Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

0件のパトロンと3件のプロジェクトオーナーになっています

  • 現在地:東京都
  • 出身地:東京都

2006年、インドネシアを訪れる事で、孤児施施設への支援、スクールバス寄贈などの海外活動をはじめる。 国内では、震災後、すぐに向かった気仙沼唐桑町では目の前の現実に、何が出来ると思いここへ来たのだろうと自責の念に駆られるものの、避難所で手渡されたパンにジャムを塗っただけのサンドウィッチと、一緒に泣いた青果店のおばあちゃんなど被災地の人々に救われる。 以来、目の前の一人・手の届く範囲で・自分に出来る事、を念頭に、福島から北海道への自主避難のアテンド、被災県に残る父親を子どもたちへ届ける「パパに会いたいプロジェクト」等を活動とする。 必ずお預かりしたお気持ちを形にします。

【福島の子どもたちに思いっきり遊べる夏休みを】遊ぼう青森キッズサマーキャンプ

福島県の子どもたちに思いっきり夏休みを楽しんでほしいを実現させるプロジェクトです。子どもたちが赴く先は、自然豊かな青森県十和田市。体験乗馬やキャンプを通じて「十和田の楽しい」を身をもって感じてほしいと考える多くの地元方々の協力も得て、今年で6回目の開催を目指します。 皆様、応援お願いします。

FUNDED
現在193,000円
パトロン21人
残り終了

福島の子どもたちに思いっきり遊べる夏休みを「遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ」

福島県の子どもたちに思いっきり夏休みを楽しんでほしいを実現させるプロジェクトです。 子どもたちが赴く先は、自然豊かな青森県十和田市。 体験乗馬やキャンプを通じて「十和田の楽しい」を身をもって感じてほしいと考える多くの地元の方々の協力も得て、今年で5回目の開催を目指します。

FUNDED
現在145,000円
パトロン19人
残り終了

「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

FUNDED
現在160,000円
パトロン24人
残り終了