2019/11/16 12:30

「チーム村松の会議室」では、ファッションデザイナー村松啓市とその挑戦を支えるチーム村松の定例会の内容を、毎回公開しています。

先日より、この夏に挑戦したクラウドファンディングのその後の「チーム村松」の活動をこちらのページでご紹介させていただいておりますが、その中でも今回はとてもうれしいご報告が皆様にございます。

クラウドファンディングの支援金で購入した「編み機」を、山梨の就労支援センターにレンタルするために納品に行って参りましたので、そのご報告です。


●編み機の無料レンタルができるようになりました

私たち「AND WOOL」では、製品の製造過程の中で、誰が作業をしても最終的な製品のクオリティに影響しない部分を、さまざまな事情から外に出て働くことが難しい方々にお願いする「雇用創出」の取り組みをしています。

そしてこの取り組みの中で起こっていた問題の1つが、「編み機が足りない」ということでした。私たちの活動を知って「お仕事をしたい」とのお申し出をいただいても、「編み機」がないためになかなかお仕事をお願いすることができない状況が、これまではありました。高額な「編み機」を購入していただくことが難しい場合には、私たちが「編み機」を用意して無料でレンタルをできるようにしたいと思っていました。

今回、クラウドファンディングで多くの方にご支援いただいたおかげで、新しく「編み機」を2台購入することができました。そして早速、以前から「お仕事がしたい」とのお申し出をいただいておりました、山梨県にある就労支援センター「いちごいちえ」さんにその「編み機」をレンタルすることができました。ご協力いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。


●就労支援センター「いちごいちえ」

今回、「編み機」をレンタルさせていただくことになった山梨県にある就労支援センター「いちごいちえ」さんは、刺繍やビーズアクセサリー、そのほか食べ物の製造も行なっている就労支援センターです。喫茶店とパン屋さんも併設している施設です。

現在、私たち「AND WOOL」では、静岡県内にある3つの就労支援B型施設にお仕事の発注をしています。そのうちの1つの施設の方からのご紹介で、今回「いちごいちえ」さんと出会うことができました。私たちが「いちごいちえ」さんとお仕事をご一緒できないか?と考えたのは、こちらの施設のスタッフの方の中に、「編み機」の使い方を知っている方がいらっしゃったからです。

お仕事をお願いするにあたって、施設のスタッフの方に「編み機」を使える方がいらっしゃるのは、私たちとしても大変心強いことです。先日、レンタルする「編み機」2台を施設にお届けしまして、現在は使い方などを施設のスタッフの方も含めて練習していただいている段階です。その準備ができたら、具体的なお仕事をお願いしていきたいと思っています。

これまで、就労支援B型施設へのお仕事発注は静岡県内のみでしたが、今回、県外である山梨県へのお仕事発注がスムーズに回るようになれば、さらに遠方の方にも私たちの製品製造のお仕事に加わっていただけるようになるのではないかと考えて、大変期待をもって取り組んでいます。


●村松啓市よりひと言

クラウドファンディングへの挑戦を通して、私たちの取り組みが少しずつですが確実に進んでいます! 本当にありがとうございました。そして、私たちの「魔法のストール」が届いたお客様から、御礼のご連絡をいただいていて、大変うれしく思っています。皆様からのお言葉は、できる限りストールを作ってくださっている方に私たちからもお伝えしますが、ぜひSNSなどを通して、作ってくださっている方たちに、直接使い心地などを投稿していただければ、みんなとってもとっても喜びますので、何卒よろしくお願いします!!



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?