Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!

現在の支援総額
2,617,500円
パトロン数
327人
募集終了まで残り
終了

現在109%/ 目標金額2,400,000円

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2019/12/03 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2019-10-04に募集を開始し、327人の支援により2,617,500円の資金を集め、2019-12-03に募集を終了しました

双子妊娠がわかったとき、喜びよりも、「これからどうしよう・・・」と不安しかありませんでした。あのとき欲していたのは「こうしていけば大丈夫そうだ!」という情報でした。これから双子を妊娠、出産、育てていく仲間に向けて、この社会に双子家庭のための一冊を残したい。すべての双子家庭が幸せでいられますように。

【進捗報告】イラストレーターさんが決まりました!(パトロン限定公開)

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

「特別でない世界」と「世界が特別になる」ことの間をつなぐことが、この本の役割かなと思っています。

12月3日23:59分を持って、「双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!」のためのクラウドファンディング期間が終了します。直接的なご支援のみならず、情報を関心がありそうな方々や双子・多胎家庭の方々などに届けていただくなど、...

目標金額達成の御礼とまだ頑張りたいこと

たくさんの応援と、多くの方々のサポートにより、終了期間まで4日を残して目標金額を達成することができました。それにより、「双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊」の制作に向けて動き出すことができるようになりました。本プロジェクトを支えて...

クラウドファンディングで資金を募るのに双子の顔写真を一切出さない理由について

友人や知人と遊ぶとき、子どもたちを連れて行くと「彼らか!遂に出会えた」「こういう感じの子どもたちなのね」という言葉をいただきます。僕は子どもたちの顔写真をSNSで出すことがないため、文章として読んでくださったり、後ろ姿や足(草履)の写...

申し訳ありません。応援してくださった方が誰なのかほとんどわかっていません。

双子本を作りたい、そう思ってこのチャレンジを始めました。そして遂に一週間を切り、残り6日となりました。ここまでさまざまな形でサポートしてくださったり、応援してくださったり、本当にありがとうございます。11月25日は「いいふたごの日」だ...