2022/06/04 20:39

みなさま

こんにちは。

カナリア・ネットワーク全国連続講座のご案内をさせていただきます。

すでに、会員登録がお済みの方には、一斉メールでのご案内をお送りしました。

重ねてのお知らせで失礼します。

脳科学に学ぶ「化学物質過敏症」全6回連続講座

講座:体と心になにが起こっているのか?
講師:脳神経学者:山口和彦
+
体と心の相談室:こんなとき、どうする?
アドバイザー:精神神経科医・石川憲彦+脳神経学者&山口和彦

香害被害や化学物質過敏症は「原因不明」「科学的根拠がない」といった理由で、
頼れる医師や相談者がいないことも大きな悩みです。
専門医と呼ばれる先生たちは全国で数名。
近隣の医療機関では症状に耳を傾けることなく「精神症状」「詐病」などと言われる人も多いのです。

度重なる医師とのバトルから、現代医療に不信感をもってしまう人も少なくありません。
しかし、医療や科学的な診断は大切ですし、予後にとっても影響が大きいです。

発症者の症状や苦悩を真摯に受けとめてくださる専門家お二人の講座と相談室を
全6回でお届けします。

発症者も自身の症状や対策に科学的な視点をもって向き合うことで、
寛解に近い状態を保っていくことができるよう、
親身にアドバイスをするサポーターとともに、
日々の暮らし、体や心の変化について学びを深める120分です。

日時:2022年6月〜11月の第4水曜の 

   ①AM10:00〜10:45 講座 講師:山口和彦
   ②AM10:45〜11:00 質疑応答
   休憩 5分
   ③AM11:05〜12:00 相談室 アドバイザー:石川憲彦、山口和彦

参加費:①②全6コース 3,000円(分割チケットはありません。ご都合がつかない講座は後日YouTubeにて限定公開いたします)

参加ご希望の方はこちらからチケットをご購入ください

↓↓↓

https://can20220622.peatix.com/view

講座のテーマ:

1. 「化学感覚」と「進化」について
2022年6月22日(水)

2. 「嗅覚、味覚」のメカニズム
2022年7月20日(水)

3. 「痛覚」のメカニズム
2022年8月24日(水)

4. 「受容体イオンチャネル」とはなにか?
2022年9月21日(水)

5. 「炎症」はなぜ起こるのか?
2022年10月19日(水)

6. 化学物質過敏症に脳科学で迫れること
2022年11月23日(水祝)

ご参加にあたって:

①「体と心のご相談」は
各講座開催日の10日前までにいただいたご相談に基本的に順番にお答えします。

②ご相談は400字以内で、こちらのフォームでお送りください。体と心の相談フォーム
字数を大幅に超えたレポートは、お受けできないことがあります。

③ご相談者は、当日先生方からの補足質問にお答えいただける方に限ります。お顔やお声がNGの方は、チャットでもお受けします。

④会の終了後のご相談やご質問にはお答えできません。

⑤連続講座へのご質問は、講座の内容についてのみとさせて頂きます。

⑥講師のご体調などの理由により、日程など変更になる場合があります。

【プロフィール】
山口和彦(やまぐち・かずひこ)
1953年東京都生まれ。脳神経科学者。医学博士・理学博士。元理化学研究所・脳神経センター研究員。現国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 神経研究所・微細構造研究部 客員研究員。脳の神経回路、神経細胞の興奮性や受容体について研究を続けてきた。
石川憲彦(いしかわ・のりひこ)
1973年、東京大学医学部卒業。以後、東京大学医学部附属病院小児科、同精神神経科、マルタ大学児童精神科客員研究員、静岡大学教授(保健管理センター所長)などを歴任。『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』編集協力人。2004年、東京都目黒区に「林試の森クリニック」を開業。2017年院長を交代してフリーに。

https://can20220622.peatix.com/view

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?