プロジェクト本文

毎度お騒がせしております。
おもしろ絵本作家のキングコング西野です。

 

制作に4年半を費やした私の最新作『えんとつ町のプペル』がいよいよ発売となります(2016年10月末予定)。

 


世間の皆様から「なんで芸人のクセに絵本なんて描いてんだよ!」と散々っぱら叩かれ、
ナインティナイン岡村さんからはラジオでチクチク言われ、
なかなか激しめの風雪に耐え、ようやく産み出した作品なので、
「そりゃあもうド派手にプロモーションをして、反撃させてもらいましょう」と盛り上がっちゃいまして、
このたび、表参道にあるセゾンアートギャラリーさんで『えんとつ町のプペル展』を(11月3日~11月30日)を開催することとなりました。

 

http://sezonartgallery.com/

 

今回の個展では、『えんとつ町プペル』の全ページのイラストはもちろん、
《分業制》という初の試みとなった制作の裏側、
キャラクターや『えんとつ町』の設定資料等をすべて公開。
また、過去の作品の原画も(期間中、入れ換えながら)全て展示する予定です。

 

 


キンコン西野のInstagram


そんな中、「せっかく個展を開催させてもらえるのに、普通に絵を展示するだけ…というのもなぁ」と思っていたところ、ギャラリーのスタッフさんが、「試しに、こういうのを作ってみました」と。

 

 

 

なんと、『えんとつ町のプペル』のイラストがピカーン!と光っているではありませんか!
えんとつ町の提灯が光り輝いているではありませんか!

 

「な、なんですか、これ?」

 

「面白いかなぁと思って、サンプルで一個だけ作ってみたんです」

 

ちょっと待って!


これ、最高だよ!!


ギャラリーのライトを全部消して、『えんとつ町のプペル』の絵を光らせて、絵そのものをライトにしちゃいましょうよ!

誰も見たことのない『全ての絵が光り輝いている個展』をやっちゃいましょうよ!!

 

 

「この光るイラスト、一枚だけじゃなくて、全ページ分、作っちゃいましょう!」

「いや、でも、西野さん。これ作るの、かなりお金がかかりますよ!」

「なるほど。ようし、こうなったら、他人に助けてもらいましょう!!」


…というわけで、このたび、クラウドファンディングで皆様に助けを求める運びとなりました。

見たい見たい見たい見たい。
俺、見たくてたまらないし、見せたくてたまらないんです、この景色。
この空間に抜群の音楽が流れていたら、もう泣いちゃう!

なんとしてでも叶えたいです。

そして、バカみたいに制作費がかかるのにもかかわらず、僕は、この個展を『入場無料』でお届けしたいのです。
チビッ子がフラッと入ってこれる空間にしたいのです。

どうか、皆様の力をお貸しください。
最高の景色を作りましょう。
宜しくお願い致します。

 


キングコング西野亮廣




絵本『えんとつ町のプペル』

作品だけをお求めの方はコチラ↓
【Amazon『えんとつ町のプペル』

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください