外で遊べなくなった子どもたちに、元気いっぱいの夏休みをプレゼントしたい!

集まった支援総額
¥141,000
パトロン数
20人
募集終了まで残り
終了

現在58%/ 目標金額240,000円

このプロジェクトは、2016/06/14に募集を開始し、20人の支援により141,000円の資金を集め、2016/07/19 23:59に募集を終了しました

東日本大震災・福島第一原発事故の影響で、思い切り外で遊ぶことができなくなった、東北・関東の子どもたち。 そんな子どもたちを大阪での保養に招待して、元気いっぱいの夏休みを過ごしてもらいます!

◆心援隊とは?

心援隊は、2011年3月11日の東日本大震災の被害にあわれた方に対し支援を行っていくために立ち上げた有志のチームです。
その中でも原発事故の影響を強く受けた「福島」を中心に見据え、情報を届け、義援金や活動資金を集めるためのチャリティーイベント、関西での受け入れや避難・移住のサポート、また現地において確実で効果的な活動を行うチームへの寄付など、状況や必要性に応じてその都度最良と思われる支援を続けてきました。
現在も『放射能から子どもたちの命を守る』ことを目的に、避難・移住のサポート、そして疎開・保養プロジェクトを行っています。

 ◆なぜ「外で遊べなくなった」のか?

福島をはじめ東北・関東には、福島第一原子力発電所の事故による被ばくを心配し日々を過ごしている家族が少なくありません。
子どもたちが被ばくを避けるためには、外で遊ぶ時間を制限したり、土や花、落ち葉や水たまりなど、放射性物質がたまりやすいといわれている物・場所に触らないようにしなければいけません。
打ち込んでいたスポーツをやめなければいけなかったり、震災後に生まれほとんど外遊びを経験したことのない子もいます。
このような子どもらしさから離れた生活は、子どもの心身の成長に影響を与え、子どもたちはもちろん、大人にも大きなストレスを与えています。

◆「保養」とは?

心援隊の行っている支援のひとつに、『疎開・保養プロジェクト』があります。
長期休みを利用して、被ばくを心配する親子に一週間ほど大阪に滞在していただきます。

心援隊の『疎開・保養プロジェクト』開催の狙いは大きく分けて2つあります。

○その1 子どもたちの体力・免疫力アップと精神的なストレスの解消

外で遊ぶ時間が少なくなることで、運動量が減り、体力や免疫力が低下しやすくなります。
体力や免疫力が低下すると、運動神経が悪くなったり、風邪をひきやすくなったり病気が治りにくくなったりする可能性があります。
また、外で遊べないということは、子どもたちの健康だけでなく心にも影響を与えてしまいます。
ストレスをうまく発散することができず、感情のコントロールが難しくなってしまったり、親の気持ちを察して、自分の気持ちを言葉に出せなくなってしまう子どもたちもいます。
被ばくの心配のない場所で思いきり外遊びをすることによって、子どもたちの心身の健康状態が良くなることが期待できます。

○その2 親御さんたちの精神的なストレス・不安と孤独の解消

子どもたちの外遊びを制限しなければいけないことで、親御さんたちもストレスを抱えてしまいます。
子どもたちに思う存分好きなスポーツをさせてあげたい、一緒に砂遊びをしたい・・・それをさせてあげられないことで、自分を責めてしまっている親御さんもいます。
保養中は家事をする必要はほとんどありません。親子で外遊びをして、我が子の本来の子どもらしい姿を見ることで、大人たちの気持ちも楽になります。
また、未だに緊急事態宣言が出たままの状況で、子どもたちの健康や将来には不安や心配事が尽きません。しかしそういったことを話せる環境がなかったり、周囲の理解を得られないことで、不安の中で孤立してしまうことも少なくありません。
同じ思いをしている保養参加者や、関西に移住した家族(先輩移住者)、そして支援者とつながることによって、不安や悩みを分かち合い、孤独ではないということを伝えることができます。
そして、心身ともにリラックスできる場所で、子どもたちの未来を守るためにどのようなことができるのかを一緒に考えることができます。

 

◆『夏休み 疎開・保養プロジェクト』詳細

○実施期間
2016年7月26日(火)~8月1日(月) 
※6/20申込締切

○募集
3家族程度

○募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族

○開催プログラム
・歓迎イベント・外遊び・遠足・たこ焼きパーティー・畑での収穫体験・支援者や移住ファミリーとの交流会・避難相談、移住相談 他
※すべて予定です。参加者の人数や年齢、その他都合により変更になることもあります

プロジェクトの様子は、心援隊ブログ等で毎日公開予定です!

ブログ
Facebookページ
twitter

◆これまでの『疎開・保養プロジェクト』

これまで15回『疎開・保養プロジェクト』を開催し、延べ61組190名(大人73名、子ども117名)の東北・関東の家族をお迎えしました。
放射線量の比較的高い場所で暮らしている子どもたちは、全員ではありませんが、目の下にクマがあったり、アレルギーや喉の不調など様々な問題を抱えていました。
『疎開・保養プロジェクト』中、思いきり外で遊びしっかり食事を摂ることで、顔色が良くなったり症状が改善した、情緒不安定だと言われていた子どもが落ち着きを取り戻したなど、目に見えるような変化もありました。
そして、外で遊んでいる子どもたちの姿を見て涙ぐんだり、一緒になって笑顔で走り回る親御さんたちもたくさんおられました。
また、周囲の被ばくに対する意識の違いから、孤独に悩んでいた親御さんたちが、日頃の思いを吐露し、共感し合い、移住者や支援者の関わりの中で、移住や母子避難など子どもたちの未来に関わる選択をされたり、今後何に意識を向けて子どもを守っていくかを改めて考える方もおられました。


◆参加者からの手紙(一部抜粋)

毎回参加者さんから手紙が届きます。子どもたちが一生懸命書いた手紙やかわいい絵、親御さんたちの決意の言葉に、思わず顔がほころぶことがたびたびあります。

○子どもたちから

『畑での農業体験では、とてもいい経験になりました。特に、「オクラ」は上に向かってできる事を知ったし、「ミニトマト」は、その場で食べてみて、とても美味しかったです。
福島ではできない体験ができて楽しかったです。
心援隊のみなさんと一しょに作った思いでは、かならずたいせつにします。』

『まつぼっくりひろったり たのしかったです。』

『保養の間は、とてもお世話になりました。また大阪に行きたいです。』

『このプロジェクトでは、「ピザ作り」がとてもうれしかったです。家で作るピザとはちがい、石窯で焼くのはうれしかったです。また、流しそうめんはとても楽しかったです。自分で収かくしたなすを天ぷらに調理してもらい食べるのは最高においしかったです。
このプロジェクトは、色々な人のおかげで保養が成り立っていることを知り、改めて参加できた事とたくさんの出会いにありがとうの気持ちでいっぱいです。
そして友達が出来たことがとてもうれしいです。』

○親御さんたちから

『息子がまだお腹にいた頃は、「たくさん外あそびしてもらいたい。一緒に公園に行って、大きくなったら野球をさせて。おいしいものをたくさん食べさせてあげよう!」と理想と希望がたくさんあったのに、実際今は「外であそばないで!土をさわらないで!給食は残しなさい!魚は食べちゃだめ!」と、そんなことばかり言っている自分に嫌気がさし、こんなはずじゃなかったのに…と思うこともありましたが、この5日間は気兼ねなく外遊びすることができました。
木をさわっても、服を土で汚しても、安心して見守っていられました。汚染を気にせず土や葉をさわり、かけまわり、きれいな空気を吸い、安全な水を飲み、おいしい野菜を食べ、生き生きと過ごす子供達の姿を見て、当たり前のことが当たり前にできることの素晴らしさを改めて感じました。』

『福島での生活は「あきらめ」に近い心境でしたが、心は軽くなり、4か月続いていた喉の痛みはすっかり治り、子供達の咳も良くなりました。
あの後、母が手術を東京で行うことになり、まだ福島に帰っておりません。手術は成功しました。家には帰りたいですが、福島に向かうのは心が重くなり、複雑な気持ちになります。
正直、今、私は子供の寝顔を見て、苦しくて泣いています。
今後、ベストな選択が出来る様にがんばりたいです。』

『初めてのことで不安もありましたが、ゆったりと過ごすことができました。
息子は初めてのことばかりでしたが、とても楽しそうでした。帰ってきてからも、「ピザ食べたいー」と言ったり、ありがとうカウンターの絵本は毎晩読むほど気に入りました。
地元では1人でもやもや悩んでいたことが、皆さん同じように感じられていて、自分だけじゃないんだなと思えたことが、とても大きなことでした。
また、移住されたスタッフの方が、皆さんいきいきしていて、とても素敵だなと思いました。
主人とも沢山話をして、まだまとまってはいませんが、良い方向へ進みたいなと思います。』

『一週間とても心休まる時間をいただきました。そして、スタッフの皆さんの元気パワーを頂き、私も娘も、心の底から笑顔でいることができました。
公園では花をつんだり、松ぼっくりをとったり、躊躇することなく子どもを遊ばせられることは、言葉にできないほど幸せな気持ちです。
私の中では、まだまだクリアにしていかなければならないこともあり、直ぐに決断はできないけれども、諦めていたものを、また考え直す機会が与えられたことは、とてもよかったと思っております。
私の中の意識改革もでき、いろいろなアドバイスをいただき、有り難く思っています。』

