自衛隊に関する多くの書籍は大人向けです。子供たちはなかなか理解することができないでしょう。そこで、あくまでも写真主体で、自衛隊の装備品等の名称や特徴を分かり易くまとめた同人絵本作品の発表を考えました。まずは陸上自衛隊編をお送りします。売り上げや残った支援金は、海・空自衛隊等への次回作の費用とします

プロジェクト本文

自衛隊を中心とした取材を続ける、軍事フォトライターの矢作真弓と申します。

今回は、子供向け自衛隊写真絵本シリーズの制作費を、ご賛同いただける皆様から集いたいと考えております。

 

自衛隊に対する関心は年々大きくなってきているものの、自衛隊に関する書籍は大人向けのものばかりで、小さいお子さんには理解することが難しい内容になっております。

 

そこで、写真を中心としたB5サイズ程度の写真絵本の制作を考案いたしました。

第1段は「陸上自衛隊」です。

 

すでに、大まかなレイアウト等は出来ておりますが、思いのほか制作費が嵩むのと、今後の同人作品を製作していく上で、どうしてもまとまった資金が必要になりました。

そのため今回、このプロジェクトにおいて、ご賛同いただける皆様からのご支援を承りたいと考えております。

 

ご支援いただいたお金に関しては、全て同人作品への制作費に使わせていただきます。売り上げも、次回以降の作品作りに使わせていただきます。

 

今回政策する「子供向け絵本 陸上自衛隊編」は11月4日に行われる同人イベント

「おもしろ同人誌バザール6@ベルサール神保町アネックス」にて販売いたします。

反響の大きさによっては、アマゾン等への流通経路を確保して、全国販売も検討しております。

 

大したリターンもありませんので、あくまでもこの活動に対してご理解いただける方々からのご支援をお待ちしております。

支援金は3000円からですが、上限はありませんので、ご支援いただける金額の入力をお願い致します。

このプロジェクトの最終目標は、この絵本を見てくれたお子さんたちが、十何年か経ったのちに自衛隊に入隊し「あのときの絵本が自衛隊を知るきっかけになりました」と言ってもらえるような本にすることです。そのため、シリーズで何作も発表していく考えです。

 

皆様からのご支援をお待ちしております。

矢作真弓

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください