。経血量もその他の症状も人ぞれぞれですが、1回の生理期間をある程度快適に(清潔に)過ごすためにはナプキンだけでも軽く1000円、タンポンと夜用ショーツタイプ(各500円ほど)や生理用の下着の替え、ひどい腹痛や貧血などには鎮痛剤や鉄剤、本当はピルの処方が望ましいのに経済的にできない方もいます。
貧乏だったらそれらを我慢しないとダメですか?→最適に生理用品を使うことは、トイレでトイレットペーパーを使うことと同じくらい当たり前のこと(憲法「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」)ではないでしょうか。
コロナ禍でさらに厳しい経済状況が続いていくと思います。
私たちは、「食べることもままならない」ほどの経済状況じゃなくても、生理用品を買うのに少しためらいがあり少ない量や種類で我慢するような方も気軽に持って行って使って欲しいと思っています。

■ネグレクトや気づかれにくい虐待を受ける子ども

生死に関わる虐待だけでなく、大人になって知識がついてから『あの時の自分は生理用品(ブラジャーなども)が足りていなかった』と分かる方が想像よりもたくさんいます。私たちの学生時代も人知れず苦しんでいた友人が隣にいたかもしれません。
また問題なく仲の良い親子でも生理の諸症状や経血量の軽い親の用意する生理用品が子どもに最適ではない場合もあります。
現在充分な生理用品にアクセスできない子どもたちも、正しい知識がなくてそのことに気づいていない場合が多く、また「けがらわしい」などと言われて完全に放置される子ども、育児放棄されている子どもたちにもどうにかして正しい知識と生理用品を届けたいです。

■男性一人親家庭の子ども

生理用品を買ってと言いにくい子ども、子どものために何でもしてあげたいけど生理について会話が恥ずかしいと困っている父親や保護者の方。

■配偶者や家族の無理解やモラハラ

家庭の経済状況だけでなく、配偶者や家族に生理と生理用品について理解がないなど問題があって生理用品を買わせてもらえない状況の方などからも辛い体験をDMでいただいています。

ほかにも、母子ホームや自立援助ホームなどの施設で生活していて生理用品が充分でない方々や、海外から来てコロナ禍で厳しい生活を強いられている技能実習生や出稼ぎに来ている方、留学生など。また、生理のある家族やパートナーのために持ち帰る男性も、(生理のある身体で性自認は男性の)トランスジェンダー男性も気軽に持って行けるようにと試行錯誤しています。


■印刷物などのデザインについて

上記のような届けたい人へ届けるために

・端的にわかりやすいこと(理解・視認)
・「女性のもの」「フェミニン」などを過剰に感じさせないこと
・「生理/生理用品」を「恥ずかしい」「隠すべき」といったネガティブなイメージにしないこと
・ターゲットは「生理の来る人」だけでなく、パートナーや保護者、家族など関わる全ての人である

上記に配慮し、「誰でも」「気軽に」持って行ってもらえるよう工夫してデザインしています。

※外国語POPも準備中です。


こんなところに設置していきます!

「生理」や「生理用品」、身体のことに恥ずかしさがあったり、保護者に買ってもらえないなどの悩みを抱えている子どもたち(特に小中学生)の立ち寄りやすいお店や場所、誰でも来やすい場所、学校、通勤通学で立ち寄りやすいところ、多目的トイレや男性トイレ個室にも設置していきたいです。

公民館 / フリースペース Gスクエアの【無料スポット】の様子

⬇️現在のスポット一覧はこちら(随時更新します)
note - 【無料スポット】一覧 【生理用品無料配布プロジェクト】

⬇️設置場所【無料スポット】募集の記事はこちら
note - 設置場所募集!【無料スポット】を拡げよう!【生理用品無料配布プロジェクト】

トイレ個室に設置していただいている様子 / 大学のトイレに設置していただいている様子設置の仕方などもまだまだ手探りで、協力していただいている【無料スポット】の担当者の方々にフィードバックをもらい、意見を出し合いながら改良を続けています!


クラウドファンディングをやろうと思った理由
もっとたくさんの場所に無料スポットを拡げて配布を継続するために!

現在、個人のボランティアでの活動に限界が近づいたことと、みなさまからの期待と要望が想像以上に大きく各方面から反応がたくさんあり、より一層力を入れて活動を続けていくために、この度運営2名で一般社団法人設立を決意しました。

特に必要な経費は「生理用品の購入」です。

現在1カ所に1度に送る生理用品は基本的に120サイズ段ボールに総額5,000円〜10,000円、早いところでは連休中に1箱全てが無くなりますが、ひと月に1箱と計算しても無料スポット1カ所で1年間に6万円〜12万円の計算です。

そもそも生理用品を必要としている誰かひとりの1周期(約1ヶ月)で1,000円と計算しても1年で12,000円。生理は待ってくれず、ナプキンやタンポンは消耗品で、まさに「今」必要で、毎月必要です。

現在はAmazonほしいものリストや直接配送など現物での寄付の割合が多いですが、無料スポットが増えると資金から購入する金額がどんどん上がっていくと予想されます。

「ここに行くと無料でもらえる」と思ってわざわざ遠くから来ていただく方のためにも無料スポットには途切れることなく補充し続けたいと思いますのでぜひみなさまの力を貸してください!

大きなダンボールいっぱいに生理用品を詰め込んでお届けしている代表佐々木函館と近郊には代表・佐々木自らハイエースを運転してお届けに回っています!


この2ヶ月仕事の合間をぬって、というより自営業の時間を割いてプロジェクトに注力してきましたが、私たちの活動時間の面でも自分たちの収入を得る仕事の方を圧迫し、限界を感じるようになりました。(運営のふたりは収入より人のためになるやりがいが好きで自分のお金の計算には疎めです...)

短い期間に想像以上の反響にとても大きな可能性を感じて一般社団法人設立を決意しました。一般社団法人としてしっかりと活動を続け、【生理用品無料配布プロジェクト】を全国へ拡げて継続していきます!


これまでの活動

きっかけは2021年3月4日の佐々木のTwitter投稿から。

▶︎2021年3月7日 自店舗MinaMinaに『生理用品無料コーナー』を設置

▶︎2021年3月8日 『生理用品マイスターささき』の TikTok をひっそりと開始

▶︎2021年3月13日 【生理用品無料配布プロジェクト】誕生!

▶︎2021年3月19日 北海道教育大学 函館校への設置が決まる

▶︎2021年3月21日 シエスタハコダテ4階のGスクエアさんへお届け

▶︎2021年3月25日 設置場所用POPなどを作成

▶︎2021年3月25日 医師会看護・リハビリテーション学院の湯の川キャンパスへお届け

▶︎2021年3月26日 函館市議の荒木さんの橋渡しにより函館市内の小学校複数校への設置が決まる

▶︎2021年3月31日 【生理用品無料配布プロジェクト】note を開始

▶︎2021年4月2日 陣川あさひ町会館へお届け

▶︎2021年4月5日 函館市内の中学校複数校への設置が決まる

▶︎2021年4月7日 函館市の母子ホームさんへの設置が決まる

▶︎2021年4月8日 函館 蔦屋書店さんへのジェンダーに配慮した設置が決まる

▶︎2021年4月9日 自立援助ホーム ふくろうの家への設置が決まる

普段会えないいろいろな方とお話しする機会も増えました!


▶︎2021年4月15日 こものや@生理おばさん3号 によるイラストのキャラクター「タンポン星人」誕生(リターンのステッカーなどになったり、今後もたくさん登場予定!)

▶︎2021年4月18日 カトリック湯の川教会技能実習生支援に生理用品をお届け

▶︎2021年4月23日 函館 蔦屋書店さんで配布開始

▶︎2021年4月25日 函館学生食糧支援プロジェクト実行委員会の食材もってけ市へ生理用品をお届け

▶︎2021年4月29日 yogaspace y&eさんのオープンイベントのマルシェに出店

▶︎2021年4月29日 epic-miyu@生理おばさん4号 によるハンドメイドの「生理用品マイスター監修・生理ポケット」誕生(リターン品として販売中!今後一般社団法人の公式商品としても発売します)

各スポット2回目以降は随時お届けしています!


▶︎2021年5月3日 本州初!福島県のサンピノチオさんへの設置が決まる

▶︎2021年5月10日 NPO法人ウィメンズネット函館さんへお届け

▶︎2021年5月12日 函館市立桔梗中学校・函館市立巴中学校へお届け

・・・などなど、毎日何らかの活動を継続しています(5/12分までを掲載)


🕊最新情報はTwitter ハッシュタグ #生理用品無料配布プロジェクト を付けて 【生理用品無料配布プロジェクト】のTwitterアカウント( @Freeperiod_h )で更新しています。

無料配布する生理用品を並べている画像


メディアで紹介されました

▶︎2021年3月30日 北海道のテレビ番組で放送(Webニュースにも掲載)

