Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!

現在の支援総額
2,617,500円
パトロン数
327人
募集終了まで残り
終了

現在109%/ 目標金額2,400,000円

このプロジェクトは、2019-10-04に募集を開始し、327人の支援により2,617,500円の資金を集め、2019-12-03に募集を終了しました

双子妊娠がわかったとき、喜びよりも、「これからどうしよう・・・」と不安しかありませんでした。あのとき欲していたのは「こうしていけば大丈夫そうだ!」という情報でした。これから双子を妊娠、出産、育てていく仲間に向けて、この社会に双子家庭のための一冊を残したい。すべての双子家庭が幸せでいられますように。

双子の父親になって、周囲に双子パパの知り合いもいなくて、そんなときに勝手に心の拠り所にしていた唯一無二の双子パパによるウェブサイト

突然、自分のところに双子が生まれるとわかったら、しばらく呆然として、そして「これからどうなるんだ、どうしていくんだ」となります。

そして、数少ない書籍を読み漁り、ネット上の情報を探します。まとめてあたることもあれば、ちょくちょくスマホで検索してみたりします。

それでも周囲に双子を育てている知人も、同じパパという友人もいません。家族や友人に恵まれていながらも、どこか孤独感もあったとき、心のよりどころにしていたのが「I Love Twins!!」というサイトで、「Yuichi」という管理人さんでした。

あぁ、同じ双子のパパで、先輩で、このように情報発信してくれるのはありがたいなと思ってました。ときおりのぞいては、読んでいました。

ただ、「Yuichi」さんという双子のパパは、直接の知り合いでもないですし、いきなり見知らぬひとに連絡をするタイプでもなく、ましては仕事でもないプライベートなことなので、ただ眺めているだけでした。

そうしたら、同じく先輩双子ママで、「ふたごじてんしゃ社」の中原さんが東京に来られるということで、食事をしましょうとなり、新宿でご飯を食べていました。すると、そこに現れたのが「Yuichi」さんでした。

気さくで優しく、そして面白い。双子パパ二人と、双子ママの三人で、いろいろ話をしながら、こういう形で出会えたということに喜びを感じてました。

今回、クラウドファンディングに挑戦するにあたって、協力をお願いできませんかと改めてメッセージを送ったところ、SNSでの情報拡散、すぐに応援、そしてさまざまな協力をしてくださり、メッセージボードもいただきました!!

「双子パパだからできることがある!」

そんな言葉をいただき、偶然にも双子を授かった父親として、やはりできることをやりたい。これから双子子育てをする仲間に、「双子パパ」としてできることをしていきたい。そう思いました!

▶双子の子育てについて書籍にまとめて残していくための協力を募っています。こちらのクラウドファンディングサイトに想いを綴っておりますので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです!

▶AllorNothing方式を採用しており、目標金額に達成できなかった場合はプロジェクトは失敗で、全額皆様に返金されます。

▶応援者147名
▶目標金額の42%
▶残り26日

双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!|GoodMorning(グッドモーニング)