Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

現在の支援総額
160,000円
パトロン数
24人
募集終了まで残り
終了

現在32%/ 目標金額490,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2016/07/19 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2016-05-20に募集を開始し、24人の支援により160,000円の資金を集め、2016-07-19に募集を終了しました

原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

そこに娘がいました。初めてのお迎えでした。一生の思い出を頂きました。

パパに会いたいプロジェクト2016~ゴールデンウィーク~へ参加されたご家族より、メッセージが届きましたのでご報告申し上げます。 5月1日~5月5日参加のO様より 母子で避難して5年目を迎えました。娘も5年生になりました。この年頃の...

結局私は1度も幼稚園での生活を見ることのできないまま卒園になってしまいました。

2015年4月4日〜4月6日 Aさん   今回娘の入学式に出席の為、札幌に行ってきました。早いものでこの春から小学生です。震災後の夏休み、当時2年生だった息子と3人で母子避難をし、その後幼稚園に入ったのですが、結局私は1度も幼稚園...

次はいつお父さんに会いに行けるの?と聞きます。お金貯めて行こうね。と答えるのです。

2014年12月29日~2015年1月14日 Fさん 私達母娘3人は、2011年5月松戸市より実家のある上川郡鷹栖町に避難しております。2011年3月11日は、娘の学校の為と、義妹のお産扱いの為(義母が他界している為)、旦那の祖国ス...

絵馬に願い事を書きました。 「今年こそ家族一緒に暮らせますように」

これまでに寄せられたメッセージです。 2014年12月26日~2015年1月4日 Kさん 2015年、札幌にきて4回目のお正月を迎えました。福島で働く主人が札幌にきて、9泊も一緒に過ごすことができるのは息子にとって一年に一度だけの...

パパがいない札幌では、家族連れで賑わうXmasシーズンは、何となく外出を控えていました・・・

これまでに「パパに会いたいプロジェクト」へ参加されたご家族から寄せられたメッセージです。   2013年12月23日~2013年12月25日 Hさん 震災後から母子避難を始めて、札幌で3回目のXmasを迎えました。 仕事でこれな...