病気で失ったものを取り戻す「医療美容」のちからを広めるためのショーを開催したい

現在の支援総額
¥208,500
パトロン数
27人
募集終了まで残り
8日

現在69%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2017/12/19 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

『医療美容』とは、ただ単に「キレイになりたい」ではなく、「元に戻りたい、失ったものを取り戻したい」、そんな切実な思いに寄り添う技術のことです。この『医療美容』の力が、必要としている多くの人に届くように、12月に北海道で『医療美容クリスマスショー』を開催します。

▼『医療美容』とは?

『医療美容』とは、ただ単に「キレイになりたい」ではなく、「元に戻りたい、失ったものを取り戻したい」、そんな切実な思いに寄り添う技術のことです。

病気をしたとき、病気自体や治療に関する悩みの他に、さまざまな悩みが出てきます。そのうちのひとつに、外見変化(見た目の変化)の問題があります。

例えば、がん治療に使われる抗がん剤は、治療の副作用によって、脱毛・皮膚の湿疹・眉毛やまつ毛の脱毛・顔全体の変色・手の爪割れなどが起ったり、手術の傷や跡が残ったりします。

 

外見変化により、心理的に落ち込み(自分の外見がこんなに変わってしまった…)から、外に出たくなくなり、行動範囲や交流関係が狭くなることが少なくありません。

『医療美容』を用いることで、社会とつながりを持ち、「生きる力」を回復させることができます。

具体的な技術としては、ウィッグ・ネイル・メイク・エピテーゼ(*)などがあります。

*医療用具として体の表面に取り付ける人工物のこと。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

『医療美容』はまだまだ広まっていません。病気経験者だけでなく、医療職者・美容関係者に対しても、まずはこの『医療美容』という考え方を知ってもらうことが大切だと思っています。そのためにショーを開催し、「病気経験者・未経験者の別なく、みんなキレイに輝くことができる」、ということを発信したいと思っています。

▼これまでの活動

 過去3回「医療美容クリスマスフェスタ」を北海道で開催しており、今年は第4回目となります。各回とも120名以上の集客を実現し、北海道新聞をはじめ複数のメディアにも掲載していただきました。

クリスマスフェスタの他にも、我々CAN netの活動の一環として、2014年から北海道医療美容研究会(医美ラボ北海道)の活動をおこなっています。活動の実績として、「医療美容」についての勉強会開催、北海道医療美容マップの制作、病院での医療美容相談会を実施しました。

▼医療美容クリスマスフェスタ2017の概要(予定)

CAN netの活動拠点である北海道の札幌市内3か所での開催を予定しています。

(プログラム内容は変更となる可能性がありますので、ご了承ください。)

 

<<開催日付・場所>>

① 12/13(水) @札幌医大病院

② 12/20(水) @チカホ

③ 12/20(水) @斗南病院

 

<<プログラム(仮)>>

・ウィッグ&フラワーショー

・病気経験者によるファッションショー

・メイクショー(カバーメイク)

・他多数企画中

▼資金の使い道

皆様からいただいた資金は、ショーの準備・運営費として使用させていただきます。

<<主な費用項目>>

・ポスター・チラシの印刷費
・運営者および参加者の交通費
・花や衣装代などの備品

 

▼リターンについて

医療美容関連のリターンと、北海道のおいしいお土産のリターンの2種類を用意しております。

(詳細はリターンをご参照ください。)

 

皆様のご協力、どうぞよろしくお願いいたします!