▶︎2021年4月1日 別の北海道のテレビ番組で放送

▶︎2021年4月23日 北海道新聞みなみ風に掲載

▶︎2021年5月25日 函館市のコミュニティラジオに出演

▶︎2021年5月28日 北海道新聞みなみ風に掲載

▶︎2021年5月28日 北海道のニュース番組で放送(Webニュースにも掲載)

▶︎2021年6月1日 『日刊ゲンダイ』『Yahoo! ニュース』に掲載

▶︎2021年6月1日 北海道のニュース番組で放送

▶︎2021年6月1日 全国版の新聞に掲載

▶︎2021年6月21日 福島県の無料スポットが地元新聞に掲載

▶︎2021年7月2日 北海道の新聞に掲載

メディア最新情報も Twitter活動報告 でご紹介しています!


資金の使い道

生理用品の購入

ひと月に1箱と計算しても無料スポット1カ所で1年間に約6万円〜12万円の生理用品を、その場所で必要としている人のために切らすことなく購入し補充し続けるための資金が必要です!

■一般社団法人設立に関する費用

・定款認証費用:5万円
・登録免許税:6万円
・ホームページ制作、更新費
・名刺などのデザインと印刷代

■備品・経費

・生理用品アソートパックの袋、持ち帰ってもらう小分け用の袋、段ボールなど
・生理用品の送料、直接配送や生理用品仕入れのためのガソリン代
・設置場所などのポップやチラシ、カードなどの制作と印刷代
・生理用品の正しい使い方を教えるためのお尻の模型(トルソー)など動画用の設備や機材
・レビュー、紹介のための生理に関する商品の購入
・ラミネート
・盗難防止付きアクリル募金箱
・この活動を沢山の方に届けるための仕組みづくり諸経費(スマホで簡単にできる寄付システム導入など)
・オリジナル商品の企画制作、仕入れ
・活動を手伝ってくれる方へのお給料
・今回のクラウドファンディングのリターンにかかる費用と手数料

ランダムでいろいろ詰め合わせたアソートパックアソートパックとは「どうしたら遠慮されずにたくさん持っていってもらえるか」と試行錯誤でできた、いろんなメーカー製品の昼・夜・サイズ違いなどいろいろな生理用品を詰め合わせにしたパッケージでとても好評です

■もっとやりたいこと

・「生理」に対して「恥ずかしい」「隠すべき」のようなネガティブなイメージを持ち、普段から気軽に生理の話ができない社会の空気を変えたい
・生理用品の軽減税率適用や、スコットランドのように学生だけでも「生理用品無償化」を政府に求めるアクション
・生理と生理用品についてのより具体的で実用的な知識を子どもたちに届けるいろいろな手段を試し、さらに「自分には関係ないと思っている男性」にも自分ごとになる活動(動画教材、印刷物配布、SNS投稿の工夫など)
・福利厚生に生理用品を設置する企業を増やす活動と、具体的な設置のアドバイザーとしての活動
・ホームページに利用者や相談者にとって便利な機能を付けたい
・佐々木個人へ限界を超えたSOSのDMを送ってこられるような深刻な事情のある方へ、特例として個人へ必要なものをお渡しする方法を考える
・たくさんの生理用品を一時保管する倉庫として使える作業所兼事務所を借りたい
・アソートパックの袋詰めや寄付の返礼品制作などで障害のある方などを雇いたい

■こんなことも考えています

・生理用品の無償配布の活動だけでなく、今何かにつらい思いをしている人困っている人への活動
・発達障害の子どもへのそれぞれの特性に合う教育や、それぞれの特性を活かし不得意をカバーできる多様な働き方を本人や周りの理解者といっしょに模索する活動

ご支援の金額により、活動内容を柔軟に調整していきます。


リターンについて

《目標金額に達成しない場合も一般社団法人を設立し、ご支援者さまにはリターンを必ず実行いたします》


シンプルに応援

[3,000円][10,000円][30,000円][50,000円]
[10,000円]からは、生理用品マイスター/生理おばちゃん(代表・佐々木)へお悩み相談や雑談などのお話権が付きます。(メールでやりとりもOKです)
※[10,000円]お話30分
※[30,000円]お話1時間
※[50,000円]お話3時間(別日で分けてもOKです)