『お陰様で子どもたちを久しぶりにお外へ連れ出すことができました。娘とお外でお散歩するのは、数えることができるくらい少なく、本当に久しぶりでした。そして息子が砂いじりをしていても注意せずに済むことで、息子も私も解放された気分になりました。
今回、同じ参加者の方や大阪に避難された方など、放射能を気にされている方々の話を聞けて良かったです。放射能のことはタブーで誰にも相談できず、ずっと心の中に留めていたので、あんなにオープンに話し合うことができ、私自身、気持ちがとても軽くなりました。
これから今年一年間は、移住に向けて夫婦で協力し、子どもたちを守っていきたいと思います。もし、ご縁があり大阪へ行くことになりましたら、私もボランティアに参加させてください。』

 

◆支援していただききたいこと

2016年7月26日(火)~8月1日(月)、6泊7日のプロジェクトでは、3組(予定)のご家族に大阪府内の施設に宿泊していただき、様々な保養プログラムに参加していただきます。
被ばくの不安のない場所で過ごし、安心・安全な食事をしっかりとり、親子一緒にリラックスした時間を過ごすことで、大人も子どもも心身ともに健康になれること、
そして落ち着ける環境の中、親御さんたちが未来への選択について考えられることのできるプロジェクトを開催するため、現在準備を進めています。

このプロジェクトを行うにあたって、子どもたちが大阪で過ごすためにかかる費用は、宿泊費・食費・交通費・イベント等プログラム参加費でおよそ8万円程度と予想されます。(送料等間接的な費用は除きます)
この3組のご家族のうち、3人分の子どもたちの費用を支援していただけたらと思っています!

 

◆リターンについて

パトロンになってくださったすべての方に、お礼状、報告書(PDF)、オリジナルポストカード、募金証明書を送らせていただきます!

 
☆ありがとうカウンター・・・5000円のリターン

「ありがとうカウンター」とは、日常のありがとうに目を向け、感謝の気持ちを育み、人生のすばらしさを満喫しようという、夢をかなえるグッズです。
「ありがとう」の気持ちを忘れないために「ありがとう」という言葉を声に出し、これを楽しんでいるうちに、日頃あたりまえだと思っていたことにも改めて感謝の気持ちが芽生えてきて、日々、明るく、たのしく、気持ちよく過ごせるようになります。
一説によると、「ありがとう」を1万回言うごとに大きな幸せが押し寄せ、100万回言えば夢がかなうと言われています。

※ありがとうカウンター
http://arigatou-counter.com/

☆子どもたちが絵を描いたエコバッグ・・・10000円以上のリターン

プロジェクトに参加した子どもたちが、「ありがとう」の思いを込めて絵を描いた、世界に一つだけのエコバッグです。
ちびっこ画伯の個性が光ります!
どんなエコバッグが届くかはお楽しみに!

※一例です。お届けするものとは異なります。

☆田中優著『放射能下の日本で暮らすには? ─食の安全対策から、がれき処理問題まで』・・・30000円のリターン

3.11後、空気も水も食べ物ももはや安全ではなくなってしまった今、私たちは、何を食べ、どう暮らせばいいのか?今、できることは何か?後悔しないために。
原発の危険性を長く訴えてきた著者渾身の、原発事故後を生きるための必読書です!

※田中優の持続する志
http://www.tanakayu.com/

☆お母さん路上詩人chai 書き下ろし・・・50000円のリターン

心援隊ポストカードの絵・文字を書いてくださった、お母さん路上詩人chaiさんによる書き下ろし。
届けたメッセージは8年間で3万人以上(2015年時点)その多くの方が、涙の後笑顔になると好評です。
勇気と癒しの詩・書画で、あなたの背中を押すメッセージ届けます。
(書いてほしいお名前・屋号などをお知らせください)

 ※一例です。お届けするものとは異なります。

 ◆最後に・・・「とにかく子ども守りたいねん!!」

東日本大震災、そして原発事故から、6年目の夏を迎えようとしています。
この6年の間に状況は色々と変わり、原発事故はまるで収束したかのような雰囲気さえ感じられます。
ですが、現在も子どもたちの被ばくを心配に思い保養や移住の必要性を感じている親御さんたちが少なくないことも事実です。
当然のことではあるのですが、時間が経つにつれ、人々の意識からは原発事故のことは薄れていき、寄付も少なくなってきています…

それでもやっぱり、心援隊の思いは一つ。

「とにかく子ども守りたいねん!!」

この思いを胸に、今年も、子どもたちと親御さんの笑顔を思い浮かべながら、一生懸命企画しております!
子どもたちが元気いっぱいの夏休みを過ごせるように、ご支援・ご協力をお願いいたします!