Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

スポーツで団結!カンボジアの小学校で、笑顔の絶えない運動会を開きたい!

現在の支援総額
302,000円
パトロン数
31人
募集終了まで残り
終了

現在100%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2016/07/29 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2016-06-14に募集を開始し、31人の支援により302,000円の資金を集め、2016-07-29に募集を終了しました

カンボジアの小学校で、400人の生徒たちと一緒に運動会を開催したい! 運動会というイベントは、仲間と協力することを通じて責任感や思いやりを学べる大事な機会だと私たちは考えます。 体育教育が普及していないカンボジアで、団結する楽しさを感じてほしいという思いで開催します!

▼運動会を通して、子供たちの輝く笑顔を創る。

SeedA ~体育教育の普及に貢献し、子供達の未来と笑顔を創る~ホームページ:http://cambodiasportsday.wix.com/seedaproject

 

初めまして、SeedAプロジェクト代表の飛矢智希(ひやともき)と申します。

カンボジアの小学校で、この夏に運動会を開催することになりました。
この運動会にかける想い、運動会の詳細について説明させていただきます!

▼スポーツを通して、団結を

私は大学1年の夏にカンボジアでボランティア活動を行い、6週間現地の小学校で英語教育に携わっていました。
英語教育のみならず学校全体の運営を見る中で、カンボジアの初等教育における体育教育の不足を感じました。

カンボジアでは2009年より体育教育がカリキュラム化されましたが、道具や資金の不足など、様々な弊害があるため、実現されていないのが現状です。

私の教えていた生徒達は、学校においてスポーツをすることがなく、皆で一つの目標に向かって協力する機会が少なかったのです。

日本に帰国し自分に何ができるか考えた結果、お世話になった学校で運動会を開きたいと思いました。

▼運動会で成し遂げたい最終目標

SeedAは、カンボジアでの運動会の開催を通して、「カンボジアでの体育教育の普及」を成し遂げることを最終目標にしています。

2009年にカリキュラム化されたものの未達成に終わっている体育教育。その原因には「体育を実施するに足りる環境(グラウンド・体育備品)の不足」と「子供達や関係者(両親・先生・政府の人々)の体育教育に対しての認識不足」が挙げられます。運動会は、その原因の解決策になりうる、日本の伝統ある学校行事です。

①運動会の実施により、子供達に協調性・クラスでの団結を深めると共に、学校で体育をすることへの興味や楽しみを増大させる

②運動会での観客として、両親・先生・政府関係者の方々を招待し、子供達が運動会で生き生きと活動している様子を見てもらうことにより、これらの人々の学校体育への関心を増大させる。

③将来につながる、継続的な運動会を実施し、それぞれで収益を上げることで、その収益を必要な環境の整備(グラウンドの聖地・バレーボールやマットなど備品の提供)に充てることで、体育教育の実施に必要でありながら不足している備品の提供に貢献する。

 

こうして、運動会の実施によりすべての人々の学校体育に関する関心を上げ、同時に体育教育を実施しうる環境の整備に貢献できれば、カンボジアでの学校体育の普及につながると私は信じています。

 そして、体育教育は「学校教育」それ自体の拡充にもつながっています。体育をする楽しみや、スポーツを通してクラスで協調し合うことによって形成される社会性。勉強だけでない、学校教育の可能性を秘めているのが体育教育です。カンボジアの未来の体育の普及のために、何年も続く運動会を実施をしていきます。

今年は、その第一歩としての運動会です。

 

 

▼運動会について

開催日:2016年8月20日(雨天時には、8月21日に延期)

場所:Janesana International Schoolのグラウンド

参加予定生徒数:414人(9歳から12歳)

運営人数:カンボジア側10名、日本側4名

 

▼運動会を開催する学校について

今回運動会を開催するJanesana International School がある地域は、もともと近くにまったく学校のない、教育の行き届かないスラム地域でした。そこに暮らす子供たちに教育を提供し、貧困の改善へ貢献しようと立ち上がったのが現在の学校です。

現在では、1000人以上の生徒を抱える大きな学校となっており、その学校を中心に周辺地域も活気を見せています。

創始者である現在の校長は、教育や貧困支援に対してひたすら熱い方で、大学教授として生活のための収入を得る傍ら、自らの学校を運営しています。

 
▼ご支援金の使い道

皆さまからいただいた資金は、運動会開催のための備品や景品の購入に使わせていただきます。

具体的には、綱引き用のロープやはちまき、参加賞用の景品などを購入する予定です。

また、購入した備品はすべてJanesana International Schoolに寄付します。

学校に体育備品があることで、生徒たちにより身近にスポーツを感じてもらいたいと思っています。

 

▼リターンについて

 ①生徒たちからの"THANK YOU"レター

運動会が終わったら、Janesana International Schoolの生徒みんなとお礼のお手紙を書かせていただきます。一人ひとりの気持ちを、ご支援くださった皆様にお届けします。

 

②活動報告書と活動の様子を撮った写真

活動報告とともに、運動会を楽しむ生徒たちの輝く笑顔をお届けします。

 

③運動会の当日のDVD

運動会の競技の様子、生徒たちの活動の様子を映像でお伝えします。

 

④Janesana International Schoolの公式ポロシャツ

運動会を開催する学校のロゴが入ったポロシャツを送らせていただきます。

 

⑤カンボジアのお土産

ささやかながら、カンボジアの雰囲気漂うお土産をお送りさせていただきます。

▼最後に

8月20日の運動会が、生徒たちにとってどんな一日になるのか私たちにもまだわかりません。

でも、子供たちにとって、そして我々にとってかけがえのない一日を創るため、スタッフ一同全力で頑張ってまいります!

 皆さまのご協力をどうぞお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください