日本には輸入の割合が約3%というとても稀少性の高いイタリア産のベジタブルフルグレインラムレザーを知っていますか?レザー好きにはたまらないほど質にこだわりを持つオールブラックのジャケットをお見せします。春、秋そして冬までに羽織れて、どのようなスタイルでもオシャレにコーデします。

プロジェクト本文

こんにちは。Percです。DARKMATTERはModern、Moderate、Mature価値を作り出すブランドを目指しています。ファストファッションが流行している今だからこそ、私たちはタイムレスなデザインへの渇きを感じ、目に見えないところまで丁寧にデザインした製品で、人々に楽しい驚きを与えたいと思っています。今後もDARKMATTERは落ち着いたモノトーンのカラーをアイデンティティに、私たちの生活に関連する様々な製品やサービスを設計しようと動いています。DARKMATTERの初公開のアイテムとして、レザー好きにはたまらない、品質にこだわったクラシックバーシティジャケットを企画しました。


天然レザーにも違いがあるってご存知ですか?

1、フルグレインベジタブルレザーへのこだわり
フルグレインレザーは、傷が少なく品質の良い原皮の外観をほぼそのまま残して仕上げた革になります。2017年一年間に日本国内に輸入された「牛の革、馬類の動物の革」は約65億円ほどですが、そのうちフルグレインは約2億円で、割合にすると約3%というとても稀少性の高いのがわかると思います。原皮は加工をしていないため、表面が均一でない場合がありますが、それによって耐久性と通気性が非常に良く、長く使用することができます。もちろん、時間が経つにつれ、レザーの潤いが増し、自分だけのレザーに仕上がります。DARKMATTERはレザーらしさが十分に堪能できるベジタブルレザー(Full Grain Vegetable Leather)のみを使用しています。

2.化学薬品を一切使用しない環境と肌に優しいベジタブルタンニング

レザーの質を保ちながら、長く着こなすためにはタンニングは必須です。ベジタブルレザーはタンニングの際に、クロムのような化学薬品を一切使用せずに、果物、葉、枝などで抽出した純粋な植物性材料を使用しているため、環境と肌に優しいタンニング方法です。一日でタンニングを完成するクロムタンニング過程とは異なり、数ヶ月かかって手作業で作られているので、より多くの誠意と専門性が必要です。したがって、大量生産が必要な大型ブランドでは使用することが非常に難しいです。


DARKMATTERクラシックバーシティジャケット

一流クラブ文化をモチーフに
バーシティジャケット(Varsity Jacket)は、1865年にアメリカのハーバード大学に由来する文化です。ハーバード大学野球チームから始めて、羊毛と革スリーブ、一流クラブ文化の象徴です。DARKMATTERジャケットは着脱が可能なワッペンで、個人の個性を表現することもできます。歴史的にヨーロッパと日本の家紋は、象徴的なワッペン(Wappen)を使用し、グループの象徴にしました。

職人と技術を守る生産地へのこだわり
イタリアのソロプラにある「ONLY FRANK Tannery」で生産されるベジタブルラムスキンのみを使用しています。ONLY FRANK社は環境と製品の品質を保護するためにベジタブルレザーにこだわったなめし屋(Tannery)です。20年以上イタリア革工場との関係性を築いてきたDARKMATTERチームメンバーが丁寧に選定し、自信を持ってお勧めできる本革製です。

ワッペンのディテールな実装
 DARKMATTERワッペンコレクションは、今回お見せするジャケットのために長年研究の末、最適の条件で製作しました。ブラックジャケットに合わせ、ポイントとなる灰色を限定的に使用しミニマルなデザインに仕上げています。デザインのコンセプトに基づいて平面、エンボス、流れの質感、糸の方向などのディテールを繊細に表現しています。そして、一般的に使用されるベルクロ(マジックテープ)よりも約3分の1に薄くて特殊なベルクロを使用しているため、ジャケットとの一体感を高めました。接着状態も適切な強度を保ちながら、片手で簡単に付け外しができるように仕上げました。

シンプルなデザインの隅々に隠れているサイエンス

1、肩部分にショルダーヨークを使用して、より丈夫さが増し、自分のボディラインにフィットします。

2、ボタンと、メタルのファスナーがダブルであり、冬まで着られるようにしました。また、体の部位は4オンスのダウンを、腕には2オンスのダウンを使用し、保温性を維持しながら、動きやすいように設計しています。高級ダウンハースを使用することで、滑らかさ、軽さを維持しながら保温感を強化しました。
ハース(HAS)とは、特殊開発されたポリエステル100%保温材としてグースダウンを超える保温性を誇り、体温を保つのに抜群です。主に高級スキーウェアの素材として使われるケースが多く、薄くて軽いので、活動性に優れています。また抗菌機能もあるので冬に人気の素材です。

3、カバンを持たない方にも着ていただけるように、ゆったり収納できる内ポケットを2つ設けてあり、こちらも全てベジタブルラムスキンで贅沢な仕上がりとなっております。すべてのポケットを丈夫に固定してあるので、ものを入れたり取り外す際にポケットが裏返したりすることはございません。

4、ポケットリップにも贅沢にベジタブルラムスキンと人手を経て、ステッチにもう一度仕上げて丈夫さや高級感を高めました。

5、タグにかわいい羊の形のレザーサンプルがありますので、直接触れて感じてみてください。


レザーを愛してやまないDARKMATTERのメンバー

DARKMATTERクラブジャケットの魅力を語る


着用シーン


ジャケット仕様

- レザー : フルグレインベジタブルラムスキンレザー (イタリア産) 
- ヘリンボーン生地 : 60 % ウール、 40 % アクリル (韓国産 - DARKMATTER専用ウール製織)


サイズ


リターン紹介

<ジャケットのみコース>
通常 34,500円→28,600円(消費税、送料込)
40名様限定

<基本ワッペン&選べるワッペン1つコース>
通常 35,500円→29,500円(消費税、送料込)
40名様限定

<基本ワッペン&選べるワッペン2つコース>
通常 36,500円→30,000円(消費税、送料込)
30名様限定

<基本ワッペン&オーダーメイドワッペンコース>
通常 45,000円→33,500円(消費税、送料込)
10名様限定

*基本ワッペンには(○、×)2個両方お送ります。


ワッペンのラインアップ

オリジナルワッペンの作り方

1)必ずリターンの注文前に(jw@byperc.com宛)までに「デザインデータ」「お名前」「CAMPFIRE登録メールアドレスまたはアカウント名」ご記入し送ってください。
2)お送りいただいたデザインデータをもとに、ワッペン製作が可能かどうか検証します。
3)検証後、制作可否についてご連絡いたします。

*7.9cmに収まるデザインにお願いします。
*黒またはグレートーンの組み合わせだけ受け付けます。
*商標権を侵害する恐れがあるデザインは製作不可となります。


よくある質問

Q.洗濯はどうすればいい?
A.レザーとウールの特性上、プロドライクリーニングをお勧めします。洗濯機や乾燥機の使用は、製品に損傷を与えるため、お勧めできません。

Q.返品・交換はどうなりますか?
A.個人的な理由やサイズのために交換や返金はできませんので、サイズ選びにはご注意ください。


ご質問などございましたら、jw@byperc.comまでお気軽にご連絡ください。

  • Kakaotalk photo 2018 12 17 11 54 15.jpeg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    500%達成記念のご挨拶!(プレゼント差し上げイベント告知)

    2018/12/17 12:13

    こんにちは。DARKMATTERです!皆様の声援のおかげで400%を超え、500%を突破いたしました。本当に感謝、大感謝です。ありがとうございます!DARKMATTERではブラックジャケットに合うパーカーとメントゥメン(韓国ではスウェット生地のトレーナーのこと)の製作に入りました。もし機会があ...

  • Kakaotalk photo 2018 11 27 17 09 57.jpeg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    目標金額300%達成記念でSNSシェアイベント実施します♫

    2018/11/27 17:38

    こんばんは、DARKMATTERです!皆様の暖かい応援のおかげで300%達成を突破しました。200%達成のあと5日ぶりにこうやってまたご挨拶ができて非常に嬉しいです!どうしても皆様に感謝の気持ちを伝えたくて、イベントを企画をしました。弊社の姉妹ブランドである、MONUMENTのゴッホのエディシ...

  • Kakaotalk photo 2018 11 23 19 15 30.jpeg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    200%達成ありがとうございます!

    2018/11/26 19:41

    こんばんは、DARKMATTERです。100%達成して、たった4日で200%達成に至りました。全て皆様のおかげです。応援してくださって本当にありがとうございます!今我々は、様々なワッペンのデザインに挑戦しています。どうすればワッペンにもっと芸術性を持たせられるか、日々工夫しているデザイナーJe...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください