12月にラゾーナ川崎プラザソルで行われる『カワサキ ロミオとジュリエット』の魅力を、普段演劇を観ない人や、川崎という場所を知らない人にも伝えたい。演劇の内容だけではなく、一緒に盛り上げて体験してもらいたい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。劇団カワサキアリスを主宰している、Ashと申します。

 

2010年に川崎で劇団を立ち上げ、今年で8年になります。今年、いままでのどの舞台よりも大きな舞台『カワサキ ロミオ&ジュリエット』を創作することになり、現在稽古に励んでいます。

この芝居の面白さをもっと多くの方に知ってもらい、そして、関わってもらいたいと考えて、クラウドファンディングを立ち上げることにしました。

 
▼このプロジェクトで実現したいこと

今回、初めてのクラウドファンディングに踏み切ってやりたいことがあります。

記録としての公演DVD・パンフレットの作成、そしてPVやチラシデザインなどの充実です。

演劇はライブ芸術で、どんなに面白いものを創っても、その時、その場にいた人としか感動を共有できません。その一回性こそが演劇の魅力ではあるのですが、それが演劇というメディアが広がっていかない原因でもあります。演劇に興味がないひとにとっては、どこまでも「自分に関係がないもの」です。

「演劇のチラシはわかりにくい」と思ったことはありませんか?伝えたいことが文章で山盛りになっていて、それで読む気が無くなってしまう、という話もよく聞きます。こうなる原因のひとつとしては、広報のデザインやプロモーションにかけるお金があまりないことがあげられます。

今回のクラウドファンディングでは、通常の予算組みでなかなか取ることが出来ない公演の前、後に関わってくる部分を拡充して、みなさんが演劇と出会う窓口を広げたいと考えています。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

あらゆる創作活動がそうかもしれませんが創り手は「面白いものを創っていればいつか必ず人が理解してくれる」と考えている節があります。でも、それは創り手の希望的観測が含まれています。本当に演劇のファンを増やしたいなら、演劇自体の深さや面白さに気が付いてもらう前に、まず「劇場に行くと楽しい」「演劇づくりって面白い」という体験をつくらなければいけないと思いました。

でもどうやったら体験してもらえるのだろう?

そうだ、実際に、一緒に仕事をしてもらうのが一番じゃないか?

私は川崎市に密着して仕事をしているので、市内にたくさんの知り合いが出来ました。とても能力の高い人たちが、地元のために職能を生かしているのを見て、一緒に仕事をしたいと思うこともしばしばありました。でも、舞台づくりは特殊で、俳優でもないと「参加できない」と思われていましたが、この「演劇の始まる前」「終わった後」に関しては、むしろ演劇と関係がないそれぞれの分野の方の職能や興味が必要になる所ではないか?と思ったのです。

 

というわけで、

今回のプロジェクトには様々な方に関わっていただいています。

 

たとえば、

カッコいいビジュアルを創って下さったのは「ノクチ基地」の石井秀幸さん。

PVは同じく「ノクチ基地」の末吉理さん。

ビジュアルのための写真は「ノクチ基地」大塚正明さん。

以上は、「ノクチ基地」代表の山本美賢さんが、「予算がないなら、俺たちのギャラはクラウドファンディングで稼ぎましょう」と男気ある決断を下してくれたからこそ、可能になったことです。

 

つづいてパンフレット制作チーム。

編集長はもとすみマニアックず。を主宰する、山川みずきさん。

ライティングは、グリーンドリンクス川崎オーガナイザーの野田国広さん。

 

こちらは、以前野田さんが作ろうとしていた「川崎のタウンページをつくりたい」という企画を踏襲して、パンフレットを支援してくれた方の活動を紹介する記事広告ページをいれて、単なる演劇のパンフレットではなく、川崎が面白い街だということを、このパンフレットを手にとった、川崎と縁もゆかりもない方にも伝えることができる企画を考えています。

 

それから、カワサキアリスの舞台の特徴は、生演奏ですが、今回は『カワサキ ロミオ&ジュリエット』ということで舞台の中で活躍していただく音楽家にも、川崎で活躍する方をお呼びしています。

この秋からメンバーが川崎市民になる、nameshopさん。

ヴァイオリンは現役芸大生、堀真亜菜さん。

 

是非、みなさんもクラウドファンディングをきっかけに、この仲間に入っていただけたら、また、遠くの方は応援していただけたら嬉しいです。

▼これまでの活動

これまでカワサキアリスは劇場以外のいろいろな場所で公演を行ってきました。

 

われらが稽古場川崎ファクトリー

 

武蔵小杉にある巨大な美の殿堂、「川崎市市民ミュージアム」

 

武蔵小杉では、誰でも演劇体験ができる「はじめて触れる戯曲」ワークショップも

 

にぎやかなコスギフェスタ

 

 

川崎の多種多様な民族性を体現する桜本の「日本のまつり」

 

時には、川崎を飛び出して鎌倉の古刹、円覚寺でも

こういった活動は、演劇に興味がなかった方が、演劇に触れる機会をつくって、少しでも演劇の楽しさを知ってほしいという思いで行ってきました。

劇場外での活動(アウトリーチ)も、今回のような劇場での活動(本来の、創作活動)もどちらもカワサキアリスにとって大切なものです。

▼資金の使い道

「ノクチ基地」の製作料

「nameshop」の楽曲作成料

パンフレット制作チームの「編集・執筆費」

CAMPFIRE手数料

DVD作成料

▼リターンについて

基本的には、舞台の前後を楽しむリターンを用意しています。チケットは別途お買い求めください。

また物販に関しては、【本番に来られなくても「カワサキ ロミオ&ジュリエット」を堪能したい!コース】以外は発送いたしません。公演中に劇場で、お受け取り下さい。

最初の目的を達成したら、公演内容にかかわるリターンも追加する予定ですので、是非お楽しみに!

▼最後に

始めは、クラウドファンディングを利用することに少し抵抗がありました。けれども、川崎の仲間たちがこのプラットフォームを有効に活用して、自分たちの夢をかなえていく姿を見ているうちに、だんだんと心持が変わってきました。

もともと、演劇のような芸術は、「パトロン」つまり熱心に応援してくれる方の支援によって成り立っていたわけで、それこそ、普通に考えたらなかなか黒字を出すどころか、公演収支を合わせるだけで精一杯の、私たちのような演劇人にこそ、必要な仕組みなのかもしれないと思っています。

このクラウドファンディングを成功させて、演劇界でももっと多くの方がクラウドファンディングの有用性に気が付き、創りたいものを実現するのに必要な資金を集めることができるようになれば、と心から思っています。

よろしくおねがいします!

  • 活動報告 - パトロン限定公開

    音楽リターンをお送りいたしました!

    2019/02/27 11:29

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 活動報告 - パトロン限定公開

    全公演が終了しました

    2018/12/14 22:25

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 活動報告

    プロジェクト終了いたしました!!

    2018/12/04 00:58

    ご報告が遅くなりましたが、11月30日をもちましてプロジェクトが終了いたしました!!たくさんのご支援、本当にありがとうございます!私たちにとって初めてのクラウドファンディング、最初はどうなることかと思っておりましたが、11月上旬にはサクセスとなり、プロジェクト終了までに70名の方にご支援いただ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください