”見えづらいを自分で見える”ようにできるメガネ 「アドレンズ」です。自分で度数調節ができてスマホ老眼、老眼、近視、遠視(乱視には非対応)に対応してます。あらゆる”見づらさ”を解消してくれるメガネを一人でも多く届けたいです。

プロジェクト本文

初めまして!!
”雑貨はみんなを笑顔にする”がモットーの雑貨屋
UISIN(ウイシン)DESIGN HOMECENTERの森田敏裕と申します。

はじめてキャンプファイヤーでクラウドファンディングをさせて頂きます。

クラウドファンディングをする理由

「1人でも”見えづらい”を”見える”になって喜んでほしい。」
このメガネを一人でも多くの人に届けたいと本気で思ってます。


私自身、雑貨屋を営むまでは視力は両方2.0ととても良かったのです。
雑貨屋をやりだすと、仕事の作業上、PCやスマホを見る時間が毎日増えて
いきました。


当然視力は落ち、今まであたり前に”見えていた”ものが”見えづらく”なり、
とても不便になり気分も落ち込みました。

PCやスマホを見ながら作業する時はメガネをかけています。しかしながら
視力は更に落ちていき新たにメガネを買い足すという事をしていました。

そんな時に出会ったのが”自分で度数調節できるメガネ”イギリスデザインの アドレンズでした。

アドレンズは買い足す必要もなく度数も自分で調節できる画期的なメガネです。


自分と同じように”見えづらさ”で不便を感じている方は多いと思います。
ひとりでも多くの方にこのメガネで当たり前であった”見える”を取り戻してほしいと
思います。


集まったご支援金は、アドレンズの仕入れ代金に使わせて頂き、リターンいたします。少しでもアドレンズの良さを知っていただければと思います。

最近よく聞くスマホ老眼って!?

ところで最近スマホの見すぎでスマホ老眼の人が増えてると耳にします。

スマホ老眼ってなんなんだと思い調べると

簡単にいうとスマホやPCの見すぎで、老眼のように遠く、もしくは近くのモノが見えづらく なる事です。

モノを見る時、カメラのレンズの役割をする水晶体を支える毛様体と言われる筋肉が伸びたり縮むことで 水晶体も大きくなったり小さくなったりしてピントをあわせるのですが、毛様体が疲れきっちゃうと スマホ老眼となります。

眼精疲労のひどい状態です。

 

スマホ老眼からくる体の症状

眼精疲労だけでなくひどい場合は肩こり、頭痛、吐き気などおこります。 自分も偏頭痛と肩こりと目の痛みに悩まされました。

 

スマホ老眼は治るのか?

老眼と違って治る可能性は高いようです。


 とにかく酷使した毛様体を休ませて、スマホやPCを必要以上見ないようにする。
目を温めたり、目に良い食べ物を食べたりと目をいたわってあげる。


 そうはいっても私も含めて仕事上見なければいけない方も多々いらっしゃると思います。

そういった方達の目をサポートする。そして、スマホ老眼だけでなく、老眼、近視、遠視

のあらゆる”見えづらい”を”見える”にするのが アドレンズです。
(乱視には対応していません)


アドレンズの特徴1


(セルフ度数調節メガネ) メガネの縁にあるリューズを回してダブルレンズを動かしピントをあわせるだけ。 よっぽどひどく視力が落ちない限り買い替え不要。 高コスパです。

(一般的なメガネ) 例えば視力が0.3だったらその度数にあったレンズが1枚だけのメガネを選ぶだけ。 視力が落ちるたびにメガネ、もしくはレンズを買い換える必要があり低コスパです。



アドレンズの特徴2

ブルーライトを30%もカットします。



ブルーライトってなぜ目に悪いのか?

目に見える光線(可視光線)の中でめちゃくちゃパワーを持っている光線で、紫外線クラスだそうです。


紫外線はシミの原因とか皮膚がんの原因つくったりする光線と同等クラスのパワーを持ってるということです。

毎日そんな光線を浴びてたら目が悪くなって当然です。そしてブルーライトはLED照明からも出ているので、これからはどうブルーライトと上手く付き合うかが大切になってくると思います。


ブルーライトは悪い事ばかりではなかった!?

(PHOTO ACより)

ブルーライトは体内リズム(体内時計)を整えて健康維持に重要な役割を果たしているそうです。

ちょっと意外でした。悪い事ばかりではないのですね。

ブルーライトが引き起こす障害

(PHOTO ACより)

目の疲れや痛み、睡眠障害、肥満、精神障害など。

ブルーライトは先程、健康維持に重要な役割を果たしてるって書きました。なのになんで?って思うでしょう。


簡単に例えると
ブルーライトを太陽と思ってください。


本来人間の体って朝太陽が昇って朝日を浴びると体が”朝だ!起きよう”ってなります。
夕方からだんだん暗くなってくると”寝ましょう”となります。



つまり、人間の体って自然のサイクルと同じようなリズムがインプットされていて、よくいう体内リズムや体内時計というやつです。


されど現代は夜中でも明るい。一日中 朝の状態です。起きて起きて起きて。。。いつ寝るんだ!!て感じになる。


そうなると体のリズムが狂って、結果、体が悪くなるということです。

ブルーライト対策

規則正しい生活をして、ブルーライトも長時間浴びないということです。

でも、これは個人的には難しいと思います。ブルーライトを長時間浴びないことなんて。
いたるところブルーライトだらけだからです。

今回紹介しているメガネ、アドレンズはブルーライトを30%もカットして
自分で度数調節できるので、長時間PCやスマホを仕事などで見ないといけない方にはおすすめです。

アドレンズに限らずパソコンメガネをかけてるだけでも目の疲れ方はかけないよりも
断然疲れないので、目が良い人でもかけて予防したほうがいいと思います。

実際使ってみた感想


  • 良い点

  • ・左右それぞれ視力が異なるので、それぞれで度数調整ができる

  • ・細かい文字がはっきり見える(拡大鏡機能 最大1.7倍)

  • ・目が疲れにくい

悪い点

・作りが安っぽくみえる

  • ・二重レンズのためメガネふきで拭くと二重レンズの重なり部分に拭いた痕が残りやすい

  • ・人にもよりますが、メガネをかけたまま歩くとふわふわした感じがする。

アドレンズは遠い景色を見るためのメガネではなく、スマホやPC、テレビなどの近いモノを見るためのメガネだと分かりました。


アドレンズの特徴3

  • メガネの保証は半年保証など期限がある場合がほとんどですが、アドレンズはなんと永年保証

  • で不具合があれば無償で永年交換してくれる保証なんです。


アドレンズの使命

人々の見る景色を変え、人々により良い暮らしをもたらすということ。

人々の視力が向上すれば、人々の生活が向上し、全ての人々が幸せになる
強い思いを持っています。

実際メガネが買いたくても買えない人々にメガネを無償で提供したり、
誰もがメガネを買えれるようにとビジョン・フォー・ア・ネーション基金
を設立して社会貢献しています。

そういう使命があるからこそ”永年保証”が生まれたと感じています。


はっきりと見えていた当たり前を取り戻す

先にも書きましたが、今まであたりまえにはっきりと見えていたのが、見えづらくなるのは生活する上で本当に不便です。

アドレンズは”はっきりと見える”当たり前を取り戻すメガネだと確信しております。

ぜひ!!当たり前を取り戻してください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください