Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!

現在の支援総額
2,617,500円
パトロン数
327人
募集終了まで残り
終了

現在109%/ 目標金額2,400,000円

このプロジェクトは、2019-10-04に募集を開始し、327人の支援により2,617,500円の資金を集め、2019-12-03に募集を終了しました

双子妊娠がわかったとき、喜びよりも、「これからどうしよう・・・」と不安しかありませんでした。あのとき欲していたのは「こうしていけば大丈夫そうだ!」という情報でした。これから双子を妊娠、出産、育てていく仲間に向けて、この社会に双子家庭のための一冊を残したい。すべての双子家庭が幸せでいられますように。

双子を授かってから、「実は私も双子なんですよ」と教えていただけることが増えました。全員とても大切な先輩でメンターでアドバイザーです。

初めて会うとき、「双子ですか?」と聞くことないですよね。同じく聞かれることもありません。少なくとも僕は「双子ですか?」と聞かれた経験がありません。

しかし、双子の父親になってから、「実は私も双子なんですよ」と教えていただけることが増えました。

家族留学という新しい価値を創出し、<家族をひろげ、一人一人を幸せに>のために活動される株式会社manma(マンマ)の創業者である新居 日南恵さんもそのおひとりでした。

NEWSPICKSの公開収録で初めてご一緒したとき、楽屋裏で打ち合わせ、出待ちをしているとき、双子の話になって、新居さんが双子であることを教えてくれました。

ウチの双子はまだ4歳ですが、これから先、双子であることでよいこと、つらいこと、さまざまな感情が育まれるのだと思いますが、親としてどのようなことが想定されるのかまったくわかりません。双子じゃないですし。

そんなとき、新居さんのような存在は、双子の大切な先輩で、親としての僕にとっては貴重なメンターでアドバイザーです。いつか双子が双子であることに悩んだり、すっごく楽しんだり、そういうことをいま以上にできるようになったとき、新居さんや双子であった方々と一緒に食事ができたら、本当に素晴らしい機会になるだろうなと思っています!!

「片割れと呼ばれる切なさ」「忘れ物を届けてくれる安心感」といった、一つひとつの体験談は、僕にとって宝物のような言葉です。


▶双子の子育てについて書籍にまとめて残していくための協力を募っています。こちらのクラウドファンディングサイトに想いを綴っておりますので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです!

▶AllorNothing方式を採用しており、目標金額に達成できなかった場合はプロジェクトは失敗で、全額皆様に返金されます。

▶応援者148名
▶目標金額の42%
▶残り25日

双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!|GoodMorning(グッドモーニング)