名古屋PARCO RESTAURANTS【& FOOD HALL】に地元食材を使用した新店をオープン!但し、食材を提供する【三重県 紀伊長島の漁業】がSOS!高齢化、後継者不足、そして水揚高の減少と危機に直面をしています。さらに設備の老朽化など課題が山積。地元食文化を守り、後世につないでいきたい!

プロジェクト本文

はじめまして。奥山安蔵商店株式会社とエイムエンタープライズ株式会社と申します。私たちは地元である愛知県、三重県をはじめとする東海エリアを中心に飲食店を運営をしています。

この度、地元東海エリアの人気飲食企業を中心に構成され地元の魅力を再発信する名古屋PARCO RESTAURANTS 「& FOODHALL」(2019年2月27日OPEN)に、新たな挑戦として地元食材を使用した新店を開店いたします。新店のオープンにあたり、これまで私たちが美味しい料理をご提供できているのは「生産者」のおかげであり、今回新店を開店できるのも「生産者」あってこそなんです。ずっと私たちを支えてくれている地元生産者への「恩返しとご支援」として、「三重県 紀伊長島の漁業を守りたい!」プロジェクトを立ち上げました。



▼このプロジェクトについて 

奥山安蔵商店は、創業昭和35年 伊勢志摩・熊野灘直送の活魚問屋です。私たちの使命は、「生産者の声を届けること・良いものを表舞台に出していくこと」です。そのため、末端の仕入れからお届け、そして料理をしてお客様にご提供するまでをすべて自分たちで行っています。

それは納得のできる良い魚を自分たちの目で選び、良い状態のまま加工して、最も美味しいお料理としてお届けしたい、という信念に基づくものです。

しかし、時としてお客様の求めているものと生産者の想いにズレが生じる時があります。私たちは「三重人としてそのつなぎ役」にもなりたいと思っています。

その中で、魚の新たな美味しさを発信すべく今回、地元三重県(紀伊長島)の「干物」に特化したまったく新しい業態の「奥山安蔵商店ひものてらす」をオープンいたします。干物は良さを伝えにくい商材であり、美味しさをわかってもらえるまでに時間がかかります。但し、老舗の活魚問屋だからこそ、魚の鮮度の目利きだけではない漁師や干物生産者とのコミュニケーション、生産工程から出荷に至るまですべてを把握し、生産者の想い・干物の美味しさをお客様へとご紹介することができます。

干物を通じてお客様と生産者をつないでまいりたいと考えており、私たちにとっての挑戦でもあります。

三重県の紀伊長島は、三重県の南に位置する紀北町にあります。なんと紀北町の面積の9割が森となっており、自然に溢れる町です。歴史ある巡礼の道 「世界遺産熊野古道」の町としても知られています。名古屋から車で約2時間20分、大阪から約3時間、東京から車で約5時間30分のアクセス!

魚は面白い。何万種類とあり、いまだに発見されていない魚もあるほど。どこまでも奥が深く日々発見です。

一番好きな魚は「かつお」と「鯛(たい)」!かつおは子供の時から慣れ親しんだ魚でああり、毎日食べてましたが、今でも一番好き。かつおや鯛は産地はもちろん、同じ産地でも1本1本味が違う。かつおと鯛って面白い魚だと思います。

美味しい食べ方は、かつおは鮮度命。でも魚によっては鮮度がよければよ良いというわけではなくて、時間を置いた方が旨くなる魚もあります。ほんとに魚は食べるのも扱うのも楽しい。まぐろやぶりは活〆して、少し時間を置いた方がぜったいおいしい!

今回挑戦する干物のお店では「かます」の干物はぜひ食べてほしいです!

かますは、ぼてっと肥えた、大きいかますがおススメです。なおかつ、天日干しをした、手作りのものが一番!今回、挑戦する干物については、三重県さんにとことんこだわり、製造方法も一点一点手作りの干物をご提供します。

魚離れする現在、魚の美味しさを知ってほしいと思っています。

魚の目利きは自分が一番!ほしい魚は絶対買う!これはお客様に美味しものをお届けする私の腕の見せ所です。

新しいお店では、こだわった魚しか置かない、ここに来れば美味しい魚にありつける場所となります。

干物を製造するのは、紀伊長島の漁港に位置する「マルサ海産」。地元で獲れた魚しか使わず、作りたいものしか作らない徹底したこだわりの持ち主。すべての工程を手作業で行います。揚がってすぐの魚を手際よくさばき、洗い、天日干しされた魚は美しい。

大量生産では出し得ない干物職人ならではの技術があります。天日干しの時間も、魚の種類や状態、その日の天候で決まります。この日の魚は「かます」。日の当たり方などから午前中から干し、夕方には美味しい干物に生まれ変わります。

「良いもの、美味しいものを追求していくと、行き着く先は生産者」。私たちは生産者と一心同体であり、ともに生きています。つまり、生産者がいないと僕らは生きていけず、「生産者は魚を獲ってきていただいている存在」です。そして値段をたたくだけではなく「良いものをきちんと評価し、良い値段で買うことが生産者への貢献」と考えています。一方で生産者として漁業に従事する方々の高齢化や後継者不足、それにともない漁業の従事者が減り、水揚高が減少するという大きな問題に直面をしています。さらに、設備の老朽化等の改善も必要です。こういった課題はあまり生活している中であまり実感はわきません。伝わりにくい情報を届けたいをきちんと伝えたいと思っています。

▼クラウドファンディングご支援金の使い道 

クラウドファンディングにご支援いただいた支援金は、三重県の漁業生産者様に還元いたします。若手漁師さんの育成、また漁業設備の改修資金、その他漁業支援に使わせていただく予定です。

エイムエンタープライズ株式会社は愛知県を中心に、カフェ、ダイニング、そして居酒屋などを18店舗展開しております。そして、今回私たちは日本にもあまりない「キーマカレーうどんと和スイーツ」に挑戦をいたします。

地元 愛知県産の野菜を使用し、生産者の皆さまと一緒になって東海の食文化を盛り上げていくとともに、奥山安蔵商店が掲げる三重県の漁業が抱える課題改善が急務であることに共感し、ともに東海の食文化を守っていきたいと考えています。


▼名古屋PARCO「PARCO RESTAURANTS &FOODHALL」SCALE UP OPENについて

2019年2月27日(水)オープン!

 増床エリアには東海エリア初上陸となる「東京上野焼肉 陽山道」や全国屈指の人気回転寿司店「金沢まいもん寿司」が登場致します。また今回は新たな食のトレンド「FOOD HALL」ゾーンが誕生。

「食」に関する様々なシーンへの対応を可能にするべく、各店舗のイートインスペースだけではなく、対象店舗の各メニューを持ち寄る事が可能な共有イートインスペース(約50席)を設け、様々な使い方・過ごし方をお楽しみ頂けます。

「& FOODHALL(アンド フード ホール)」は地元・東海エリアで人気の飲食企業を中心に、東海エリア初登場となる新業態などで構成、地元の魅力を再発信してまいります。 「& FOODHALL」という名称には、これまでのレストランフロアに新たな魅力が加わること、また人々や空間など様々なモノを繋ぐ場所としての意味を込めております。

老舗活魚問屋の奥山安蔵商店の目利きでセレクトした渾身の干物セットをお届けいたします。ぜひ食べていただきたい「カマスの開き」もセットに入っています!もちろん干物はすべて地元 三重県産で、紀伊長島で作られた干物です。1口5,000円(税込・送料込)。

<干物セット内容>

カマス開き・サンマ開き・サンマみりん・アジ開き・サバ伊勢醤油干し・サメのタレ・サンマ丸干し 全7種


ココがすごい!!!お見逃しなく!

<レセプション>ではリニューアルOPENに先駆けて一足早く、新店舗のグルメが味わえます。当日の飲食代はなんと“すべて無料(タダ)”!!この機会をお見逃しなく!
<プレミアムグルメチケット>は、なんと1,000円分お得(プレミアム)なグルメチケット!対象店舗は新店舗のみならず、一部既存の飲食店舗でもご使用いただけます。名古屋パルコのレストランをお得に、美味しくご利用くださいませ。1口5,000円(税込・送料込)。


<レセプションパーティについて>

・日時:19年2月25日(月) 18時~20時

・集合場所:名古屋パルコ西館7Fエスカレーター前 特設受付カウンター

・ご提供内容:ウェルカムドリンク1杯 2月27日(水)OPENの8店舗フリーフード(※一部店舗は限定メニュー有・各店毎に準備予定数到達次第終了)

※プレミアムグルメチケットは、レセプション会場にてお渡しさせていただきます。レセプションにご参加いただけない場合は、2019年3月上旬に6,000円分のお食事券をご郵送いたします。

<プレミアムグルメチケットについて>

プレミアムグルメチケットは、500円券×12枚1セットでのお渡しとなります。お友達やご家族でシェアするのにも便利!有効期間もたっぷり約半年間!※お釣りは出ません。

・対象店舗:「奥山安蔵商店ひものてらす」「京都四条くをん」「ビジュレ」「ヤミー」「フジヤマ55ラーメンスタンド」の新規店5店に加え、「名古屋コーチン 麺屋 鳥しげ」「SAKANA SPACE」「レイヤーズ the west kitchen」の既存店3店 計地元企業8店舗

・有効期間:2019年2月27日(水)~2019年8月31日(土)


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください