2020/06/18 12:00

皆さん、こんにちは!
NPO法人オンザロードです。

今日は、私たちの活動をご紹介させて頂き、
どういう団体なのかを知ってもらいたいと思います。


【設立目的】
世界中の学校に通えない子どもたちが、学ぶ機会を得られること。これと同時に、豊かになりすぎて自分たちの幸せを実感できなくなってしまっている私たち日本人が、世界のリアルな現実に身を置くことで、忘れかけていることを体験することが、オンザロードの設立目的です。



【インドでは、経済的理由で学校に通えない子どもたちが沢山います】


2008年インド、2009年ジャマイカで、無料で通える学校を開校し、各国の現実に応じた学ぶ機会を子どもたちに提供しています。
また、お金を寄付するだけのボランティアではなく、日本を含めた世界の旅人たちも授業時間を持ち、子どもたちにそれぞれ得意な事を教える国際交流の場を設けています。
2013年7月に、インド「マザーベイビースクール」では政府認可の私立小学校ライセンスを取得し、現在は、私立小学校として運営を開始しています。


 【インド人大工と共に建てた校舎】


そして東日本大震災直後は、海外でのボランティア受け入れ経験を活かし、2011年4月上旬より宮城県石巻市牡鹿郡女川町を中心に、延べ28,000人以上のボランティアを受け入れ、多岐に渡る震災復興支援活動を始めました。
その後、経済復興活動等の長期的な活動として、2015年3月より、復興複合施設の運営も開始。また、2011年12月より運営を行ってきた「石巻元気商店」は、2015年11月、目標としていた地元企業としての独立を果たしました。
さらに、福島県での復興活動として、福島第一原子力発電所の事故の影響で、放射能の高い環境の中、外で遊べない子どもたちへの県外での保養プログラムの実施、民間団体初となる大規模な除染作業に取り組みました。
現在、より地元に密着した運営を行う為、オンザロード福島支部は、「一般社団法人F-WORD」と名を変え独立。オンザロードはオフィシャルサポーターとして連携しています。


2016年7月からは、東京・下北沢にて、売上の一部をインドの活動に寄付し、飲食することがインドの教育支援に繋がるという、新しい形の社会貢献型飲食店「Cafe&Bar Ethical(エシカル)」をオープンし、通常営業はもちろんのこと、定期的に様々なイベントやワークショップを開催していました。(〜2019年3月)


【インドスクールプロジェクト】
カースト制度が未だ残るインドで、2008年より無料で教育を提供する学校「マザーベイビースクール」を運営しています。貧富の差、身分の差を乗り越え、一人でも多くの子どもたちが平等に、夢を追えるような環境を提供し続ける学校を目指します。

学校を訪れてくれたボランティアが特技を活かし、誰でも先生になれる特別授業の時間も魅力です。ボランティアに対しても、途上国、貧困の現実を肌で直に感じてもらい、世界の現状を考えて頂くきっかけとしています。スタディーツアーやフェアトレード商品の販売にも力を入れています。

現在は、50名の児童が通い、インド人教員4人と現地日本人スタッフ1人がおります。
月曜日から土曜日まで、ヒンディー語・英語・算数・理科・社会・サンスクリット語・道徳などの必須科目と、図工の時間にはフェアトレード商品作りや体育なども行っています。

詳細はこちらより:https://otr.or.jp/india-school-project/


【毎回ご好評を頂いている、オンザロード主宰☆インドスタディーツアー】


【東京/日本事務局】
この活動を支えるため、東京での活動基盤を設置しています。
活動の啓蒙、資金繰り、ボランティアとの窓口、年に10回以上のイベントへの出店、企業とのマッチングやCSRの協働、インターンの育成、小中学校・大学などでの講義やトークライブなどを行います。

詳細はこちらより:https://otr.or.jp/volunteer/


【東京事務局では、随時ボランティアやインターンの受け入れもしています!】


【World Friendship】
〜休校だからこそ、世界100ヶ国に友達を作ろう!〜

2020年5月、新しいプロジェクトを認定NPO法人カタリバさんと一緒に始めることになりました。

新型コロナウィルスによって世界中の子どもたちが学校に行けず、家にいる今だからこそ、インターネットを使って世界100ヶ国に友だちをつくろう!という企画です。

英語やスペイン語が話せる子どもたちたもちろん、英語が話せなくても皆んな参加できます。 

詳細はこちらより:https://katariba.online/global_jp

☆子どもの参加費無料/子どもたちを集めてくれるオーガナイザーさんも募集中です!


【最後に…】
今世界中がコロナ禍で大変な時ですが、マザーベイビースクールの子どもたち、そしてその家族も更なる生活苦に見舞われています。貧困格差で、学校に通うことが当たり前ではない子どもたちが、今では将来の夢を持ち、それに向かって一生懸命勉強しています!
誰にでも将来の可能性は平等にある中で、それすら抱けない環境を乗り越えられるよう、
そして今後は、衛生支援にも力を入れ、命も守る活動をしていきたいと思います!


どうぞ、オンザロードをよろしくお願いします!


【自分たちの夢を紙飛行機に乗せて…☆】

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?