2021/12/16 08:00

大日本弓馬会の2回目のクラウドファンディングも、目標額を達成し、昨日無事に終了いたしました。

御支援いただいた皆様まことにありがとうございました。


流鏑馬は、よく調教された馬、既に製法が絶えた和式馬具、会場となる馬場、よく訓練された射手の全てが揃わなければ行うことができません。

その中でも、最も準備に時間がかかるのが射手の育成です。

そして、射手の育成に必要不可欠なのが、稽古場です。

この稽古場に不可欠なのは、当然ながら流鏑馬用の馬場ですが、稽古に専念しやすくするための環境整備も欠かせません。


このたびのクラウドファンディングでは、この稽古場の環境整備のための付帯設備について、皆様に御支援をお願いしたものです。

おかげさまで、更衣室、散水用水道設備、馬の日除けといった設備を設けることができ、より一層、素晴らしい稽古環境を整えることができるようになりました。

更に腕を磨けること間違いありません。


もっとも、馬、馬具、馬場、射手、稽古場、と流鏑馬に必要な要素は枚挙に暇がありませんが、これらの維持管理には、いずれも大変な労力と資金が必要であり、大日本弓馬会のような小さな公益法人単独では、対応し切れるものではありません。


そのため、大日本弓馬会では、流鏑馬の実践、動画の作成・公開などを通じて、流鏑馬の魅力を国内外に広く発信し、この素晴らしい伝統文化を後世まで維持継承するという、大きな意思のうねりを作り出したいと考えております。


このたび御支援いただいた方々は、その御意思をお持ちになり、流鏑馬の維持保存という、力強いうねりに御参加くださったこととなります。

流鏑馬の維持継承という重要な使命の支援者となってくださったのです。


どうぞ皆様、御自身が支援した大日本弓馬会の流鏑馬がどのようなものであるか、そして、今後どのような経緯をたどってより高みに向かっていくのか、温かくも厳しく御覧になっていてください。

皆様に御支援いただいた、この鎌倉教場から、近い将来、次世代の担い手が誕生し、流鏑馬が永遠に継承される礎となってくれることでしょう。


大日本弓馬会は、皆様の御期待と叱咤激励に全てお応えすべく、全身全霊を傾けて流鏑馬の維持継承に取り組んでいく所存でございます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


公益社団法人大日本弓馬会

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?