2016/11/10 00:55

カンボジアで活動するNPO法人HEROの橋本博司さんたちとの協働で取組んでいるドリームライブラリープロジェクト。その第一弾として先日、カンボジアのルサイ村ににて図書館完成式に行ってきました。

 

しかし… まだ図書館のペンキ塗られてない、本棚組み立てられてない…みたいな感じで、完成式というより、完成させる式に…^_^; 

 

現地メンバーと協働して、なんとか子どもたちが使える状態になりました。(皆様のお名前入りプレートや本や本棚、壁へのメッセージ入れ、サンクスレターづくりなどはあらためて後日行う予定です。また出来次第報告アップしますので、少しお待ちくださいねm(_ _)m)

 

 

今回つくった図書館は、アンコールワットで有名な都市シェムリアップから車で1時間強のルサイ村にあるスマイリースクールという小学校に併設。この小学校は、パトロンの一人である高橋研さんが昨年主導してつくった小学校。私も昨年開校式に参加した懐かしい場所。まあ規模感は図書館というゆり図書室ですが、ドリームライブラリープロジェクトの第一歩なんとか踏み出せました。

 

村に到着すると、まあ人懐こい子どもたちが飛びつく飛びつく(笑) あっという間に2人3人が、抱っこにおんぶに、肩車。  さながら「動く木」と化していました

 

ペンキ塗り、プラス図書館の名前やイラスト描き、本棚づくり、本の設置(まず第一弾は約120冊)。炎天下の中みんなで黙々作業。子どもたちも一緒に^_^

 

出来上がるや否や、子どもたちは本に夢中に!!この時ばかりは抱っこおんぶ肩車からは解放されました(笑)

 

その後は、これまたパトロンのお一人日向さんによる手品や、私もちょこっと手品?&ワークショップなんかをしました。

 

ワークショップは、みんなに好きな絵を描いてもらい、それを一冊の本にするというもの。とっても絵が上手な子、文字をデコレーションして絵にする子、ほとんど描けない子、描けない子を一生懸命手伝う子、わたしに描いてとせがむ子いろいろです。

 

最初に練習も兼ねて忍者の絵をみんなで描いてみる時間のときに、あるグループは忍者はやだからと花を描いていたり(笑)

 

これまたみんなの個性が垣間見れて、楽しい時間になりました。

なかには、ほんとに上手い子もいて、この才能を伸ばして上げたいなと思ったりもしました。

 

また、今回私は個人的に印象に残った子がいました。わたしは彼に勝手に「芸術家」とあだ名をつけていたのですが、佇まいがまさにそんな感じ。思慮深げにいろいろ観察していたり、みんなが何かに夢中になっている時に別の部分に視点を向けていたり(と言っても決して自分勝手に振舞っているわけでなく)撮影のカメラに非常に興味を持っていたり、本棚づくりも職人さながら手伝ってくれたり、絵も上手。この子もまた将来楽しみな感じがしました。

 

この図書館が一つ出来たことで、子どもたちの人生が激変するものではないと思います。でも何かのきっかけにはなってほしい。少し先の未来に、彼ら彼女らがどんな風になっているのか会ってみたい。

 

これは、今回賛同してくださった皆さんがつくってくれた、「きっかけ」です。クラウドファンディングという仕組みを通し、また私やドリームライブラリープロジェクトのメンバーを通してつながったご縁が生み出した、可能性を拓く「扉」が生まれました。

 

出来うるならまた次の機会に、一緒に子どもたちに触れる体験をしてほしい。そんなことをすごく思っています。

 

これからこの1館目をさらにブラッシュアップし、第二弾、第三弾もまたつくっていきます。ぜひ末長く息長く関わって頂けたらとっても嬉しいです!!

 

あらためて、ありがとうございました!!!

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?