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

ありがとうございます「シンプルに応援」


◆オリジナルステッカー(2枚)、キーホルダー、缶バッジからお好きな1点

[3,000円]
唯一無二の公式キャラクター「タンポン星人」オリジナルステッカー(2枚)、キーホルダー、缶バッジの中からお好きな1点をお届け!
※タンポン星人のシンプルなデザインになります(デザイン制作中)
※一般社団法人設立後、定価は各600円ほどを予定しています

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

オリジナルステッカー(2枚)、キーホルダー、缶バッジからお好きな1点(画像はイメージです)


◆オリジナル生理グッズ「生理用品マイスター監修・生理ポケット」と、公式キャラクター「タンポン星人」のオリジナルステッカー(2枚)、キーホルダー、缶バッジからお好きな1点(不要な場合選択してください)

[5,000円]
「生理用品マイスター監修・生理ポケット」とは、ハンカチに近い見た目のこだわりの布素材を使い、ポーチよりジャストサイズで約1日分のナプキンをすっきり入れらてさりげなく持ち運べるハンドメイドのオリジナル生理グッズです。
制作は おもしろ布小物作家epic*さん(「生理おばさん4号」としてサポートしていただいています)
[仕様]ポケットは片方は夜用40cmサイズがぴったりでもう片方は昼用が3つ入り、さらにタンポンを入れる場合も落ちない様に中央のあき部分は狭めに、スナップボタンは生理用品入れて膨らんでも対応できる絶妙な位置に設定されているこだわりの逸品です!
※今回の生地は「無地」の「黒、カーキ、オリーブ、グレー」からランダムになります(色は選べません)
※ご希望の方には生理用品マイスター佐々木が選んだ生理用品を入れてお送りします
※一般社団法人設立後、定価は1800円ほどを予定しています

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

オリジナル生理グッズ「生理用品マイスター監修・生理ポケット」かさばらないスッキリデザイン・持ち歩きやすいハンカチ風


◆【団体・企業様向け】チラシに御社名を1年間掲載

[50,000円]
生理用品とともに配布するチラシに御社名・団体名(テキスト)を1年間掲載します
※備考欄に掲載ご希望の「お名前」をご記入ください

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

チラシに御社名を1年間掲載


◆【団体・企業様向け】ホームページに御社名を1年間掲載

[50,000円]
今回制作する一般社団法人公式ホームページに御社名・団体名(テキスト)を1年間掲載します
※備考欄に掲載ご希望の「お名前」「URL(あれば)」をご記入ください

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

ホームページに御社名を1年間掲載


◆【団体・企業様向け】チラシに御社のバナーを1年間掲載

[100,000円]
生理用品とともに配布するチラシに御社のバナー画像を1年間掲載します
※サイズや仕様は後ほどお知らせします(50×20mmほどを予定)プロジェクト終了後、チラシの仕様が決まりましたら「バナーデータ」をお送りください

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

チラシに御社のバナーを1年間掲載


◆【団体・企業様向け】ホームページに御社のバナーを1年間掲載

[100,000円]
今回制作する一般社団法人公式ホームページに御社のバナー画像を1年間掲載します
※サイズや仕様は後ほどお知らせします(320×100pxほどを予定)プロジェクト終了後、ホームページの仕様が決まりましたら「バナーデータ」「URL」をお送りください

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

ホームページに御社のバナーを1年間掲載


◆生理用品マイスター佐々木をお話し会などに呼んでください!

[100,000円]
プロジェクトで集まったたくさんの種類の生理用品を実際に使って生理用品に慣れない方のためにTikTok動画レビューしたり、生理用品についてのいろいろな困りごとの当事者からの連絡を受けている「生理用品マイスター」として、お話しできることならなんでもお話しします。

※内容は、生理や生理用品に関すること、小中学生のための実物とお尻の模型を使った生理用品講座など
※スライドなどを使ったこちらから一方的な講演ではなく、Q&Aや参加者と対話型やディスカッション形式でお願いします
※基本的にオンラインで、北海道内に限りご希望により佐々木が直接車で伺います(その他の地域はオンライン限定)
※直接伺う場合、交通費と宿泊費(小1息子と宿泊)を別途いただきます
※テーマやお話し会の形態、日程などは後ほど調整しましょう

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

生理用品マイスター佐々木をお話し会などに呼んでください


◆【企業様向け】無料スポット(ホームページ・SNSなど)でキャンペーン企画!
+ご希望の場合、生理用品とともに配布するチラシに御社のバナー画像を1年間掲載します

[200,000円]
【生理用品無料配布プロジェクト】の【無料スポット】で生理用品とともに「新商品の配布」や、配布とともに「ツイートキャンペーン」など、ターゲットユーザーへ直接御社の製品をアピールできます!
どのような内容にするかのご相談・企画からSNSシェア拡散PRまで協力して行います。

※配る製品内容と、サイズや形態に制限があり、配布キャンペーンができない場合やお断りする場合があります(新発売の生理用品やそれに関する商品PRやアンケートなどを想定しています)
※配りたい地域や場所、期間の指定など、詳細は後ほど調整しましょう(現在のスポットは函館に集中しているので、函館の企業様か、その他の地域や全国区の企業様にはスポットが増えてからの開始も対応できます)
※【無料スポット】によってはポスター、チラシなどは設置できない場所もあります

◇代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

無料スポット(ホームページ・SNSなど)でキャンペーン企画


《新リターン》◆目指せ100名分!お話し会参加の子ども1名にオリジナル生理グッズ「生理用品マイスター監修・生理ポケット」をお届け!

[4,500円]

このリターン1つ購入につきお話し会に参加してくれた子ども1名に⦅マイスターオススメ生理用品詰め合わせを入れた「生理ポケット」⦆をお届けします!

2021年10月以降、函館・道南地方にて、親子対象の『生理用品マイスターささきのお話し会』を開催予定。
お話し会では、お尻の模型や生理用品実物を使って、色々な生理用品の使い分けや正しい生理用品の使い方のレクチャーをメインにお話しします。

※生地はランダムになります(色柄は選べません)
※生理用品マイスターささきが選んだ生理用品を入れてお渡しします(お渡しする場でのセレクトも)
※生理ポケットは一般社団法人設立後定価1800円ほどを予定しています

◇購入者様にはお話し会の活動報告と、代表の佐々木から心を込めたお礼のメールを送らせていただきます

お話し会参加の子ども1名にオリジナル生理グッズ「生理用品マイスター監修・生理ポケット」をお届け


実施スケジュール

▶︎2021年5月〜9月 一般社団法人名の決定、設立準備

▶︎2021年7月〜 シンプルに応援のリターンのお話(随時)

▶︎2021年9月1日 クラウドファンディング終了後 一般社団法人の設立、法人として活動を開始

▶︎2021年9月〜10月予定 リターン商品(ステッカー、キーホルダー、缶バッジ、生理用品マイスター監修・生理ポケット)の発送

▶︎2021年9月〜10月予定 生理用品とともに配布するチラシの制作、最初の配布日から1年間リターンのバナー等を掲載

▶︎2021年9月〜12月予定 一般社団法人のホームページの制作、リリース日から1年間リターンのバナー等を掲載

▶︎2021年9月〜 リターンのお話し会を企画・開催

▶︎2021年10月〜 リターンの無料スポットでのキャンペーンを企画・開催


事情により前後する可能性があります。

お話の日時やキャンペーン日時はできる限り支援者さまのご希望に合わせます。


◇◆◇◆


ここまで読んでいただきましてありがとうございます。

注意していますが、筆者の不勉強によりこれまでの文章に不快な表現や誰かを傷つけるような表現がありましたらすぐに謝罪と訂正をし、勉強したいと思いますのでぜひ教えてください。

質問などございましたら下記(代表・佐々木)までお気軽にお問い合わせください。
Twitter DM:@MinaMina_h_h
メール:info@mina-mina-hh.com

  • 2021/07/08 21:50

    この度は、生理用品無料配布プロジェクトのクラウドファンディングをご支援いただきまして、本当にありがとうございました!皆さまの暖かいご支援の下、無事にプロジェクトを終了する事ができました!【総支援金額:1,547,333円】ものご支援を頂きました。 3月からボランティアとして活動し、今後は一般社...

  • 2021/07/07 18:42

    クラウドファンディング最終日です!◇ボランティアから一般社団法人へ私達は3月からボランティアで生理用品をお届けしてきました。私の本業は雑貨屋で、コロナ禍な事もありお休みが多いその日を利用して『生理用品無料配布プロジェクト』として、生理用品を必要な方にお届けしてきました。私達だけでは、アクセスで...

  • 2021/07/06 19:44

    本日5名の方から生理用品が届きました!◇生理用品お届け届いた生理用品を開封して、そのまま梱包して無料スポットにお届けしてきました!◇残り1日ですクラウドファンディング終了まで、あと1日。始まる前までは、ドキドキと緊張でどうなるのか不安でしたが、始めてからは毎日生理に関する情報や『助けて』の声、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください