日本の朝と夜には、
たくさんの魅力と可能性がある。

現在、新型コロナウイルスに関連した感染症の拡大により、国内各地の観光関連産業が大きなダメージを受けています。

「ナイトタイムエコノミープロジェクト」は地域の応援のために、夜と早朝の地域資源やコンテンツを広げ、
オンラインを活用した価値提供や、離れた場所でも参加できる体験なども取り入れた新たなかたちで経済効果を上げる、事業者応援プロジェクト。

みなさまからの応援が大きいほど、未来も大きく変わります。
よりよい日本の未来のために。応援という支援を、あなたも始めてみませんか。

プロジェクト

「はなはなの会」奄美大島と繋がるオンラインサロン

コロナの影響を受けている奄美大島を応援したい!そんな思いをもったシマ好きが集まるオンラインサロンです!食・酒・唄・人など、シマのイマをオンラインで感じていきなが...

メンバー97人

水の都「柳川」で、誰も見たことのない美しい景色、柳川水辺の夜市を開催したい!

「掘割」と呼ばれる水路がまち全体に広がる様子から「東洋のベネチア」と呼ばれる水の都、柳川。生業の中心である観光業は今回のコロナ禍によって大きな打撃を受けてしまい...

SUCCESS
現在2,260,000円
支援者194人
残り終了

映像を通じて現代サーカスの魅力と楽しみ方を世界中の人に伝えたい

新型コロナの影響で国内外の多くの文化芸術イベントの多くが中止になりました。その中で11月に香川県高松市にある栗林公園でシルク・ドゥ・ソレイユで活躍する予定であっ...

SUCCESS
現在305,000円
支援者16人
残り終了
本取り組みで実現したいこと

観光庁では、夜間・早朝の 地域の魅力的な資源を活用する新たな事業実施者を募集・採択しプロジェクトを推進しています。

現在、新型コロナウイルスに関連した感染症の拡大により、国内各地の観光関連産業が多大な影響を受けています。

そのような社会情勢もふまえ、幅広い地方・地域の夜間・早朝のコンテンツを拡充し、
安全な受入環境整備を着実に進め、将来の反転攻勢にむけての基盤構築につなげていきます。

感染症の状況収束後は国内外問わず需要を喚起し、日本の観光資源の魅力が世界へ伝わることを目指します。

観光庁 | ナイトタイムエコノミープロジェクト
令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業 推進事務局
本事業は、これまでの議論やナレッジを踏まえた夜間・早朝における観光資源の有効活用に加え、文化庁・環境省と連携し、地域の博物館・美術館等や国立公園等における取組を活用した面的な夜間・早朝の魅力向上を図るものです。これらを通し、地域における夜間・早朝の訪日外国人旅行者の回遊性を高め、特に地方部における訪日外国人の旅行消費額の増加や長期滞在につなげることを目的としています。