どこでもおフロ、できました。しごともくらしも、ぬかの力であたたかく。

現在の支援総額
1,199,811円
パトロン数
121人
募集終了まで残り
終了

現在119%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2018-12-05に募集を開始し、121人の支援により1,199,811円の資金を集め、2019-01-15に募集を終了しました

寒い季節、重宝するアイテムと言えばあったかグッズ。使い捨てだし、自宅で使うものだし、無難なものを選んでいる…なんてことはありませんか?お米農家とその仲間たちが米ぬかと毛布のような生地をかけ合わせて温熱ピローをアップデートしたら、オフィスにだって連れて行きたい冬のおとも『ヌカモフ』ができました。

ヌカモフ特設サイトオープン!

この度ヌカモフの特設ページができました。

冷えた身体にヌカモフを当てたときの「あ〜〜」と声が出てしまう感じ。おふろに浸かったときのあの感覚だ…

あの感覚を目でも味わっていただけるページになりました。ぜひご体感ください!

ヌカモフのご購入はもちろん、山燕庵杉原へのインタビューやチームヌカモフのメンバーの記事もこちらから。

商品を生んだ「人」のストーリーを知ると、同じものでも違って見えてくるからふしぎです。

そんなふしぎを感じてもらえたらチーム一同こんなに嬉しいことはありません。

今後の展開もお楽しみに。


FBメッセンジャーグループ「モフトーク」でもわいわいやっています。

みんなでつくるヌカモフの今後!参加はお気軽に。

70seeds@am-inc.co.jpにFacebookのアカウントをお知らせください。

お礼。追加生産のお知らせ&メディア掲載情報

■この度、「ヌカモフ」のクラウドファンディングが終了致しました。

おかげ様で、121人の方の協力を頂き、1,199,811円ものご支援を頂戴することができました。

本当にありがとうございました。


捨てるはずのもの、目立たないはずのものでも、組み合わせればこんな素敵な商品になる。

それを皆さんが応援して下さったことが、本当に嬉しく思います。

商流を見ても、商品を体感しても、みんなが優しい気持ちになれる。

その事こそが「ヌカモフ」の強い商品ブランドになると信じています。


現在、ヌカモフを順次出荷する準備を行っている最中です。

到着まで、今しばらくお待ちくださいませ。


今後は、ヌカモフをより皆さんの手に取りやすい商品に昇華すべく、

チーム一同邁進する予定です。

今後とも何卒応援のほどよろしくお願いいたします。



■クラウドファンディング期間中に間に合わなかった、という声にお応えし、限定数の追加生産を行うことになりました。

こちらのページからご予約受け付けております。。

アイピロー:https://store.70seeds.jp/items/16610553

ザブトン:https://store.70seeds.jp/items/16612380

ショルダー:https://store.70seeds.jp/items/16612431



■メディア掲載情報

1月22日(火)16:50~ふくしまスーパーJチャンネルhttps://www.kfb.co.jp/tv/jch/

山燕庵 代表杉原が出演します。

メディア掲載情報

福島県鮫川村の米ぬかでつくる「使い捨てない」カイロ アパレルメーカーとコラボ

2019.01.11 ラジオFM FUJI「GOOD DAY」Colorful 5コーナーに山燕庵代表杉原が出演しました。

2019.01.07 @DIMEで紹介されました。

2019.01.06 ラジオJ-WAVE「SUNRISE FUNRISE」CRAFT MARKETコーナーに山燕庵代表杉原が、
SWITCH FOR 2021コーナーにヘラルボニー代表松田が出演しました。

2018.12.25 モノ・マガジンfacebookページで紹介されました。



【ヌカモフQ&A vol.1】米ぬかってタダじゃないの?

プロジェクトを開始して以来、よくいただく声があります。
「お値段が…」「米ぬかは捨てられるものだからタダなのでは?」
確かに、市販の使い捨てあったかグッズなどと比べると値が張ると感じられるかもしれません。


そこで、ぬかの背景についてお話しさせてください。
少しでもみなさんの疑問にお答えできれば、うれしく思います。


お米は収穫した後、さまざまな工程を経て、玄米を白米にする精米を行います。
このときに削り取られるのがぬかです。


さて、例えば玄米30kgを精米すると、どれくらいのぬかが削り取られると思いますか?


約4kgです。


これだけたくさんのぬかができるのに、需要が少ないため、多くが廃棄されてしまいます。
でも、取り除かれてしまうぬかだって、僕たちが大切に育てたことに代わりはないのです。


「これまでは邪魔者同然だったけれど、本当は価値を持っているはず」
そんな想いを込めて、僕たちは「ぬか本来の価値」を原価として考え、お米をつくる方々へ還元できるように価格を設定することに決めました。


ぜひあなたもヌカモフと一緒に、この新しい価値をつくっていきませんか?


凍える渋谷の真ん中で「あったか〜い」体験、広がってます。

12月14〜16日渋谷ストリームで行われた『渋南マーケット』に出店しました。

クラウドファンディング を見て興味を持ち実際に来てくださったみなさま、遠方から会いに来て応援してくださったみなさま、通りすがりで足を止めてくださったみなさま、本当にありがとうございました!

なにこれ?ヌカモフ?と近寄ってきてくださった方に ぽかぽかのサンプルをお渡しすると、どんな性別、年代の方でも「あったか〜い」と顔がほころぶのが印象的でした。

「ペット用にもいいね。電気だと発火とか低温やけどが怖いんだよね。」というお声をいただいたり、

「入院している人へ贈るにはどのサイズがいいかしら?」とご相談を受けて、

「ザブトンがおすすめです。おふとんの中を暖めてあげるといいと思います。」とお伝えしたところ満足そうにしてくださる場面もありました。

あたたかいヌカモフを挟んでのコミュニケーションは開発チームも本当に幸せで、

人と人とのあいだにヌカモフがあると笑顔が生まれると確信した体験会でした。


クラウドファンディング 中は70seedsオフィス(門前仲町駅徒歩5分)など、常時どこかで体験できるようにしております。

オフィスやイベントに出張にも伺いますので、クラウドファンディング ページからお気軽にご連絡くださいね。

みなさまあたたかい冬をお過ごしください。