画業40周年記念し開田裕治が現代までに描いた、現存するガンダム作品を完全収録する「唯一無二の一冊」。“GUNPLA”と呼ばれるプラモデルの箱絵の黎明期からガンダムを描き続ける開田裕治ならではの箱絵の魅力を最大限に活かす画集サイズも“プラモデルパッケージサイズ”というこだわり!数量限定リターンも登場!

プロジェクト本文

●新着情報
人気投票をさらに盛り上げていくため、開田裕治セレクト10作品 ポストカードセット(10枚入)が追加リターンとして募集開始!
募集期間残りわずか!5月13日(月)まで!


●新着情報

開田裕治画業40周年“GUNPLA(ガンプラ)”の箱絵イラスト展覧会
「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」が池袋パルコミュージアムで開催決定!!

【開催概要】
■タイトル:開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー
■会期・時間:2019年5月17日(金)〜6月3日(月) 10:00~21 :00
※会期中無休※最終日は18:00閉場※入場は閉場の30分前まで
■入場料:一般:500円(ノベルティ付) 学生:400円(ノベルティ付) 小学生以下無料
<PARCOカード・クラスS>会員は入場無料、<PARCOカード>会員は入場料半額
※ご本人様に限ります。※他割引サービスとの併用不可。
■会場:PARCO MUSEUM(池袋PARCO 本館7F) 東京都豊島区南池袋1-28-2
■主催:PARCO/MOBYDICK/DIGITAL NOISE
■協力:創通/サンライズ
■URL: https://art.parco.jp/

●新着情報
パトロン数500人&目標金額300%達成に感謝の気持ちを込めて、御礼として追加リターンを企画しました!

【追加リターン内容について】
<限定100口>【開田裕治直筆】イラスト色紙+【描き下ろし】限定Tシャツコース  13,000円

<リターン内容>
・【直筆】イラスト入り色紙(絵柄は開田先生が決めます、リクエスト不可、記名) 
・【画帖カバー用の描き下ろしイラスト使用】BOOSTER限定品Tシャツ

※記名は、お申込者以外のお名前でも可能です。ご希望の表記やお名前がある場合は、備考欄にご記入ください。但し、「機動戦士ガンダム」のキャラクター名やモビルスーツ名称での記名は不可。
※Tシャツサイズは、S,M,L,XLから選択ください。
※直筆イラスト色紙サンプルはプロジェクトページご参照ください。
※2019年7月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージです。

【開田裕治先生からのメッセージ】
本コースにご参加いただいた方には、OUT OF STOCKとなったガンダムイラスト色紙とは別の絵柄の色紙をお描きします。一枚一枚感謝をを込めて手描きいたしますので、どうかお楽しみに。

【追加リターンお申込み日時について】
①3月27日(水)お昼12時募集開始 限定50口
②3月28日(木)お昼12時募集開始 限定50口
※限定100口を上記2日間に分けて募集をさせていただきます。

【ご注意事項】
・20,000円コースのイラスト色紙と描かれるイラストは異なります。
・お申込み済みのリターンに関しては、キャンセル・ご変更はできません。ご了承ください。
・このコースには、ガンダム画帖本誌は付属しません。
・イラスト色紙は3月27日(水)・28(木)ともに同一のイラストとなります。



このクラウドファンディングは、ガンダムやウルトラマン、ゴジラなど数々のイラストを手掛け、日本の特撮文化を黎明期から支えながら怪獣絵師の異名を持つイラストレーター開田裕治の画業40年を祝すための企画です。
この度、「機動戦士ガンダム」シリーズをテーマにした画集「開田裕治の機動戦士 ガンダム画帖」(以下、ガンダム画帖)出版プロジェクトを立ち上げさせていただきました。

  開田裕治が現代まで描いたガンダム作品を完全収録する画集!アナログ作品は、全て開田裕治自らがデジタルデータ化した、まさに「画業40余年を総括する一冊」となります。
 
“GUNPLA(ガンプラ)”と呼ばれるプラモデルの箱絵からスタートしたガンダム作品は180点近くにおよび、この「ガンダム画帖」では現存するすべての作品を収録します。最新のデジタル作品を含むアナログ&デジタルカラー作品160点余りを収録!

収録作品の60%を超える“GUNPLA(ガンプラ)”箱絵を収録することから、箱絵の魅力を最大限に活かして収録するため「ガンダム画帖」のサイズも“プラモデルパッケージサイズ”を元にした横幅の広いB4変形(291 × 364mm)を予定します。

また、BOOSTER限定版出版企画として、開田裕治先生がセレクションした10作品の中からサポーターの皆様に人気投票へのご協力をお願いします。BEST3に選ばれた作品を画集の表紙カバーにして、支援いただいた方々だけが手に出来る画集作りを行って行きます。
たくさんのご支援をお願い致します。

僕はイラストレーターとしてデビューして42年目になります。そしてちょうど僕がイラストレーターとしてデビューして間もなく1979年から「機動戦士ガンダム」のテレビ放映がスタートし、ひたすら熱中して見ていました。そして、テレビ放映に続いて「第1次ガンプラブーム」が巻き起こり、その時ガンプラのパッケージの描き手として描くようになったのが、GUNDAMイラストとの出会いです。

その出会いは「GUNDAMを描けること」「プラモデルのパッケージが描けること」両方とも僕にとってはとても大きなことでした。というのも、ガンダムはもともと好きな作品であり、その作品を描ける喜びとともに、僕らの世代にとっては「プラモデルの箱絵は“別格”な存在」。それは、箱の中のプラモデルのキットと作り手を結ぶ特別な絵なんです。
さらに、尊敬する大先輩方もこぞって箱絵を描いていましたし、何より下手な箱絵はまずないんですね。それくらいレベルの高い絵の世界の仕事をして良いとお許しをいただけた気がしました。

ガンプラの場合は、実際に作ったら立体の実在するものになる一方で、そのソースであるアニメは平面のセル画の世界、その間には大きな落差があります。その橋渡しになるイメージを膨らませるのが箱絵じゃないかと思っています。「アニメの世界が現実にあったらどんな世界になるのか想像して」、そして「その前後にどのような物語があるのか想像して」、実際に箱絵を見た方々の世界の中にもそのイメージを定着できたらと考えながら書いています。

今回の画集は、そんな僕の描いてきたガンダムのすべてをおさめた唯一無二の一冊になっています。筆やエアブラシで描いたアナログ作品は全て自分でデジタルスキャンしてデジタルデータにしました。プラモデルパッケージならではの横長の絵も、絵が隠れることのないように折り込みの観音形態で製本して貰います。幅広い絵もダイナミックに収録出来るB4変形サイズの画集を目指します。

これまで私は、最初に描いたファーストシリーズの100分の1「アッガイ」(1982年)から約200点ほどのGUNDAMを描いてきました。GUNDAM特有の工業製品であることと兵器であること、戦争状況の中で活躍をしている絵をドラマ性とともに1枚の絵の中に長年に渡って描いてきまして、それがすべて網羅できるような作品集をぜひファンの方に見ていただきたいです。
そこで、どうすれば良いのかなと思った時にクラウドファンディングで、書店に並べる画集とは違った形態で本が作れたらと思っています。応援してくださるファンの方があって、はじめて私の仕事があり、ここまで続けてこられた感謝の気持ちを恩返しできたらと思いますし、ファンの方々にとっては一緒になって本を作れるという体験ができるのではと感じ、お互いに手をつなげたらうれしいです。


>開田 裕治プロフィール
1953年 兵庫県生まれ。日本SF作家クラブ会員。
怪獣やロボットなどのSF、ファンタジーイラスト制作を中心に活動。プラモデル、玩具、映像ソフト、ゲームソフト、音楽ソフトのパッケージや、雑誌や単行本表紙、トレーディングカード、映画ポスターなど幅広い分野のイラスト作品を手がける。
1997年 第28回星雲賞(アート部門)受賞。
2014年 第24回ゆうばり国際映ファンタスティック映画祭、ファンタランド大賞市民賞受賞。

【画集・著書】
・怪獣戯画(1989年、バンダイ)
・メガニクス(1990年、バンダイ)
・ワークス(1992年、バンダイ)
・怪獣画廊(1995年、メディアワークス)
・ウルトラマンジェネレーション(1999年、モビーディック)
・ゴジラジェネレーション(1999年 、モビーディック)
・ウルトラQ 開田裕治画集(2001年、角川書店)
・UTOPIA(2008年、ウェッジホールディングス)
・ウルトラ画帖(2012年、デジタルノイズ)
・ゴジラ画帖(2013年、デジタルノイズ)
・ゴジラ・イラストレーションズ(2014年、アスペクト)
・ウルトラ画帖II(2014年、デジタルノイズ)
・仮面ライダー画帖(2015年、デジタルノイズ)
・開田裕治画集ガンダム編(2015年、大日本絵画) 
・開田裕治 ウルトラ怪獣ぬりえ(2017年、玄光社)
・ウルトラ画帖 Ultimate(2017年、デジタルノイズ)

【著書】
開田裕治 怪獣イラストテクニック (2016年、玄光社)



ガンダム画帖表紙は、イメージです。


●名  称/ 「開田裕治の機動戦士 ガンダム画帖」●判型(予定)/ ハードカバーB4変形  291 × 364 ミリ●総頁(予定)/ 180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)●販売予価/11,000円●予定部数/1,200部限定
●企画協力/BANDAI SPIRITSホビー事業部

今回は、多くの作品の中から、開田裕治氏によるBEST10選を選んでもらい、クラウドファンディング内で人気投票を行います。クラウドファンディング限定版の特典として、人気投票BEST1のイラストを使用した、“ガンプラ”風パッケージBOXに封入してお届けします。
また、投票人気作品は、リターン商品や原画展での限定オリジナル商品に展開します。


【お申込みの際に、下記①~⑩の番号を選択してください。】
<タイトル>(執筆年度)
①:アレックス ガンダム「ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(89)
②:ラスト・シューティング「機動戦士ガンダム」(16)
③:戦慄の爪「機動戦士ガンダム」(03)
④:リック・ドム「機動戦士ガンダム」(89)
⑤:ビギナ・ギナ「機動戦士ガンダムF91」(90)
⑥:Hi-νガンダム「小説 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(07)
⑦:ガンダム RX-78「機動戦士ガンダム」(90)
⑧:蒼より来たりし者「機動戦士ガンダム0080」(89)
⑨:夕陽のV-ガンダム「機動戦士Vガンダム」(93)  
⑩:逆襲のシャア「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(00)

【人気投票へ開田裕治からのメッセージ】

今までに描いたガンダムイラストの中からお気に入りの10点をセレクトしました。どのイラストも私のガンダムイラストの代表作といえる作品です。 多くがプラモデルのパッケージ用に描いた作品ですが、商品のパッケージとしてモビルスーツを体裁良く描くだけでは無く、ガンダムシリーズの作品が持つ高いドラマ性を一枚のイラストに封じ込める、そんな気持ちを込めて描いた作品達です。
 中には、今見ると良くこんな描き手の我が儘を認めてくれたなあと驚くようなイラストもあります。このまま今のガンダムショップに並べたら、あまりに地味すぎてお客さんに気づいて貰えないかも知れませんね。
 私のガンダムシリーズに対する想いと、ガンプラ黎明期の時代が重なって産まれた、二度と描けないガンダムイラストだと思います。

※「開田裕治の機動戦士 ガンダム画帖」は、BOOSTER限定版と原画展会場限定版とが製作されます。


はじめまして、松山 仁と申します。今回が、大学時代からお世話になり、現在も様々な形でサポートさせていただいているイラストレーターの開田裕治さんの40周年記念プロジェクトの第二弾です。本来は、17年に「ウルトラ画帖 Ultimate」、18年に「ガンダム画帖」、19年に第三弾を予定する壮大??な企画でした。様々な調整作業が発生し、また開田裕治さん自らも満足いく画集にしたいと云う強い思いから、19年になっての発表となってしまいました。現在、編集の最終段階ですが、その作品群の持つパワーに圧倒されてばかりです。製作面では、画集サイズや印刷、製本に至るまで、書店流通などの制約を取り払い、作品を生かすべく、可能な限りの贅沢な造りとなっています。ぜひ、GUNDAMファン、開田裕治ファンの皆様にお届けしたいと願っております。どうぞ皆様のご支援を賜りますようによろしくお願い致します。 また、開田裕治さんの原画を持って、各地で「開田裕治のガンダムギャラリー」も開催予定です。お楽しみにしてください。

>プロジェクトオーナー 松山 仁プロフィール
原画展などのイベントプロデューサーとして活躍。出版・商品プロデュースの実績も多数。・GODZILLA GENERATION 生頼範義・開田裕治・西川伸司 3ILLUSTRATORS‘ 咆吼・怪獣絵師 開田裕治のウルトラマンズ ギャラリー
・特撮美術監督 井上泰幸展など多数

クラウドファンディングの希望者への返礼リターンの一例が、下記となります。

【開田裕治直筆サイン入り】BOOSTER限定版画集「GUNDAM画帖」コース
11,000円(税込)


<リターン内容>
・開田裕治お礼状(記名、直筆サイン入り)
・【サイン入】開田裕治のガンダム画帖
 
 ※判型(予定):ハードカバーB4変形(291mm × 364 mm)・総頁(予定):180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)
  ※2019年6月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージとなります。 


<限定200口>【開田裕治直筆サイン入】BOOSTER限定版「GUNDAM画帖」+【人気投票BEST3】 限定カバーコース 13,000円(税込)

<リターン内容>
・開田裕治お礼状(記名、直筆サイン入り)
・【サイン入】開田裕治のガンダム画帖
・人気投票BEST2と3絵柄をカバーした限定カバー付属

※判型(予定):ハードカバーB4変形(291mm × 364 mm)・総頁(予定):180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)
※2019年6月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージとなります。 


<限定30口>【開田裕治直筆サイン入】BOOSTER限定版「GUNDAM画帖」+【描き下ろし】限定Tシャツコース 17,000円(税込)

<リターン内容>
・開田裕治お礼状(記名、直筆サイン入り)
・【サイン入】開田裕治のガンダム画帖
・【画帖カバー用の描き下ろしイラスト使用】 BOOSTER限定品Tシャツ

※判型(予定):ハードカバーB4変形(291mm × 364 mm)・ 総頁(予定):180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)
※Tシャツサイズは、S,M,L,XLから選択ください。
※2019年6月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージです。



<限定50口>【開田裕治直筆サイン入】BOOSTER限定版「GUNDAM画帖」+【開田裕治直筆】イラスト色紙+【人気投票BEST3】 限定カバーコース 20,000円(税込)

<リターン内容>
・開田裕治お礼状(記名、直筆サイン入り)
・【サイン入】開田裕治のガンダム画帖
・【直筆】イラスト入り色紙(絵柄は開田先生が決めます、リクエスト不可、記名入) 
・人気投票BEST2と3絵柄をカバーした限定カバー付属 

※判型(予定):ハードカバーB4変形(291mm × 364 mm)・総頁(予定):180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)
※2019年6月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージです。


【開田裕治先生からのメッセージ】
本コースにご参加いただいた方には、ガンダムイラスト色紙をプレゼントいたします。一枚一枚心を込めて手描きいたしますので、どうかお楽しみに。


<限定20口>【開田裕治直筆サイン入】BOOSTER限定版「GUNDAM画帖)」+【開田裕治直筆】彩色ペン画(A4サイズ)コース 80,000円(税込)

<リターン内容>
・開田裕治お礼状(記名、直筆サイン入り)
・【サイン入】開田裕治のガンダム画帖
・【直筆】彩色ペン画(サイズ:A4)

※判型(予定):ハードカバーB4変形(291mm × 364 mm)・総頁(予定):180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)
※直筆彩色ペン画の絵柄は、開田先生のセレクトとなります。絵柄は同一ですが、1枚1枚筆によって彩色された画となります。ハンドペイントですので、同じものは存在しません。※2019年6月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージです。


【開田裕治先生からのメッセージ】
本コースの特典はA4サイズの彩色ペン画です。細密なペン画に絵の具で着彩を施した肉筆イラストです。ガンダムシリーズから私が好きなモビルスーツを選んで描く予定です。


<限定3口>【開田裕治直筆サイン入】BOOSTER限定版「GUNDAM画帖」+【人気投票BEST3】 限定カバー+【描き下ろしカバー】限定Tシャツ+【開田裕治直筆】イラスト色紙+【リクエスト可】彩色ペン画(A4サイズ)コース 150,000円(税込) 

<リターン内容>
・開田裕治お礼状(記名、直筆サイン入り)
・【サイン入】開田裕治のガンダム画帖
・人気投票BEST2と3絵柄をカバーした限定カバー付属
・【画帖カバー用の描き下ろしイラスト使用】BOOSTER限定品Tシャツ
・【直筆】イラスト入り色紙(絵柄はMS1体のみ、リクエスト不可、記名) 
・【リクエスト可・直筆】彩色ペン画(サイズ:A4)

※判型(予定):ハードカバーB4変形(291mm × 364 mm)・総頁(予定):180 ページ(カラー140 ページ、カラー折込40P)
※Tシャツサイズは、S,M,L,XLから選択ください。 
※絵柄は開田先生があなただけのために描き下ろす直筆による彩色ペン画。まさにオンリーワンな仕上がりとなります。
※2019年6月下旬から順次発送いたします。
※送料は別途お客様負担(着払い)
※画像はイメージです。


【開田裕治先生からのメッセージ】
本コースをお申し込みいただいた方には、ご希望に応じたモビルスーツのA4彩色ペン画を進呈いたします。ガンダムシリーズの作品群に登場したモビルスーツの中から、一番お好きな一体を選んで下さい。頑張ってカッコ良く描き下ろします。


協力:BANDAI SPIRITSホビー事業部
©創通・サンライズ

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください