出荷前に災害、人災が起こり全滅しました
【200万の損害でした】

正直誰か助けてください。

概要文にも書いた通りなのですが、
実は先月、amazonのサイバーマンデー(12月8日から12月11日まで)
直前になって他社の中国系企業から

「この商品は法律違反品だ!」という通報があり、
販売停止にさせられました。

当然それは間違えで証拠の書類を出したりして、
再度出品することになったのですが、
この日のために用意した200万円分の在庫は売れず、、、
この在庫の山です。

自己紹介遅れました。プライベートブランド「Tomo Light(トモライト)」の
正規販売元のトモスメイカー合同会社の代表、松田と言います。
主にヘッドライトとかを開発しているメーカーです。


こういうヘッドライトとかを開発しているメーカーです。
で今回は、この写真のヘッドライトが
在庫200万円分、結局セールできなくて
残っている形です・・・・

正直誰か助けてください。

実は、この話はこれだけじゃなくて、
この嫌がらせのあとも嫌がらせが続いて・・・

イタズラ代引という手法で、
存在しない住所で代引注文するという手法で、

こんな感じで数分おきに代引注文があり、
amazonで商品が売れた場合、仮に商品が届かない住所が書かれても
自動で発送する仕組みで、送料は出品者持ち。
つまるところ弊社持ちです。


ですので、
代引発送のイタズラ数×送料が弊社負担で、、、、

2529件もありました。

これだけで相当な被害ですので流石に黙ってはいられないので、
弁護士と警察に相談中です。

ただ、問題は在庫は大量に残っていますし、
損失何とかしないと経営的にも問題が出ます。
実は弊社の商品の梱包や検品は、


外で働くことができないママさんたちに仕事を任せている形で、
お子さんが障害があるとか、そのようなママさんたちに仕事を任せていて、
いつも仕事任せているだけですが非常にお礼を言われます。

だから弊社が傾くと彼女たちへの仕事の配給が滞り、
子供たちへも影響が出ることを懸念しています。

もちろん、だからと言って商品も手を抜いて作っているわけではなく、
昨年度にあった西日本の台風や北海道の地震では、
非常用のライトにしていただいたり、お礼も非常に届きました。

今も非常に嬉しいコメントをたくさんもらっています。
商品は悪くないと思っております。震災時も、

「Tomo Light、大変役に立ってます!
まだ私の地域は停電が続いているので、
ビニール袋を被せて拡散させて臨時の照明として使わせてもらってます。」

「TomoLightをはじめと各種作業灯が役にたってる、、、辺り一面真っ暗だが、
とりあえず家の中だけは明るいです、、、」

「商品到着後約1週間で今回の北海道大停電の被害に会いました。
以前持っていたヘッドランプは乾電池が内用液を吹いてしまって
使用不能になってましたので、レビューで人気のこの商品を購入しました。
凄く明るくて良かったです。」

「うちにはヘッドライト(Tomo Light)があるから大丈夫!」

「今回の北海道地震において先日購入した
ヘッドライト(Tomo Light)が非常に役に立ちました
明るく 両手が使えるのは便利でした。」

というような声が次々とTwitter上などで投稿もいただきました。

お礼メッセージが続々届いていて、
一番印象に残ったのはこのメッセージです。

「トモスメイカー合同会社 松田 大輔様。

はじめまして。先月貴社よりTomo Lightを
購入させていただいた○○と申します。
私の家は今回の台風の影響を受け,
昨日から丸一日停電が続いていました。

そのような状況下でこのヘッドライトには随分助けられました。
ぜひ一言お礼を言わせていただければと思います。
ありがとうございました。」

お礼がやみませんでした。

・・・・とはいえ、今回の被害で
200万円分の在庫余っております。


このままだといつ商品が売れるかもわかりませんし、
先ほどもお伝えした通り、ママさんたちへの仕事も止まります。

当社、はじまって以来の大ピンチで
恥をしのんで今に至っているわけです・・・

どうか助けてほしいです。

ただとは言いません。
リターンはこの弊社のヘッドライト「Tomo Light CMA-1001LT」を用意しました。

こちらのライトですね。
弊社のTomoLight(トモライト)の5眼ヘッドライト
CMA-1001LTは元々夜釣り用のライトとして開発されており、

「明るさ重視、短時間使用、コスパ最高!」

をモットーに開発された短時間使用型ライトです。
 

バッテリーについては弊社で独自開発した
18650型リチウムイオン蓄電池を使っています。


日本の電気用品安全法でも記載されている厳格な検査さをして、
その審査をパスできたバッテリーを独自開発しました。

当時では、このことも技術的に珍しかったのか
ニュースにちょこちょこと取り上げてもらってりもしていました。

性能的には1回の充電で2,3時間は使えますし、
ランニングやウォーキング用といった日常でも
使われていたり、地震や台風といった被害が多い今日には
非常にいろいろな方々に買っていただいております。

もしも良ければ支援という形でお支払いしていただいた方に
こちらのライトを差し上げたいと思っております。

ご協力いただければ大変うれしく思いますし、
仕事を任せているママさんたちも喜ばれるかと思います。

最後にですが、


いろいろとあって総額200万円の被害でしたが、
これに負けず頑張っていきたいと思います。

この案件に関しては弁護士とも相談していますが、
この分の被害額が明いて会社から返ってくることは
裁判を起こしても怪しい形です・・・

こんな形で支援をお願いするとは思いませんでしたが、
これからも頑張っていきたいと思っています。

引き続き今後とも一緒にお客様ともに成長し、
小さいメーカーですが、
良い商品を作り続けていきたいと思っております。


どうぞ何卒よろしくお願いいたします。


トモスメイカー合同会社

代表社員 松田大輔。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください