2021/09/11 10:09
まもなく支援物資配布が完了いたします。

こんにちは。事務局の渡辺です。

ミャンマー現地ではコロナ感染拡大、弾圧の激化など厳しい状況ですが、地道に活動を続け、まもなく皆様からいただいたご支援による物資配布が完了いたします。

活動の総まとめのご報告なども準備を進めておりますので、今しばらくお待ちいただければと存じます。

姉妹クラウドファンディングのご紹介

本日は皆様に姉妹クラウドファンディングのご紹介をさせていただければと思い、筆を取らせていただきました。どなた様も無料で、ミャンマーの文化・芸術をオンラインでご覧いただける企画です。


ミャンマーの文化・芸術を紹介するイベントを実施することで、その素晴らしさを伝え、ミャンマーに気持ちを寄せる仲間を増やしたいと立ち上げました。私たちも運営メンバーも微力ながらお手伝いをさせていただいており、先週の土日もまさに、ミャンマー伝統楽器サインワインの演奏収録などの演奏撮影のため、音楽ホールに足を運んでおりました。

こちらはサインワインの装飾。美しい楽器です。
楽器を作ってくれる方がいて、演奏してくれる方が
いて、そして聴いてくれる方がいて初めてその楽器は存在するのだと身に沁みる今日この頃です。

ミャンマーの文化芸術の炎を絶やすな!ミャンマーを応援!

コロナとクーデターによって大きな困難の中にあるミャンマーを文化・芸術の側面から応援するイベント【Pwal! Pwal! Pwal! (ポエ! ポエ! ポエ!)-Stay with Myanmar】を企画しましたが、コロナの急拡大によって有観客イベントは中止せざるを得なくなってしまいました。しかし、中止決定の段階で会場のキャンセル料は100%の支払い義務があったため、同会場を活用したオンライン配信・展示に実施方法を変更いたしました。

そして「ミャンマーに気持ちを寄せる仲間を増やしたい」という目的に立ち返り、全コンテンツを無料でお届けすることに決定いたしました!

また、ミャンマーには「アルー」という文化があります。音楽や料理を無料で振る舞い、良い時を過ごすしてもらい、功徳を積むというものです。今回はこの稀有な文化を見習ってミャンマーの文化・芸術を”無料”で配信し、「出来るだけ大勢に届け、出来るだけ大勢に興味を持ってもらい、出来るだけ大勢で応援する」ことを実現したいと思っています。

当初見込んでいたチケット代金での収益は無くなりましたが、クラウドファンディングを活用し制作費を集めたいと思っています。制作費を上回る支援が集まれば、現地の芸術家の新規作品の制作費に活用したいと考えています。

※タイトル「Pwal! Pwal! Pwal!」は、ポエ!ポエ!ポエ!と読み、祭り!祭り!祭り!の意。”困難に打ち勝つ祭り”、”元気が出る祭り”、”皆んなで楽しむ祭り”という三つの意味が込められています。

運営メンバーからのメッセージ

とにかくご飯を食べることや、医療が最優先とされる状況の今。ミャンマーで文化・芸術に関わる方々は、大事な楽器や道具をお米や酸素ボンベに変えるため手放したり、職を変えたりしています。出演している方々はそういったミャンマーの仲間たちの状況に心を痛め、力になろうと集まってくれた仲間たちです。私たちもPwal! Pwal! Pwal!の実施目的に共感し、微力ながらマンパワーと各個人からの寄付でお手伝いをさせていただいております。

また、ご支援者の皆様におかれましても、コロナ禍の今、誰一人として「不安なく暮らせている方」はいらっしゃらないと思っております。つきましてはこの配信をご自宅などでご覧いただき、皆様の心の栄養になることができたら嬉しいなと思います。

コンテンツは本当にどれも素敵です!エネルギッシュなセッションもあり、癒しの歌声もあり。コミカルなダンスや貴重な伝統楽器の演奏など、盛りだくさんです!演奏だけでなく、わかりやすく楽しいミャンマー古典音楽の解説もありますので「何だかよくわからなかった」では終わらせません。

写真や絵画につきましても「ニュースで放映されているクーデター下のミャンマー」を見た方は多くても、コロナ禍でもクーデター下でもなかったミャンマーを見る機会はあまり多くないのではと思います。ぜひ、本来のミャンマーの日常や景色をお写真や絵画でご覧いただければと思います。こちらはすでにホームページからご覧いただけるようになっております。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
Pwal! Pwal! Pwal!-Stay with Myanmar

▼そもそもリターンの商品がどれも非常に魅力的です!
 ミャンマー料理のレシピや、貴重な音楽、映像などの特典です。
   クラウドファンディングページ
▼ホームページでは参加アーティストの詳細などもご覧いただけます。
   ホームページ
▼SNSではミャンマーの文化芸術のアレコレやリハの様子など発信しております!
   FBページ
   Twitter

ーーーーーーーーーーーーーーーー

長文をお読みいただき、ありがとうございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?