2020/11/17 16:42

こんにちは。

皆さまのご支援をいただき、プロジェクト最終目標の「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三、尾道(with Ken&Go)を描く」の作品が完成しましたのでお知らせいたします。

山本二三さんからメールにてご一報いただき、添付されたその作品を覗き込んだ時、尾道市立美術館の事務所内で歓声があがりました。

作品のお披露目の前に、山本二三さんからのメッセージをご紹介させていただきます。 

 

 

このクラウドファンディングプロジェクトの中で、何度も出てきたキーワード「時をかける」を振り返ってみると、1983(昭和58)年公開、尾道が舞台となった大林宣彦監督(享年82歳)の「時をかける少女」をさきがけに、 山本二三さんが美術監督を務めた、 2006年公開の細田守監督によるアニメーション作品「時をかける少女」があります。 さらに、当館の公式Twitter(@bijutsu1)では、「時をかける猫」と題して、あたかもタイムリープしているかのように現在と過去を飛び交う猫たちの姿を今も毎日発信し続けています。また、このたび新しく発刊したKen & Goの写真集の名前は「時をかける猫」です。

そして、このたび完成した山本二三さんの作品のタイトルは「時をかける尾道」と決まったそうです!

では、いよいよみなさんと共に作り上げた作品をご紹介させていただきます。

山本二三「時をかける尾道」2020

 

遠くに見えるロープウェイ乗り場、昔ながらの門構えを残す家々、実写版「時をかける少女」で和子が駆け下りた細道、差し込む日差し、そしてKen&Goの姿。

何ともすばらしい作品が完成したと思いますが、みなさんはどのようにお感じになりましたか。

Twitter等にコメントをお寄せいただけることを楽しみにしています。

 

この作品を用いたリターンについて、今後速やかに作成していく予定ですので、今しばらくお待ちください。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?