今、最も注目される起業家、前田裕二さんのお話を地方の高校生に聞かせたい!! (写真はゼロ高 入学式でのゼロ高生 嶋田悠輝くんと前田裕二さん)

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして、こんにちは。三森(みもり)佳代子と申します。現在京都で4人の息子を育てながら働く、いわゆるワーママです。

リクルートマーケティングパートナーズで高校渉外の仕事を13年間勤め2016年に退職。在職中の2014年からDMMのオンラインサロンである堀江貴文イノベーション大学校(通称:HIU)で高校現場のキャリア教育プログラム「キャリア4.0」を企画運営。現在は地元京都で民間学童保育(ボクらの秘密基地:児童10名)、堀江貴文氏主宰「ゼロ高等学院」(通称:ゼロ高)の事務局として日々教育に携わる活動をしています。

自分に4人の息子(21歳、19歳、17歳、8歳)がいることもあり、次世代育成に役立つことなら、ちょっとハードルが高そうなことも「やってやるぞ!」という精神を思って日々活動をしております!



▼このプロジェクトで実現したいこと

リクルート時代に仕事でお世話になった高校

に、SHOWROOMの前田裕二さんという今最も活躍されている起業家の「生」のお話を聞いてもらうことで、「自分の未来を自ら考えて、動き出せる若者になってほしい!」そんな子供たちの背中を押すお手伝いがしたい!そのように考えています。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

高校現場ではキャリア教育の一環として、様々な講演会を催しておられますが、1)高校に予算がないこと、2)教育現場に社会との繋がりが少ないという問題もあり、なかなか「今」活躍する社会人の話を聞く機会が提供できていない現状がありました。

そんな折、前田裕二さんが著書「メモの魔力」の発売プロモーションとして、『500冊購入者に講演会します!!』という素晴らしいを目にツイートを目にし、「高校生に聞かせたい話はこれだ!!」と思い、その権利を獲得しました。


▼これまでの活動

HIU(堀江貴文イノベーション大学校)で生き生きと活躍されている社会人の方に、高校現場でお話ししてもらう「キャリア4.0」を開催してきました。(4回実施)

今回は前田裕二さんという、今最も活躍する起業家の方のお話しなので、多くの方の関心を集められるのではということでクラウドファンディングに挑戦させて頂くことになりました。


▼資金の使い道

「メモの魔力」の500冊の購入費、1,512円×500冊=756,000円

前田裕二さんの高校までの交通費30,000円

プロによる当日の講演内容の動画編集費。150,000円



▼リターンについて

◇前田裕二氏 著書「メモの魔力」+ 前田裕二さんの高校現場での講演動画(50分程度を予定)限定URL

クラウドファンディング終了後の配送になります。

◇前田裕二氏   高校での講演会動画  限定URL

▼実施スケジュール

本を支援者にクラウドファンディング終了後発送

講演日程につきましては、決定次第お知らせいたします。(2019年4月以降になる予定)

講演後、プロに講演動画を編集してもらいUP予定。(限定URLをお知らせいたします。)


▼最後に

2018年10月ゼロ高入学式で前田さんに来て頂きました。入学式での堀江さんと前田さんの対談に、ゼロ高生はたくさんの刺激を受けていました。

今回は奈良県の高校への講演会ということで前田さんの「メモの魔力」の話を聞いてもらおうと思っています。

先述しましたが、地方の高校では、このように活躍する方のお話しを聞ける機会が少ないのが現状です。前田さんのお話に刺激をうけて、自分の人生を自分で動かせるきっかけになればと思います。そして、10代向けのこの講演動画を、クラウドファンディングにご協力いただいた方にもお届けします。

私自身が、前田裕二さんの「人生の勝算」「メモの魔力」を読み感銘を受け、Twitterをフォローし、前田裕二さんの「どんなときも揺らぐことがない、深く大きな愛情をもつこと。思いやりの気持ちを持つこと」というその姿勢を、多くの若者に知ってもらいたい。そのお手伝いが出来れば幸いです。

若者を元気にすることが、これからの日本を明るくすると思ってこれからも活動していきます。

ご支援、宜しくお願い致します。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください