×

シェフとつくるクラウドファンディング

食のミライ

募集要項を見る

10年後、20年後の未来もおいしく食べられるミライをつくろう

食の未来をトップシェフとともにつくりませんか?

例えば、有名シェフとの商品開発、お店や生産過程で発生する余った食材の有効活用、若手シェフのチャレンジを応援するなど、食にかかわるすべての人々を幸せに導くプロジェクトを立ち上げました。後世に伝えるべき未知の可能性を一緒に探ってみませんか-。

シェフ紹介

米澤 文雄 氏
レストラン

The Burn

ジャンル

洋食全般

米澤 文雄 氏

NYでの経験をベースに楽しくて美味しいレストランシーンを紡ぐ

1980年、東京都出身。恵比寿【イル・ボッカローネ】で修業後、22歳で単身ニューヨークへ渡る。インターンを経て、ミシュラン3ツ星店【Jean-Georges】で日本人初のスーシェフに。帰国後、都内のレストラン数店でシェフを務めた後、【Jean-Georges Tokyo】オープン時からシェフ・ド・キュイジーヌとして活躍。2018年秋、【The Burn】をプロデュースし、料理長として腕をふるう。

吹き出し

シェフからのコメント

日本の宝と改めて向き合う事のできるこのプロジェクト。即答でやりたいと思いました。シェフとして料理をつくることはとても大事ですが、お店の中だけでは味わえないことがたくさんあると思っています。ぜひ一緒に食のミライをつくっていきましょう。

日髙 良実 氏
レストラン

リストランテ
アクアパッツァ

ジャンル

イタリアン

日髙 良実 氏

早くに現地に渡り、本物のイタリア料理を日本に紹介した草分け

1957年、兵庫県生まれ。神戸ポートピアホテルのフランス料理店【アランシャペル】で修業後、イタリア料理への転向を決意。単身でイタリアに渡り、まだ本場で修業するシェフがほとんどいなかった時代に、その先駆けとなった。3年間の修業のなかで、「イタリア料理の魅力は郷土料理にある」と気付き、北から南まで14軒で研鑽を積む。1990年、最も感銘を受けた料理である【アクアパッツァ】の名で、店をオープンした。

吹き出し

シェフからのコメント

世界からみても日本は様々な食材の宝庫。生産者が丹精込めてつくりあげる食材をベストな状態でお客様へ届けることができることは、料理人冥利に尽きます。まだ出会ったことのない食材との新たな出会いに期待します。

昆布 智成 氏
レストラン

UN GRAIN(アン グラン)

ジャンル

スイーツ

昆布 智成 氏

妹がくれたお菓子に感銘を受けて。おいしいと思うデセールを追求

福井県出身。220年の歴史を持つ和菓子屋【昆布屋孫兵衛】を実家に持つ。幼少時はあまり甘い物が好きではなかったものの、妹がくれた【オーボンヴュータン】のスイーツに感動する。その後【オーボンヴュータン】や【ピエール・エルメ サロン・ド・テ】でフランス菓子の基礎を学ぶ。2012年には渡仏し、【リエデレ】や【ラトリエ・ド・ジョエル・ロブション】にてデセールを担当。2014年に【UN GRAIN】のスーシェフパティシエに就任。

吹き出し

シェフからのコメント

以前から生産者にもなにか還元できないかと考えていました。様々な産地に赴きたくさんの食材に携わった中で、やはりお店で使うだけでは生産者の力になるにも限界があると感じていたのも事実。少しでも問題解決の糸口になればと思います。

「ヒトサラ」とは

料理人の顔が見えるグルメメディア『ヒトサラ』はUSEN Mediaが運営、美味しい「サラ(料理)」を提供する「ヒト(料理人)」の情報にスポットをあて、料理人掲載数No.1グルメメディア(※)として、12,000人を超える料理人情報をはじめ、食のプロである料理人が推薦する「シェフがオススメするお店」や、旬の食材・食のトレンドを先取りしたオリジナル編集コンテンツで、食を愛する大人ユーザーに新しい外食の楽しみ方を提案しています。

※東京商工リサーチ調べ

募集要項

募集対象

○ 個人・法人を問わず、本プロジェクトの実施・運営を積極的に取り組んでいただける方

○ トップシェフと一緒に生産物を世に広めたい方

○ フードロスの問題を解決したい方(個人、法人問わず)

○ 独立開業を目指すシェフの方

○ 若手シェフを応援したい方

○ 提供食材を十分にご用意いただける方(クラウドファンディング成立時有料で買取)

○ レストランと共同でクラウドファンディングの告知/運用にご協力いただける方

募集期間2019年8月1日(木)〜2019年8月22日(木)
審査・選定の
ポイント

1. フードロスへの課題感を具体的に示しているか

2. 本プロジェクトを通して、どのような「食のミライ」を描いていきたいか?を具体的に示しているか

3. 本プロジェクトの実施、運営に積極的に取り組んでいただける方

選考方法書類選考を実施いたします
結果発表書類選考を通過された方のみ、ご連絡させていただきます

募集規約

この募集規約(以下,「本規約」といいます。)は,株式会社USEN Media(以下、甲)と株式会社CAMPFIRE(以下,「乙」)が主催して開催する「食のミライ」(以下「本プロジェクト」)につき、その応募条件等を定めるものです。
応募希望の皆さま(以下,「応募希望者」または「ユーザー」)には,本規約に従って,本プロジェクトにご応募いただきます。

第1条(適用)

本規約は,ユーザーが本プロジェクトに応募することに関する甲と乙とユーザーとの一切の関係に適用されるものとします。

第2条(応募登録)

1 応募希望者が甲と乙の定める方法によって応募登録を申請し,甲と乙がこれを承認することによって,応募登録が完了するものとします。
2 甲と乙は,応募登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,応募登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)応募登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)未成年者,成年被後見人,被保佐人または被補助人のいずれかであり,法定代理人,後見人,保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(4)反社会的勢力等(暴力団,暴力団員,右翼団体,反社会的勢力,その他これに準ずる者を意味します。)である,または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持,運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると甲と乙が判断した場合
(5)その他,甲と乙が応募登録を相当でないと判断した場合
3 ユーザーは、登録事項に変更が生じた場合には、甲と乙の定める方法により当該変更事項を遅滞なく甲と乙に通知するものとします。

第3条(禁止事項)

ユーザーは,本プロジェクトへの応募にあたり,以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)甲と乙のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
(4)甲と乙のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他のユーザーに成りすます行為
(7)甲と乙のサービスおよび本プロジェクトに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)甲と乙,他のユーザーまたは第三者の知的財産権,肖像権,プライバシー,名誉その他の権利または利益を侵害する行為
(9)過度に暴力的な表現,露骨な性的表現,人種,国籍,信条,性別,社会的身分,門地等による差別につながる表現,自殺,自傷行為,薬物乱用を誘引または助長する表現,その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を,投稿または送信する行為
(10)営業,宣伝,広告,勧誘,その他営利を目的とする行為(甲と乙の認めたものを除きます。),性行為やわいせつな行為を目的とする行為,面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為,他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為,その他本プロジェクトが予定している利用目的と異なる目的で本プロジェクトを利用する行為
(11)宗教活動または宗教団体への勧誘行為
(12)その他,甲と乙が不適切と判断する行為

第4条(著作権)

1 ユーザーは、ユーザーが本プロジェクトに応募し、投稿した文書、画像、映像等(以下、「投稿データ」といいます。)について、自らが投稿その他送信することについて適法な権利を有していること及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、甲と乙に対して表明し、保証するものとします。
2 投稿データの著作権はユーザーに帰属します。但し、甲と乙及び甲と乙が指定する第三者は、本プロジェクトの告知及び広報等に使用する目的で、当該投稿データを無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。
3 ユーザーは、甲と乙及び甲と乙から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないものとします。
4 ユーザーは、本プロジェクトが終了するまでは、甲と乙がユーザーに対して公開を禁止した事項(ユーザーに著作権が帰属する投稿データを含む。)について、個人サイト等への掲載をしないものとします。
5 ユーザーが第三者の知的財産権を侵害した場合は、甲と乙は、損害賠償を請求することがあります。

第5条(投稿データの閲覧・通過審査等)

1 甲と乙は、投稿データを閲覧して、これに対する評論を述べ順位をつける等の評価をすることにより、通過審査をするものとし、ユーザーはこれを許諾します。
2 甲と乙は、前項に定める通過審査により、投稿データが通過決定するかどうかを審査します。
3 ユーザーは第1項及び前項の通過審査の過程及び結果について異議を述べないことを約束します。

第6条(利用規約の変更)

甲と乙は,必要と判断した場合には,いつでも本規約を変更することができるものとします。

第7条(通知または連絡)

ユーザーと甲と乙との間の通知または連絡は,甲と乙の定める方法によって行うものとします。

第8条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは,甲と乙の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第9条(機密保持)

ユーザーは、本プロジェクトに関連して甲と乙から開示された情報の一切について秘密に取り扱うものとし、甲と乙の事前の書面による承諾がある場合を除き、第三者に開示したり、目的外の利用を行ったりしないものとします。

第10条(準拠法・専属的合意管轄)

1 本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
2 本サービスに関して紛争が生じた場合には,東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

【令和元年7月30日制定】

プロジェクトを応募する

※応募にはGoogleアカウントが必要です