登場する女の子キャラ 0人 萌えミリ全盛のご時勢に逆らうように開発中の、ブラウザベース航空作戦MMOSLG『バトルオブブリテン』を一般公開したい。

プロジェクト本文

 ▼はじめにご挨拶

(株)日本ゲーム製作所 宮森と申します。

映像的には地味なゲームですが、第二次大戦ものSLGが好きな方、2陣営に分かれたプレイヤー集団による仲間同士の連携や、相手陣営プレイヤーとの作戦の読みあい、駆け引きが好きな方は、とくによろしくお願いします。


▼これまでの活動

本作が、弊社自主タイトル第一号となります。


▼「バトルオブブリテン」とは?

「バトルオブブリテン(Battle of Britain)」は、第二次世界大戦下のヨーロッパ地域で繰り広げられた航空戦をモチーフとしたブラウザベースの作戦級MMOSLGです。

ゲームに参加するプレイヤーは枢軸・連合の各陣営に分かれて所属。
それぞれ独自の飛行部隊を率い、所属陣営の勝利を目指して西ヨーロッパ地域を舞台としてMAP上で航空作戦を実行します。

プレイヤーは味方同士連携し、作戦を実行。
規定時間内に「上陸作戦」を発動させた陣営が勝利となります。

規定時間内にどちらの陣営も「上陸作戦」を発動できなかった場合、東方より迫りくる赤軍により、ヨーロッパ全土が赤化されゲームオーバーとなります。

ゲームが終了したら陣営データを初期化。
プレイヤーの手持ち資産はほぼそのままで、新しいゲームを開始します。

 

公式サイト http://jgm-games.net

 
▼プロジェクトをやろうと思った理由

本作は、10年ほど前、Web系技術を活用したオンラインゲーム開発を模索した際に産まれたいくつかの企画のなかの1つです。

当時はまだブラウザゲーム市場が存在しなかったためお蔵入りになっていましたがブラウザゲーム市場が出来上がったこと、自前で開発する目処がたったことから開発開始いたしました。

少人数での開発のため時間が掛かりましたが、ようやくテストプレイ可能な状態になりました。

ここまで自力開発で進めてまいりましたが、本サービスにむけた運営費用の確保を目的とした資金調達のためクラウドファンディングの利用したく、本プロジェクトを立ち上げさせて頂きます。

 
▼このプロジェクトで実現したいこと

「バトルオブブリテン」の商品化です。

ゲームプロトタイプの開発はほぼ完了していますが、商品化の際サーバー環境調達や、公式Webサイトの作りこみ、広告宣伝も含めた運営にかかるさまざまな初期投資費用の確保で皆様のお力添えを頂けると幸いです。

 


▼資金の使い道

ゲーム運営費用(インフラ確保、運営人件費、広告宣伝費等)として使用します。
余剰金に関しましては、開発環境整備、開発費に充当します。


▼リターンについて

クローズベータテストへの優先参加権および、ゲーム内で使用できる各種特典をご提供いたします。

ご提供する特典は下記のとおりです。

・SP

ゲーム内で使用するポイントです。
機体カードの獲得や部隊整備等で消費します。

支援アイテム
・コスト枠+1増 30日

 編成できる部隊規模を制限する「コスト」を一時的に拡大するアイテムです。

 

・ドクトリン付与確率10%増

 機体カードに付与するドクトリン(スキル)の付与成功確率を上昇させるアイテムです。

 

・ドクトリンUp確率10%増

 機体カードに付与したドクトリン強化の成功確率を上昇させるアイテムです。

 

・パラメータ強化確率10%増

 機体カードのパラメータ強化の成功確率を上昇させるアイテムです。

 

・経験値10%増 30日

 ゲーム中に獲得する経験値を一時的に増やすアイテムです。

 

・獲得SP10%増 30日

 ゲーム中に獲得するSPを一時的に増やすアイテムです。 

 

・空戦火力10%増 30日

 部隊パラメータ「空戦火力」を一時的に増やすアイテムです。

 

・爆撃力10%増 30日

 部隊パラメータ「爆撃力」を一時的に増やすアイテムです。

 

・防御力10%増 30日

 部隊パラメータ「防御力」を一時的に増やすアイテムです。

 

・カード所持上限+10

 機体カードの所持数上限を増加させるアイテムです。

 

・カード籤チケット

 機体カードを獲得する籤を引くチケットです

 

・限定カード籤チケット

 選ばれた高性能機体カードが得られる限定籤を引くためのカードです。

  

 

▼最後に

長文となりましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございます。

体力がない会社にもかかわらず最後まで自主開発を行ったため時間はかかりましたが、ようやくテストプレイ可能なところまで持ってくることができました。

正式サービスに向けた環境調達に皆様のお力を頂けると大変助かります。
どうぞよろしくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください