Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

まもろうPROJECT ユキヒョウ #2.インド編「人とユキヒョウの共存」

現在の支援総額
1,685,350円
パトロン数
245人
募集終了まで残り
終了

現在112%/ 目標金額1,500,000円

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2015/12/16 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2015-10-02に募集を開始し、245人の支援により1,685,350円の資金を集め、2015-12-16に募集を終了しました

モンゴルに続き、新しい国・生息地で保全プロジェクトを実施することを決意しました!その場所は、インドのラダック地方。今回は、ここに生息するユキヒョウたちを絶滅の危機から守ります。

ラダック記録vol.9~ユキヒョウの獲物たち~

今回は、ユキヒョウのご飯になる動植物を紹介します!

 

ホームステイ先の部屋にはストーブがあるのですが、

ここでは拾ってきた材木を燃やして暖をとります。

その枝のひとつ、赤紫色の硬くて細い枝があるのですが、

このMyricariaという植物、どうやら、野生のユキヒョウが食べているそうです。

ユキヒョウにとっては、猫草のようなものでしょうか?胸焼け止め??消化促進剤???

なぜ食べているのかは定かではありませんが、

日本の動物園にいるユキヒョウも、個体によっては、

たまに枝をムシャムシャ食べることがあるそうです!飼育担当の方から聞きました^^

 

この写真は、山の中を歩いていた時に発見したユキヒョウの糞。

Myricariaらしき繊維が含まれていました!やっぱり食べていますね。

 

他にも、朝、ホームステイ先の部屋を出ると、そこにはアイベックスの群れが!

彼らもまたユキヒョウの餌になる動物です。

 

こちらはアイベックスの死骸。

タクマチク(Takmachik)という街の近くにある山を歩いている時に発見しました。

ほとんど毛皮状態だったので、食べ終えた後だと思われます。

ユキヒョウがどのように仕留めたのかは見ていないので分かりませんが、

谷に落ちていたことから、崖を利用して、上から落としたのかもしれません。

 

また、この山には、尾根線上にウリアルという草食動物もたくさんいました。

彼らもまた、ユキヒョウの獲物になる動物たちです。

 

そして、家畜。

この山の麓にある街でもユキヒョウに襲われた情報がありました。

ラダックにいると、日常茶飯事のようにそういった情報が入ってきます。

こんなにもたくさんの獲物がいるのに、どうして家畜を襲ってしまうのでしょう、、、

身の危険を犯してまで家畜を襲うのには、相当な理由があるはずです。

その原因を解明することも、大切な保全活動のひとつ。

私たちも尽力していきたいと思います。

 

つづく。