インドの伝統技法と天然素材による、エシカルなテキスタイル ブランド『kapuwa (カプワ)』の1号店が藤沢にオープンします!インドの魅力やこだわりの背景を発信していきます。世界観を共有し、感動し合える空間作りを目指します。そんなお店を一緒に盛り上げてくれる支援者を募集します!

プロジェクト本文


追加情報(2019年1月30日)

みなさまご支援本当にどうもありがとうございます!
kapuwaの1号店のオープンの詳細につきまして、こちらでご報告させて頂きます。

■オープン日: 2019年3月22日(金) 10:00

■場所: 藤沢駅南口 新商業施設 「ODAKYU 湘南 GATE」 2F

■営業時間: 10:00~20:00

活動報告も随時更新していきますので、ぜひご覧下さい。
引き続き宜しくお願い致します!

 初めまして、テキスタイル ブランド『kapuwa(カプワ)』の代表兼デザイナーの宮本愛子です。


 ブランド名のkapuwaは、私がとても大切にしていたある存在から名付けました。
後にその名が、菩提樹を守ることを仕事として定められインドからスリランカへ遣わされる人々を指す言葉であることを知り、より運命的なものを感じることになりました。 


 2012年にやっとの思いでこのブランドを立ち上げ、たくさんの方に「カプワ」の名前を呼んで頂き、支えられながら今に至ります。

 ▶ kapuwa official HP

 そして2019年3月、kapuwaは藤沢に初めてのお店をオープンすることが決まりました!


 ポップアップイベントを通じて国内外問わずお店体験を続けてきましたが、お客様と直接触れ合うことが好きで、デザイナーの私も店頭に立って接客をしていました。これからもたくさんの土地を回りたいと思っていますが、いつも変わらずあるお店がご紹介できることは、私たちにとって大変な喜びになります。

 今回のプロジェクトでは、みなさんに喜んでもらいながら一緒にお店の立ち上げを盛り上げて頂ければと思っております!


 まずは、私自身とブランドのお話から紹介と共にさせて頂きたいと思います。


 私が初めてインドに訪れたのは2008年でした。インドの北東部のジャイプールという場所の工房で、インドの伝統技法『木版プリント』に偶然出会いました。
 今思えばこれは運命だったのかも知れません。


 その光景は、手彫りされた木版(はんこのようなもの)でひと版ひと版、布に手作業で色を重ねていく細やかな作業でした。小さな木版で重ねられていくその色彩の世界は、今まで見た印刷技法とは比較できないほど素晴らしく、私を魅了しました。

 使われているインドの伝統の木版には、芸術的な繊細な柄が描かれていました。それは植物を中心に、自然をモチーフにしたものが多く、その華やかさにある奥深い美しさにとても心打たれました。



 ▶ 木版プリントの工程についてはHPでもご紹介しております。

 木版プリントはジャイプールで500年もの歴史を持ち、私が訪れた工房でも代々仕事を受け継いだ地元の職人たちが働いていました。お互いを思いやる家族のような工房で、私のことも暖かく迎えてくれましたが、小規模な工房だったため一度は服作りの依頼を断念しました。
 その後いくつもの工房を回るうちに3年が経過し、諦めかけたそのとき、再び当初のその工房を訪れた私に、オーナーは「職人も増えたし今なら一緒にできる」と言ってくれたのです。


 ブランドを作るならオリジナルの柄を作ったら良いのではないかと工房から提案を頂いたこともあり、初めてテキスタイルをデザインするということを実施しました。

 とにかく約一年はひたすら描き続けました。200枚以上描いたにも関わらず、ふと手紙の端に書いた汗のマークが異様に可愛く思え、なんとその柄が初代kapuwaのオリジナルのしずく柄となりました! 

 10年以上経った今でも、その頃の描き溜めたノートを見ては、初心に帰りそこからインスピレーションをもらったりします。


 作品作りの工程は、私がデザインした柄を職人さんたちが木版を作り、ひと版ひと版押していく技法で作られます。出来上がった生地からイメージを得て、布が映える形を考えながら大切に作品をデザインしていきます。縫製も同じ工房で行います。

 そして2012年、ついにオリジナルブランド『kapuwa』を立ち上げ、日本での販売を開始しました。


 2016年からはアパレルだけでなく、ホームアイテムを展開するkapuwa homeというブランドを立ち上げることになりました。
 そのきっかけは、アパレルの生産時期はとても偏っているため、常に仕事が必要な職人さんたちの継続雇用が難しいという相談を工房から受けたことでした。


 私にできることはないかを考えた中で、納期を設定しないで作れるものを作ろうと思いました。そこで、テキスタイル生地を使ったキッチンアイテムやベッドウェアなどを作ることになりました。 

 どうせ作るならこだわりたいという私の願いを聞いて頂き、手織りの生地を作っている村を探すところからスタートしました。いくつかの村を訪れて、そこでどんな人が織りどう暮らしているかなどを体感し、一つの工房にとても心を奪われ、そこに決めました。 庭には植物がたくさん育ち、野良牛がのんびりとお庭を散歩するような、長閑で素敵な場所でした。

 その工房の広い一室に置かれた織り機は、なんと60年も使い続けられたものでした。
 電気で動く機械もありますが、この歴史ある木製の機械で作られた生地こそが最高級だと作り手の彼らは知っています。だからこそ、彼らは今でも変わらずに生地を折り続けています。手織りされた生地は柔らかく、空気をたくさん含んでおり、この素晴らしい質感は機械では再現できません。


 そうして始まったのが、インドを代表する伝統的な手紡ぎ・手織りの布「カディ」を使う作品作りでした。


 kapuwa homeの商品だけでなく、kapuwaの商品にもそれは活かされています。

 

 人口が多いインドには、効率化ではなく「雇用を守る」道を選んできた歴史があります。その仕事があり続けると信じられるからこそ、安心して若者に受け継いでいくこともできるのです。

 インドの真夏は気温が50℃にもなるような過酷な気候です。
 インドの人々はそのような厳しい環境でも、職人ならではの確かな技術と誇りを持ちながら手仕事をしています。

 よく日本での活動が途上国の雇用を守ると言われていますが、私はここにいるみんなが、長きに渡りブランドを支えてくれているのだと思っています。

 


 “そんなインドの人々が作り出す素晴らしい生地を使って、みんなに買ってもらえる最高の作品をしっかり作ろう。”

 それが日本から来た私の使命のような気がしていて、毎日作品作りに励んでいます。 


 私自身、木版プリントは芸術だと思っており、『ハンドメイドされたインドのアートを、自分で考えた柄で身につけられるなんて、それはなんて素晴らしいことだろう』と、そう思い続けています。

 その思いを持ち続けることが、毎回のコレクションへと繋がり、kapuwaブランドの最大のポイントとなっています。

 

 品川区のアトリエショップの改装オープンのとき、私は正直不安な気持ちでいました。
 (*アトリエショップはアトリエ兼ショップを併設していましたが、営業自体が不定期のアトリエ中心の場所でした。)

 そんなオープン記念に、たくさんのお客様が足を運んでくれました。

 自分が生んだ『kapuwa』は、自分の子供のように思っている大切なブランドです。 
 そのブランドが、私がいないところでも私以外の人に愛されていることを思うと、自然と自信を持つことができ、お店をオープンしてもきっと楽しいことになるに違いないと感じました。

 ポップアップショップを各地で開催しているとき、終わりにはいつも寂しい気持ちがありました。


“終わりがないからずっと楽しいかもしれない。”


 そういった思いもあり、常設のお店を持つことを決めました。

 常設店ではkapuwaの商品以外にも、インドの素晴らしい作品や写真の展示を開催し、今インドはこんなにオシャレで素敵なのだと感じてもらえるものを、たくさん集めてご紹介できたらと考えています。 素敵な作品や背景を誰かと共有したり、感動してもらえる場所にできたらと心から願っています。


 店頭で実際に商品を見てもらうことで、kapuwaの世界観に同じように感動してくれるスタッフが、お客様と感動を共有できる場所を作りたい。そんな思いの中、お店のオープンに向かっています。


  全ては人で成り立っています。 kapuwaというブランドを応援して下さっている方々のお陰で、私は日々頑張ることができています。そんな中、もっとみなさまに背中を押してもらえるのではないかと思い、今回のプロジェクトを実施することに決めました。

 初めてのお店のオープンを一緒に応援してくれたり、オープンイベントに参加してくれる方がいることを願っています。

 今回、プロジェクトだからこそ体験できることやもらえるものをご提案したいと思いました。普段はなかなか出来ないような、特別でワクワクするものをお届けしたいという思いがあります。

 今回のプロジェクトで集まった資金については、kapuwaの初めてのお店オープンに向けて、内装費、什器などの費用に使わせて頂きます。そしてまだ携わることができていない、家具職人さんとの取り組みにチャレンジしたいと思っています。インドのハンドクラフトの職人さんと一緒にオリジナルの什器を作成したいという思いがあります! 


 kapuwaの服を見せるその空間までをインドの職人さんと共同制作し、空間すべてが一つの作品のようになり、その空間でみんなが楽しんでもらえる提案ができたら本当に素敵だと思っています。一緒に感動してもらえる空間づくりのために、使わせて頂ければと思います。


 今回のリターンでは、クラウドファンディングならではの特別感のあるものをご用意させて頂きました。
 特別価格品以外のリターンには、kapuwaの藤沢のお店のオープンから使える10%OFFチケットとオープン記念プチギフト 引換チケットがセットで付いてきます!

※チケットはkapuwa藤沢店でのみ有効となります。アトリエやその他イベントでは使用できません。
※チケットにはそれぞれ有効期限がございます。1チケットにつき1回限りとなります。
オープンから使える10%OFFチケット(有効期限2019年6月30日)
オープン記念プチギフト 引換チケット(有効期限2019年3月24日)



■デザイナーが選んだインドのお土産
オープンから使える10%OFFチケット
オープン記念プチギフト 引換チケット

5,000円  

 
 デザイナーが自ら選定した素敵なインド雑貨のお土産と、藤沢のお店のオープンから使える10%OFFチケット/オープン記念プチギフト 引換チケットのセットです。
 ブルーポッタリー(インドの陶器)、クラッチバッグ、コインケースなどデザイナーが女性が持っていると可愛いと感じるお気に入りの品になります。

※インドのお土産のデザイン・商品はランダムになります。お楽しみとなりますので選べませんので予めご了承下さい。 


■デザイナーがレクチャーする『木板プリント体験』 トートバッグ作り ワークショップ(お土産付き)【3/21(木祝)・3/22(金) 各日11:00~/14:00~】
オープンから使える10%OFFチケット
オープン記念プチギフト 引換チケット

5,000円  
 

  デザイナー自身とお話をしながら、インドの木版プリントの体験が藤沢のお店でできます!デザイナーが作ったトートバックを参考に、白いトートバックに柄を押しながら自分だけの木版プリント作品が作れます。デザイナー自身が撮ったインドの写真のポストカードもお土産で付いてきます。

※所有時間は約30分となります。


■<クラウドファンディング限定 非売品> kapuwa オリジナル ミニトートバッグ 2個セット
オープンから使える10%OFFチケット
オープン記念プチギフト 引換チケット

8,000円

 kapuwaの素敵で可愛いテキスタイルを使ったミニトートバッグのセットを、このクラウドファンディングのプロジェクトのためだけに制作しご提供します!
 非売品のため、ここでしか手に入らない商品となります。
サイズ:縦22cm×横16cm

※ミニトートバッグの柄はランダムになります。選べませんので予めご了承下さい。
※画像はイメージとなります。 


■<クラウドファンディング限定 特別価格 20%OFF> kapuwa オリジナル ワンピース
オープン記念プチギフト 引換チケット

11,232円
 

 kapuwaの19年春の新作ワンピースを、クラウドファンディング限定の特別価格20%OFFでご提供いたします!通常価格14,040円⇒ 特別価格11,232円となります。
 人気のキューブ柄の3種類のカラーバリエーションよりお選び頂けます。エレガントでキュートな雰囲気の装いが温かい春にぴったりです。
サイズ:着丈114cm 天幅20cm バスト100cm 裾周り236cm

※こちらのリターンにはオープンから使える10%OFFチケットは付きません。オープン記念プチギフト 引換チケットのみとなります。



プロのコーディネーターによるパーソナルカラー診断 イベント【3/23(土)・3/24(日)  各日12:00~/14:00~/16:00~】
オープンから使える10%OFFチケット
オープン記念プチギフト 引換チケット

12,000円

  春の立ち上がりで新作が揃う中、プロのカラーコーディネーターがあなたにぴったりな着こなしを藤沢のお店で提案します。パーソナルカラー診断を実施し、あなたに似合う色をプロが教えます。ストールをご購入の方には巻き方講座と巻き方紹介の冊子もプレゼント致します! 当日でも使える10%OFFチケット等も付いているのでお得です。   

 多彩な色を使うkapuwaだからこそ、ご自身に似合う色を知っていただき、素敵なお買い物を一緒に共有できればと思います。

※所有時間は約90分となります。
※コーディネーターは選べませんの予めご了承下さい。


■<クラウドファンディング限定 非売品> kapuwa オリジナル ワンピース
オープンから使える10%OFFチケット
オープン記念プチギフト 引換チケット

12,960
 kapuwaの人気テキスタイルのワンピースを、このクラウドファンディングのプロジェクトのためだけに制作しご提供します! 4種類の柄よりお選び頂けます。
 非売品のため、ここでしか手に入らない商品となります。
サイズ:着丈116cm バスト102cm 袖丈55cm ウエスト90cm

※画像はイメージとなります。


■~ジャイプールで会いましょう~ デザイナーが案内する「インド・ジャイプール一日ツアー」 
オープンから使える10%OFFチケット
オープン記念プチギフト 引換チケット

15,000円

   デザイナーが大好きなインドのお店を一緒に回れます。お買い物、遺産見物、おすすめレストランでの食事などが一緒に楽しめます!(ランチ代は含まれます)
 デザイナーが例年7・8月辺りにジャイプールを訪れるため、事前に決定次第日程をご連絡しますので、スケジュールが合わせられる方に限らせて頂きます。 

※参加者は女性の方に限らせて頂きます。
※お待ち合わせ等の詳細につきましては、直接デザイナーとのやり取りとなります。
※現地(インド・ジャイプール)集合となります。 ジャイプールまでの旅費(旅行先での費用全般含)は支援者の方ご自身でのご負担となりますので、予めご了承ください。
※お時間は夕方までとなります。
※有効期限2020年8月まで
                                                

                                                                                    

 長くなってしまいましたが、最後までお読み頂きどうもありがとうございます。

 情熱だけは人一倍持っていて、感受性豊かな中で様々なことに感動しながらものづくりをしてきました。

  フェアトレードはもちろんですが、商品を通して毎年インドの工房の職人さんたちに、「こんな風に作ってくれた商品が並んだよ」「こんな嬉しい進展があったよ」など、いつも良いニュースを届けてあげたい。家族のように一緒に喜んでくれるみんなの顔が浮かぶから、毎年少しでも成長したい。そんな強い思いを持ちながら、歩むべき道を真っ直ぐ見据えています。 

 インドの職人さん、カディ村の地域のみなさん、その家族や親戚までもが共に喜べる環境があり、そんな生産者が見える服作りを行っていくことが私のこれからも変わらぬ姿でありたいと願っております。


 そんな中、色々なご縁を感じて、私の育った地元である藤沢に初めてのお店をオープンすることになりました。このお店を通して色を纏う楽しさを一緒に共感していただけたら、とても幸いです。

 ご支援と応援のほど、どうぞ宜しくお願いいたします!  

           


  • 2019/03/17 09:13

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2019/02/28 15:37

    1ヶ月ちょっとあっという間でしたが初めて挑戦したクラウドファインディングですが本日最終日。きっとこれが終わる頃にはもうお店の内装も整っていて装飾という部分でちょっと手を加えるくらいかなー、塗装とかを地道に頑張るかなーーーーーって思っていたのですがとんでもない。。。。何もできておりません><何か...

  • 2019/02/23 15:31

    いつも応援くださいましてありがとうございます。気付いたら、すでにクラウドファンディングは残り一週間を切りまして、お店のオープンまで1ヶ月となりました汗焦る!!!文章を読んでくださり共感してくださり、応援してくださいました方へ本当に本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。メインに使っている...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください