姫路城マラソンコースを菜の花でランナーにおもてなし!一足はやい「春」を夢前町で味わってください。菜の花の後は、菜の花の緑肥でお米を育てます。菜の花プロジェクトの応援をお願いします。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

始めまして!
(有)夢前夢工房の衣笠愛之と申します。年齢は57歳、少し歳を重ねましたが、まだまだ農業や地域に夢を描いています。
兵庫県姫路市夢前町に住んでいます。日本で唯一「夢」がつく町です。
ただ、国道と鉄道が通っていないのが自慢です・・・(苦笑)
職業は、農業。60ha農地でお米や野菜、イチゴなどを育てています。
詳しくは、(有)夢前夢工房HPをご覧ください。http://y-yumekoubou.net/

過去には、ひめじ田宴アートhttps://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E7%94%B0%E5%AE%B4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88

も、菜の花を育てている田んぼで行いました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

 みなさまのご協力で、2020年度の姫路城マラソン沿道(夢前町玉田地区の田んぼ約80,000㎡)の田んぼに1,000万本の菜の花を咲かせてください! 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 姫路城マラソンに参加されたランナーの方々への「おもてなし」として、コース周辺の住民や企業が、清掃や炊き出し、太鼓などの演奏で地域をあげて応援しています。
そんな中、コース周辺の田んぼを使って「菜の花でおもてなし!」が出来ないものかと始まったのが「菜の花プロジェクト」です。この姫路城マラソン菜の花プロジェクトは、姫路城マラソンが存続する限り実施したいと考えています。
 ただ、姫路城マラソンが開催されるのは、極寒の2月・・・
2月に夢前町で菜の花を満開にさせるには、少なからず苦労がありました。
 この3年間、何とか菜の花が咲き多くの方々に喜んでいただけたと思います。多くのランナーの方々からも、「住民からの応援と菜の花に励まされました!」と言うコメントをいただけて本当に嬉しく思います。
 ※菜の花プロジェクトは、2016年から種子と肥料の一部を姫路市が、あとの肥料や燃料代は兵庫県やJAから補助をいただいて運営して参りました。それ以外の栽培に伴う作業は弊社負担で行って来ました。
 2018年10月に種を播いて今咲いている菜の花からは兵庫県の補助がなくなり、弊社の負担が多く継続が厳しくなっております。

 そこで、行政からの補助金に頼らないプロジェクトに出来ないものかと今回の応募を決意
しました。
☆2020年からも姫路城マラソン沿道(夢前町玉田地区)に約8ha(80,000㎡)、1,000万本の菜の花を毎年1月~3月に咲かせます!この菜の花プロジェクトは、姫路城マラソンが存続する限り実施したいと考えています。
みなさまのご協力を切に願います。

▼これまでの活動

ひめじ田宴アート(平成20年~24年)(ひめじ田宴アート実行委員会)
夢前スマートIC開設イベント(夢街道実行委員会)

▼資金の使い道

募集金額:7,000,000円

作業費  4,521,810円
リターン 2,000,000円

計    6,521,810円

作業経費内訳


▼リターンについて

返礼として、9月にここで収穫する白米2㎏1,000円相当の新米をご用意させていただきます。菜の花を緑肥にして、農薬や化学肥料を半減して栽培したお米です。

▼実施スケジュール

クラウドファンディング開始  2019年2月1日(金)~
締め切り            4月30日(火)
菜の花米田植え         5月10日~
菜の花米稲刈り         9月5日~
2020菜の花栽培開始      10月10日(木)~  2020年1月~開花予定
姫路城マラソン2020      2020年2月開催予定

▼最後に

 みなさまのご協力で、2020年も姫路城マラソン沿道(夢前町玉田地区)に菜の花を咲かせます!
募集金額に達しない場合も菜の花プロジェクトは続けたいと考えていますが、厳しい状況が続いくと予想されますので面積が減少もある事をご了承ください。
菜の花の中を笑顔でランナーが快走する「姫路城マラソン」が続く事を願います。
ご協力、よろしくお願いします。

☆本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください