マンガアプリ・マンガハックにて連載中の稀代の天才絵師漫画『狂斎』(ちさかあや)。2019年1月に単行本発売が決定しましたので、単行本応援プロジェクトを始動します。この作品をもっと多くの方へお届け出来るように、ご支援頂いた第1期応援サポーター様と一緒に【読者様の輪】を大きくしていけたら嬉しいです。

プロジェクト本文

数あるプロジェクトの中、こちらのページを閲覧頂きまして、誠にありがとうございます。

主催のエコーズ株式会社です。

エコーズは【マンガで未来を面白くする】を合言葉に、日本最大級のマンガ投稿サイト・マンガハックを運営する、マンガに特化したITベンチャー企業です。

2018年10月より始動しましたコミックレーベル『トクマコミックスechoes』(発行:エコーズ、発売:徳間書店)第3弾作品『狂斎』(ちさかあや)の2019年1月発売が決定しましたので、単行本応援プロジェクトを始動します。

狂ってたのは、俺か、時代か?

これは三菱一号館美術館さんで2015年に開催された「画鬼・暁斎」展のキャッチコピーです。河鍋暁斎を端的に表したこの言葉は、アートが好きな方の中でとても話題となりました。

こんな魅力的な言葉で表現される河鍋暁斎を描く「狂斎」。もっと多くの方がこの作品と出会えるよう、第1期の応援サポーター様として、この物語の船出を、一緒に盛り上げていきませんか?

※今回でCAMPFIREでのプロジェクトは3回目となり、前回のプロジェクトと重複している表現もありますが、初めて閲覧する方もいらっしゃること、また大切な内容のため改めて記載させて頂いておりますので、ご理解頂けますと幸いです。

【作品キャッチコピー】
浮き世に酔うて描くは狂気ーー。
酒と、筆と、蛙と?
「狂」の字を背負う天才絵師・河鍋暁斎と奇妙な蛙との画鬼道絵巻 。

【あらすじ】
浮世絵師・歌川国芳の門下を離れ、 駿河台狩野家で学び修業を終えた、甲斐洞郁(後の河鍋暁斎)は、仕事なし・ 金なしの貧乏暮らし。
毎日誰にも売れない絵を描き、酒に酔い潰れる生活を繰り返し、 さらに奇妙な蛙が住み着くようになる。
そんな姿を見兼ねた、国芳一門の弟弟子・吉岡米次郎(後の月岡芳年) の心配も意に介さず、ただひたすら絵に向き合い続ける洞郁。
心の奥底では幼少期に絵の心得を示してくれた、 亡き葛飾北斎への複雑な嫉妬心と、 自分が世間に認めてもらえない鬱屈な気持ちは大きくなる一方で… …。
幕末〜明治にかけて活躍した稀代の天才絵師・河鍋暁斎、 空白の不遇時代を描く、画鬼道絵巻。

【単行本情報】
定価:本体790円+税 判型:B6判 ページ数:176ページ 
内容:マンガハック初出の1話〜5話+10〜20ページの描き下ろし付
発売日:2019年1月12日発売予定 
発行:エコーズ  発売:徳間書店
※単行本情報は現時点での仮情報のため、変動の可能性がございます。 

ほぼトーンを使用せず、黒い画面と白の空白の対比はとても美しく、ぜひ紙の単行本にてお楽しみ頂きたい作品です。

●ちさかあや●
『豊饒のヒダルガミ』(マッグガーデン)

『早雲の軍配者』(マッグガーデン) 
原作:富樫倫太郎「早雲の軍配者」(中央公論新社刊)

『葛飾北斎 (コミック版世界の伝記) 』(ポプラ社)
監修:すみだ北斎美術館

現在『豊作でござる!メジロ殿』(原作:原恵一郎)を「コミック乱」(リイド社)にて連載中。

こんにちは、ちさかあやです。
この度、『狂斎』が単行本になることになりました。
物語を作って、漫画にして、読んで頂けて、とても幸せです。
ありがとうございます。

『狂斎』は「好きなものを好きなだけ」 を座右の銘に描いております。
「好きなことを思う存分描いた方が、 作者にも作品にもきっといい」 という担当編集者の言葉をちさかが超訳しました。
自由に描ける商業漫画!なんてすばらしい! と当初は思っていたのですが、 自由度が高すぎると方向性を定めるのが大変で…
今まで掲載媒体の作品傾向や読者層、 原作等を念頭に描いてきたので、余計迷いました。

そのため初校ネームは、河鍋暁斎、妖怪、異界、異能、伝説、 幕末明治と思いついた好きなパーツを組み合わせ、
以前描かせて頂いていた出版社の傾向を見本に幕末絵師妖怪捕り物帳っぽいものを提出しました。
私としては、 派手で華やかでエンタメ性もあっていい感じではと思っておりました。
が、見事に基本設定から全ボツ。
担当氏曰く「絵師が描きたいなら絵師を強調して、 もっとマニアックな方向に振り切った方がいい」もっともでした。
確かに、描きたいのは絵師漫画。妖怪捕り物帳ではない。 そして始まる自問自答のボツ地獄。

そして始まる回想劇。

私は大学時代、東洋絵画の修復ゼミにお世話になっていました。
掛軸、冊子、屏風、巻物、板絵などの修理について学ぶゼミです。
あんな恵まれた環境にいて、 いつもぼんやりしていたこと今更後悔しきりですが、修理作業の醍醐味はちゃっかり味あわせてもらっていました。

それは、作品を一番近くで観れて、触れて、 作品を丸裸にできることです。( 状態によってはできないものもありますが)
舐めまわすように作品を観察し、作者や作品の何たるかを調べ、分析し、作品を後世に伝えるための最善を考える。
そして、 時として解体し、洗浄し、仕立て直し、保存環境を整える。

どんな人がどんな思いでどんな経緯でどんな材料を使ってどんな技法でこれを描いたのだろう。

少しずつ少しずつ裏打ちを剥がしながら本紙に近づいていく時間が 好きでした。
裏から墨の線が顔料が透けて見えて、この絵を描いた人の熱量を 想像する。
やる気に満ち溢れていたのかもしれない。 仕事で淡々と描いていたのかもしれない。
地味だけど楽しい時間でした。 頭の中はそんなことばかりだったので恩師には怒られそうです。
そんなことに思いを馳せ、やはり原点回帰して「 好きなものを好きなだけ」やりたいと思いました。

絵を描く熱量や執念を描きたい。河鍋暁斎を主人公に。 でも伝記を描きたいわけではない。 そもそもマニアックな漫画って何ぞ…
結局商業としての需要や分かりやすさを取っ払い、自分の「好き」 を突き詰めることにしました。
構成は、暁斎の史実と嘘の割合を大幅に変え、 伝記要素は伝奇要素に、擬音は使わず、セリフと説明は最低限に、 解釈は読む人の感性にゆだねる。
絵柄は、 良し悪しだった手癖を強調しトーンは極力使わずタッチを重ねて黒っぽい画面作り。
このような顛末で『狂斎』が形になりました。

 「好き」を形にできた漫画を最後まで大切に描きたい。 読者の皆様に最後まで描き切った作品をお届けしたい。
一人でも多くの人に読んでほしい。 そのためにまず宣伝に力を入れたい。… あと漫画が売れて衣食住が安定しますように。
という個人的な欲望と願望も背景に、 この度ご投資をお願いするに至りました。
一巻以降もより一層『狂斎』 を楽しんで頂けるよう精進してまいります。
ご賛同、応援頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

ちさかあや

『狂斎』という魂の込められた絵師の物語を
『作家さんに物語を最後まで描ききって作品を完結させて欲しい
そして『紙の単行本で読者の方に、最後まで物語をお届けしたい』
そんな想いをこのプロジェクトにこめています。

現在、紙での出版事業が厳しくなり、新作の単行本の評価はたった2週間程度の短い期間で、存続か打ち切りかを決められてしまうことが多くなりました。
1巻が出るまでの制作期間は1年以上、300万円近くの費用をかけて、単行本は作られています。

そういった長期先行投資型ビジネスであるにも関わらず
【連載の存続を決める期間が短く、すぐに人気が出ないと終わってしまう】
【新人や実績の少ない作家さんに対して宣伝費がほぼ投資されない】
といったジレンマを抱える作家さんが多いのが実情です。

続編が単行本化されるためには、限られた条件の中で、非常に高い壁を乗り越える必要があるのです。

弊社ではそういった、作家さんを苦しめる現在の業界の流れに疑問を感じ、中〜長期的に単行本を売り伸ばす方法を模索しています。

作品と読者の方が出会える場を積極的に設け、単行本が売れることで、結果的に連載が存続できる可能性をわずかでも上げられるよう、試行錯誤していきたいと考えています。

もちろん弊社でも宣伝費を投資していきますが、投資すればするだけ、求められる売上部数も高くなってしまうため、それをやり過ぎることも得策ではありません。

そこで、作品の強い味方となる応援サポーター様を、単行本発売前から募集させて頂きたいと考えました。
※ご支援頂いた全ての皆さまのお名前を第1期応援サポーター様として、単行本にクレジットさせて頂きます。
※この活動自体も、読者の方や書店の方が作品を知る1つの契機となります。

心強いサポーター様のご支援が、1人でも多くの読者様に繋がるキッカケとなればと思い、このプロジェクトを始動いたしました。

漫画というビジネスは水商売であり、博打ビジネスです。
そうであれば、1%でもその博打の可能性を高め「狂斎」という天才絵師の物語を
【作家さんに物語を最後まで描ききって作品を完結させて欲しい】
そして
【紙の単行本で読者の方に、最後まで物語をお届けしたい】
という目標が実現出来るよう、お力添えお願い致します!

 

①Twitterで広告を出校します。
※試し読みRTキャンペーン、レビューキャンペーンを行う予定のためそちらに併用して活用させて頂きます。

②その他、SNS(フェイスブック・Instagram) で広告を出校します。

③書店さんに配布される販促物の作成と郵送費。 
※試し読み冊子は、弊社負担で作成し、書店さんに発送致します。さらに多くの書店さんに試し読みを送るための郵送費と、書店で目立つような立体物の販促物の作成と郵送費を予定しています。

より多くの金額となった場合は下記に使用させて頂きます。
④WEB媒体(コミックナタリーなど)、雑誌(ダ・ヴィンチなど)、その他(電車、店舗など)媒体で広告を出校します。
⑤著名人をナレーションに起用する、宣伝用動画の作成をします。 

⑥リターン作業費・郵送費に使用します。

 

●ご支援頂く際に、備考欄に必ずクレジット用のお名前を、10文字以内でご記入お願いします。 本名、ハンドルネーム問いませんが、公序良俗に反する表記はお控え頂けますと幸いです。ご記入がない場合は、CAMPFIREのアカウント名をクレジットさせて頂きます。

●発送物のあるコースにてご支援頂く方につきましては、日本国内のみの発送対応に限ります。可能な限り全てのご支援者様に単行本発売前にお渡しできるように進めて参りますが、制作の進行上お渡しが少し後ろ倒しになる可能性もありますので、ご了承頂けますと幸いです。また、確実にお荷物が届くように、集合住宅の方にお住いの方はお部屋番号までご記載お願いいたします。

●リクエスト色紙、リクエスト原稿をご希望の方は必ず備考欄に、ご希望のキャラクター名をご記入頂けましたら幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください