2016/07/30 13:21

こんにちわ!るってぃです!

北海道で現金7万円が入った財布を落として早1週間、全く届いた旨の連絡が来ません(泣)
もう確実に帰ってこないパターンです。こんだけ経っても出てこないというとはそうゆことです

ねーーーーーー。そうですよねーーーーー。
中身ええから財布だけでも返してくれーーーお気に入りやったのにーーーーーー。

ということで7月26日から始まったこのクラウドファンディングですが、開始4時間でサクセスしました!
北海道から飛行機乗って東京着いたら終わってました。

支援・拡散頂いた皆様本当にありがとうございます!!

さらに支援総額も7/30現在で145,000円と、目標金額207%越えです!
本当にありがとうございます!

やってよかったクラウドファンディング!

今回財布落として、このクラファンをしようか、内容も内容なのでやろうか迷った部分もあるのですが、本当にしてよかったと心から言えます。

「こんなにも自分を応援してくれる人がいるんだ」と気づくことができました。

そしてもう1つあった声が「クラウドファンディングの敷居を下げてくれてありがとう」という声。

プロブロガーの宮森はやとさんが記事で言及してくれました。

http://www.miyahaya.com/entry/2016/07/27/190024

クラウドファンディングを「起業家のための高尚なサービス」にしてしまうと、本当に一部の人利用しようとおもえない風潮が出来上がります。

それでは、今までと何も変わりません。

「資金調達は100万、1000万円単位でないとダメ!」なんてドコにも決められていないのです。

たとえ、5万円でも10万円でも、それであなたの「やりたいこと」が実現できるのであればバイトではなく、クラウドファンディングという選択肢を選んでいいんですよ。

今回のるってぃさんのプロジェクトはクラウドファンディングの敷居を下げる素晴らしい事例で興味深かったです。

 

僕自身もたくさんの頑張ってる才能ある人たちが「お金がない」を言い訳にして欲しくないから、どんどん積極的にクラウドファンディングを利用してほしいです。

なので僕の「財布を落とした、現金7万円を取り戻したい」なんてプロジェクトは圧倒的に敷居を下げたし、秒殺でサクセスさせてことは「こんなのもありなんだ」と思わせたと思います。

目標7万円を超えた支援金額は「本格カメラ」を買おうと思ってます

「目標金額を超えた場合は夕張の渡航費・滞在費に企てる」と書いてますが、それはもちろんなのですが、さらに踏み込んで「本格カメラ」を遂に買おうと思ってます。

Airbnbブログ『エアログ』を開設して10ヶ月経ったのですが、今までブログの写真は全て手持ちのIphone6で撮影してました。

取材で訪れるAirbnb部屋の写真や地方の素晴らしい風景などをよりリアルに読者に伝えられるように、支援金額から一部、本格カメラ購入費用に使わせて頂こうと思ってます!

夕張のリアルな現状をたくさんの読者に伝わるよう頑張りますので、引き続きよろしくお願いします!

残り1日半突き進むぞ!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?